「TIF2022」HKT48 ノンストップで9曲披露、6期生 最上奈那華がセンターに抜擢

アイドル 公開日:2022/08/07 17
この記事を
クリップ

HKT48が7日、東京・お台場青海周辺エリアで8月5日から7日にかけて開催されている世界最大のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」(TIF2022)3日目のHOT STAGE(Zepp DiverCity)に出演した。



48グループお馴染みのovertureが流れると、石橋颯市村愛里今村麻莉愛運上弘菜小田彩加堺萌香武田智加竹本くるみ田中美久地頭江音々豊永阿紀松岡はな本村碧唯矢吹奈子渡部愛加里最上奈那華の16名がずらりと並んで登場し、「HKT行くぞー!」「最終日、盛り上がっていけるのかー!」「世界で1番暑い夏にするぞ!」とスタートからフルスロットルで観客をあおり、「おー!おー!」と拳を突き上げながら『ぶっ倒れるまで』を力強く披露した。


続けて、なこみくがセンターを務めるサマーソング『早送りカレンダー』を爽やかに歌い上げ、王道アイドルソング『初恋はバタフライ』では渡部がセンターを務めてかわいらしくパフォーマンスすると、松岡が「それではみなさんにここで紹介したいメンバーがいます。6期生の最上奈那華ちゃんでーす」と5月にデビューしたばかりの最上をセンターに呼び込み、松岡のセンター曲『キスは待つしかないのでしょうか?』を最上がセンターに立ちフレッシュに披露。曲中、最上が「あの、すいません。キスしませんか?」とセリフを言ってメンバーと観客をメロメロにする一幕もあった。


そして、矢吹が「まだまだ曲は続きます。みなさんの心の声を聞かせてくださーい!もっともっと盛り上がっていけますよね。最後まで突っ走っていきましょう!」とあおって、クールなナンバー『突然 Do love me!』を披露。また、ノリのいいライブ鉄板曲『ロックだよ、人生は...』では「HKTのこと好きなのか?」「その好きのパワーを私たちにぶつけられるのかー!」と客席に呼びかけ、観客を巻き込んでテンションを爆上げさせた。


さらに、HKT48のキラーチューン『大人列車』『最高かよ』を立て続けに披露すると会場のボルテージは最高潮に達すると、矢吹は「この曲が本当に最後の曲になります。今日はみなさんのおかげで幸せな時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました」と感謝し、「TIF2022最終日、最後に私たちと一緒に夏の最高の思い出を作りましょう。ラストいくぞー!」と絶叫。最後に『ビーサンはなぜなくなるのか?』を爽快に披露し笑顔いっぱいでステージを降りた。30分という時間をMCなしで9曲ノンストップでパフォーマンスをし、暑いお台場の温度をさらに上げた激アツライブだった。



<セットリスト>

M01:ぶっ倒れるまで

M02:早送りカレンダー

M03:初恋はバタフライ

M04:キスは待つしかないのでしょうか?

M05:突然 Do love me!

M06:ロックだよ、人生は...

M07:大人列車

M08:最高かよ

M09:ビーサンはなぜなくなるのか?

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 62件)