乃木坂46 5期生 初の「TIF」で圧巻パフォーマンス、新曲もフルサイズで披露

アイドル 公開日:2022/08/07 17
この記事を
クリップ

乃木坂46の5期生メンバー(井上和一ノ瀬美空菅原咲月小川彩冨里奈央奥田いろは中西アルノ五百城茉央池田瑛紗川﨑桜岡本姫奈)が7日、東京・お台場青海周辺エリアで8月5日から7日にかけて開催されている世界最大のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」(TIF2022)3日目のHOT STAGE(Zepp DiverCity)に出演した。





Overtureからどよめきが上がり、観客は手に持ったペンライトを激しく振って、会場には熱気が帯びた。

井上をセンターに5期生楽曲『絶望の一秒前』で開幕すると、笑顔を見せながらもしっとりとパフォーマンス。続いてグループのデビュー曲『ぐるぐるカーテン』が掛かると、観客は「おぉー」と盛り上がった。


メンバーは先輩たちが歌い継いだ同曲を、センターポジションに立った小川を中心にスカートを揺らすおなじみのダンスでキュートに披露。続いて五百城がセンターへと立ち、『君の名は希望』を歌い上げた。


その後のMCコーナーで、五百城が「今日は皆さんに名前を覚えて帰ってもらいたいので一人ずつ自己紹介させていただきたいと思います」と宣言。まず私から、と挨拶した五百城は「名前が珍しいのでよく読み間違えたりするのですが、ぜひ正しく覚えてもらえたらうれしいです」とアピールした。


また福岡県出身の一ノ瀬は「今日はがんばるけん、みんなで一緒に素敵な時間を過ごしましょう」と方言を交えてにっこり。また奥田は「ギター大好き。5期生のギター少女って覚えてください」、川﨑は「特技はフィギュアスケートです」とそれぞれの持ち味を紹介して、会場のアイドルファンに自身を印象づけた。


さらに冨里は「私のチャームポイントはほっぺたです」と頬を横に引っ張って伸ばしてみせる。中西は「今日をすごくすごく楽しみにしていたので、たくさんの人と目を合わせられたらいいなと思います」と微笑んだ。


4曲目に川﨑がセンターに立った『おいでシャンプー』、5曲目に一ノ瀬をセンターに歌う『ガールズルール』とライブの定番曲で会場のボルテージは最高潮。次に菅原が「続いて披露させていただく楽曲は8月31日に発売されます乃木坂46の30枚目シングルに収録される私たち5期生の楽曲をフルサイズで披露させていただきます!」と伝える。


センターポジションに菅原が立ち、メンバーは『バンドエイド剥がすように別れ方』を披露。5期生にとって初のTIFながら圧巻のパフォーマンスで会場を魅了した。



<セットリスト>

M01:絶望の一秒前

M02:ぐるぐるカーテン

M03:君の名は希望

M04:おいでシャンプー

M05:ガールズルール

M06:バンドエンド剥がすような別れ方

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 58件)