『W-KEYAKI FES. 』櫻坂46 振替公演、原田葵と共に卒業の尾関梨香「私はいつまでもみんなの味方」

アイドル 公開日:2022/08/21 18
この記事を
クリップ

櫻坂46が20日、山梨県の富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催された「W-KEYAKI FES. 2022 振替公演 Day2」に出演。降りしきる雨にも負けず、櫻坂46の楽曲だけでなく欅坂46時代の楽曲も披露してフェスを盛り上げたほか、アンコールでは尾関梨香原田葵の卒業セレモニーを行い、感動のステージとなった。






欅坂46・けやき坂46という“1本の欅”から始まった櫻坂46と日向坂46が、1年に1度、欅の聖地「富士急ハイランド」に“里帰り”して、お互いの健闘を称えあう「W-KEYAKI FES.」。2年目となる「W-KEYAKI FES. 2022」では、7月21日・23日に日向坂46が公演を実施。当初、櫻坂46は同月22日・24日に公演予定であったが、事前に行われたPCR検査の結果、メンバーに陽性反応が確認されたことを受け、中止となっていた。


この日は8月19日、20日に開催となった振替公演の2日目。楽曲『太陽は見上げる人を選ばない』で開幕すると、櫻色のブレザーと白色のスカート姿のメンバーが登場。穏やかな表情で優しい歌声を響かせ、楽曲の合間にはキャプテン・菅井友香が「『W-KEYAKI FES.』、最終日を迎えましたー!一度は断念せざるを得ないと思っていたこのフェスですが、こうしてたくさんの方々の力のお陰で開催することができました!今日は一緒に最高の夏の思い出を作りましょう!よろしくお願いしまーす!」と笑顔で呼びかけた。


その後、改めて『Overture』がかかり、モニターにメンバー一人ひとりの顔が映し出されると、観客は大きな手拍子で盛り上げた。続く2曲目は2期生・山﨑天のセンター曲『Buddies』。メンバーは降り始めた雨に負けない力強いパフォーマンスを見せ、山﨑は「おぜさん(尾関)、葵さん、今日はお2人が今まで一番楽しかったって思えるようなライブにしたい」とグループの卒業を控える尾関、原田への思いを口にした上で、「Buddies(櫻坂46ファン)の皆さん、盛り上がる準備はできてますかー!最高の思い出をみんなで作りましょうー!楽しむぞー!」と声を張り上げた。


3曲目は2期生・藤吉夏鈴センターのアップテンポナンバー 『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』。激しいダンスやメンバー同士を紐で繋ぐような同曲特有の演出で盛り上がりは加速していった。


MCでは菅井が「雨が降ってきちゃっているんですけど、皆さんぜひぜひレインコートとか羽織ってくださいね」と観客を気遣う一方で、「と言いつつもこの後いっぱいビショビショにしちゃうかもしれないですけど」と笑わせた。また「『W-KEYAKI FES.』なんですけれど、一度断念せざるを得ない状況になってしまって本当に申し訳ない気持ちがあったんですけれど、たくさんの方々のお力のお陰でこうして最終日を迎えることができました」としみじみ。「あの時、日向坂46のみんなが繋いでくれたバトンをこうして受け取ることができて、最終日を迎えられて本当にうれしい気持ちでいっぱいです」と、先に公演をしていた日向坂46にも思いを馳せ、喜びを噛み締めた。


続いて「メンバーの関有美子ちゃんが一緒に練習もしていたんですけれど、体調不良になってしまってやむを得ずお休みさせていただいています。有美ちゃんの分まで回復を願いつつ、みんなで全力でパフォーマンスいたします」と欠席となった2期生・関有美子にも寄り添った。さらに「今日のライブでおぜと葵ちゃんが最後なんだよね。すごい寂しいけど、今、“尾関はどう?”」とライブMCでは定番のキラーパス。尾関が「きたね必殺技。それも今日で最後だよ」と笑う場面もあった。


MC後には『Microscope』ではトロッコに乗ったメンバーがBuddiesの近くへ。手を振ったり指をさしたりと惜しみないファンサービスを送った。続いて『それが愛なのね』では水鉄砲を持ち出し、客席へ水を大放出。雨など関係ないと言わんばかりに、メンバーもBuddiesも水浸しになって盛り上がった。


MCを挟み、濃度の違うピンク色を組み合わせた特徴的な衣装に着替えたメンバーは、『偶然の答え』『五月雨よ』『思ったよりも寂しくない』と立て続けに披露。9曲目には卒業生の渡邉理佐のセンター曲であった『無言の宇宙』を原田がセンターポジションに立って歌い上げた。


その後、卒業を控える尾関と原田から“最後のリクエスト曲”を歌うコーナーへ。尾関・小池美波齋藤冬優花・山﨑による欅坂46時代の楽曲『コンセントレーション』では、メンバーごとに形の異なるチェック柄のジャケットスタイルにハットを合わせた衣装でキレのあるダンスと歌声を披露。さらには上村莉菜、原田、井上梨名武元唯衣、藤吉、森田ひかるが欅坂46時代の楽曲『カレイドスコープ』を歌い、会場はペンライトによって緑一色に彩られた。


メンバーが一度退場したステージには、噴き上がる水がスクリーンとなり、青い月の映像が映し出される。赤と白を組み合わせた衣装でメンバーが再登場すると、『ブルームーンキス』をクールに歌唱。青のペンライトで幻想的に演出された会場では、曲中に森田が放つ「あ、キスしちゃった」「あ、こんなに好き」というセリフに大きな拍手が巻き起こっていた。


『恋が絶滅した日』『車間距離』と畳み掛け、ライブはますますヒートアップ。MCを経て、ダンスパフォーマンスが行われた後には、赤いライトで激しく彩られるステージで圧巻の『流れ弾』。そのまま一気に『BAN』で最高潮の盛り上がりを見せたところで、本編は終了した。


メンバーがステージを後にすると、降りしきる雨の中、アンコールの手拍子が会場に響く。すると、まだ中学生だった原田から現在の原田まで「人一倍泣き虫で誰よりも負けず嫌いだった」彼女のVTRがモニターに映し出される。


VTRの後、原田は真っ白なドレスに身を包み登場すると、手紙を読み上げた。「3年前にこの場所で復帰した時、多くの方が拍手と歓声と共に温かく待っていてくださったことが本当にうれしかったです」と学業に専念するために休止していた活動を再開した時のことを思い出す。


「学業をしながらの活動は一人ではできなかったなと振り返ってみて感じます。どんな時も味方でいつも褒めてくださったファンの皆さんからの温かい言葉だったり、学校でノートを貸したり勉強を手伝ってくれた友人、無理のないスケジュールを調整し、近くで見守ってくださったスタッフさん方、苦しい時にはちょうど良い距離から支えてくれたメンバー、優しくて繊細なみんなは、私にたくさんのことを教えてくれました」と声を震わせた。


同じく、これまで唯一無二のキャラクターで周りを明るくした尾関のVTRもモニターで上映。鮮やかな真紅のドレス姿で登場した尾関は、頭を下げると、笑顔でファンに手を振った。


手紙では「ダンスも未経験で表現することも苦手だった私ですが、活動する中でいつのまにかライブが一番大好きになっていました」と告白。「7年前、グループに加入した私は、皆さんが思うアイドルらしさ全開ではなかったかもしれません。もっとかわいらしくいたいなと時には自分のキャラクターに悩んだこともありました」とも明かし、「だけど皆さんとお話すると『いつも自然のままの尾関が好き』『ありのままでいてね』と言ってくださったので、ずっとずっと私らしく“尾関スタイル”で居続けることができました」と振り返った。


そこへ小池が登場し、尾関と並んで手を繋ぐと、微笑みあう。小池が「2人で最後にあの曲を届けたいと思います」と告げると、元欅坂46の長濱ねるとの3人でのユニット曲『音楽室に片思い』、同じユニット曲の『バスルームトラベル』を歌う。次に、上村、原田が加わり、4人で欅坂46内ユニット「156」の楽曲『バレエと少年』を歌い上げて会場を感動で包み込んだ。


歌の後には待機していたメンバーたちがステージに登場し、再び勢揃い。菅井が「サプライズで2人にメンバーから1人ずつメッセージを言ってもらいたいと思います」と伝えると、驚く尾関と原田の前にメンバーが順に立ち、思い思いの言葉と共に一輪ずつの花を手渡してハグを交わしていった。


2人が全員からのメッセージを受け取った後、菅井が最後の「尾関はどう」を振ると、尾関は「こうやってメンバーと過ごせた時間もファンの皆さんと過ごせた時間も本当に幸せだったなと改めて感じています。やっぱり私はいつまでもみんなの味方でいるので、ライブももちろん見に来るし、困った時はいつでも連絡してください。そしてファンの皆さんもずっとずっと元気でいてください。これからも櫻坂46をよろしくお願いします」と思いを伝えた。


原田は「泣きたくないと思っていたけど、いろんなことを直接言われるとやっぱりすごく寂しいなって思ってきちゃいます」と吐露。齋藤は「がんばってきた2人をきれいな姿でメンバー全員で見守って送れたっていうことが本当に幸せだし、良かったなって思います」と大粒の涙を流していた。


最後に菅井は「あと一曲いけますかね!しんみりしちゃったけど、楽しみますよ!」と気を取り直し、「あの曲行っちゃいましょうー!」と欅坂46の『危なっかしい計画』で締めくくる。ペンライトによって緑一色に染まった会場でタオルを振り回しながら同曲を歌い切ると、空に花火が打ち上がり、大盛況のまま「W-KEYAKI FES.」は幕を下ろした。



「W-KEYAKI FES. 2022 振替公演 Day2」8月20日セットリスト

M1.太陽は見上げる人を選ばない

Overture

M2.Buddies

M3.なぜ 恋をして来なかったんだろう?

M4.Microscope

M5.それが愛なのね

M6.偶然の答え

M7.五月雨よ

M8.思ったよりも寂しくない

M9.無言の宇宙

M10.コンセントレーション

M11.カレイドスコープ

M12.ブルームーンキス

M13.恋が絶滅する日

M14.車間距離

M15.流れ弾

M16.BAN

EC1.音楽室に片思い/バスルームトラベル

EC2.バレエと少年

EC3.危なっかしい計画


カメラマン:上山陽介

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 52件)