私立恵比寿中学 風見和香、“自分らしく” をテーマに初の生誕ソロライブ開催

アイドル 公開日:2022/08/26 2
この記事を
クリップ

8月25日(木)に15歳の誕生日を迎えた私立恵比寿中学風見和香が東京・恵比寿ガーデンホールにて生誕ライブを開催した。


メンバー自らがプロデュースする、エビ中生誕ライブシリーズ。今年から新メンバーも開催することが決定し、そのトップバッターを風見和香が努めた。『ののかまると犬の散歩~初めてのお散歩~』をテーマに初々しい第一回を開催した。



マリンとセーラー服を意識した可愛らしい衣装で登場した風見は、『イヤフォン・ライオット』からスタート。この曲は新体制初の楽曲で、風見にとってのデビュー曲ともいえる。「今日で15歳になりました!一緒にお散歩楽しんでいきましょー!」と会場を煽るとスタートから盛り上がりを見せ、続いて『朝顔』を元気よく歌い上げた。

 

最初のMCでは「みんな楽しんでいきましょうね!緊張していますが嬉しいです。」と挨拶すると、『ラブリースマイリーベイビー』『誘惑したいや』、続けて上白石萌音のカバー曲『スピン』を歌い上げ、そのまま質問コーナーへ。


「来年から新メンバーが入りますが、ののちゃんはどんな存在になりたいですか?」という質問に「エビ中の末っ子だけど、お姉さんらしく、真面目なキャラを貫きたい」などと風見らしく質問に答えて会場を和ませると、原田知世のカバー曲『ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ』、続いて『I'm your manager』を歌い上げた。


そして、MCに入ると「自分の目標を発表したいと思います!」と深呼吸すると「15歳のテーマは自分らしくです!もっともっと自分の良いところを見つけて皆さんにアピールしていきたいと思います」と意気込みを語った。


ライブは後半パートへ。きゃりーぱみゅぱみゅのカバー曲『キミに100パーセント』で会場にハッピーな想いを届けると、雰囲気は一転し最新アルバムに収録されているバラード曲『ナガレボシ』を披露。切ない中にも温かみのある歌声で会場を優しく包み込んだ。


栞菜智世のカバー曲『Heaven's Door 〜日の当たる場所〜』でライブを締めくくると、「めちゃくちゃ緊張したけど、たくさんの方が集まってくださって、ここまで頑張ってきて本当に良かったなと思いました!ありがとうございます!」とファンに深々と感謝の言葉を届け、会場をあとにした。

 

アンコールの拍手が響き渡ると、突如関取風の着ぐるみを来た風見が登場。いつもの優等生と一変した姿に会場は大盛り上がり。


「着ぐるみがずっと着たかったの!」と会場を沸かせると、ハッピーバースデーソングが流れ、メンバーの柏木ひなたがケーキを持ってサプライズ登場し、15歳の誕生日をお祝いした。そして、着ぐるみのまま現役中学生最後のソロライブの記念として「永遠に中学生」を歌い上げると「これからも頑張りまーす!本当に今日はありがとう!!」とファンに感謝の言葉を述べるとともに、さらなる活躍を誓って、記念すべき第1回のソロライブを締めくくった。

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)