STU48ら広島ゆかりのアイドルたち、平和願い『花は誰のもの?』を披露

アイドル 公開日:2022/08/06 3
この記事を
クリップ

本日8/6の原爆の日、「TOKYO IDOL FESTIVAL」でSTU48とその呼びかけに賛同した広島ゆかりのアイドル達が集い、平和を願うメッセージソング『花は誰のもの?』を披露した。



『花は誰のもの?』は、ウクライナ侵攻が始まったタイミングで秋元康氏が歌詞を書き下ろした平和を願うメッセージソング。原爆の投下という悲しい過去を持つ広島を拠点の一つに活動しているSTU48と、広島ゆかりのアイドル達が平和の願いを込めてパフォーマンスした。


広島市に原爆が投下されてから77年の本日8月6日、広島を拠点の一つとして活動するSTU48のファンの投票で決まった7名で結成されたユニットSTU48瀬戸内PR部隊 Season2のメンバーが「TOKYO IDOL FESTIVAL」に出演した。この日のメンバーは石田千穂沖侑果尾崎世里花高雄さやか中村舞福田朱里、岡田あずみの7名。まずは『夢力』を力強く披露し、STU48 の夏ソング『サングラスデイズ』、そして応援ソングである『ヘタレたちよ』を爽やかにパフォーマンスし、続くSPステージへ。


石田千穂が「ここからはみなさんに事前にお伝えしていたSPステージとなります。今日8月6日は、私たちSTU48の拠点の一つである広島に原爆が投下された日です。【平和】という言葉を特に忘れてはいけないこの日に、平和について願っている「花は誰のもの?」という曲をSPゲストの皆さんとSTU48キャプテンの今村美月ちゃんと一緒に歌いたいと思います。それではよろしくお願いします!」とスペシャルゲストを呼び込むと、STU48キャプテンの今村美月とともに、広島ゆかりのアイドル、アイリ(NEMURIORCA) 永田詩央里≠ME) 矢野美優(愛乙女☆DOLL) 山本杏奈(=LOVE)が登場。石田千穂の「今日この日を私たちも、そして皆さんも忘れないように歌わせていただきます」というコメントとともに「花は誰のもの?」SPステージがスタート。


この『花は誰のもの?』という楽曲はウクライナ侵攻が始まったタイミングで秋元康氏が歌詞を書き下ろした平和を願うメッセージソング。原爆の投下という悲しい過去を持つ広島を拠点の一つに活動しているSTU48が、日本人があらためて平和に思いを寄せる今日、広島に原爆が投下された日に、広島ゆかりのアイドルと一緒に願いを込めて歌い届けた。


福田朱里に感想を聞かれた参加メンバーは、アイリ「この歌を通して更に平和を強く願う気持ちが再確認できました。 」、永田「この歌をきっかけに私自身、そしてみなさんが平和について考えるきっかけになれていたらなと思います」、矢野「広島出身で地元を大切に思う気持ちとか、平和を願う気持ちはみなさんと一緒 」、山本「この楽曲をたくさん聞かせて頂いてたので8月6日という私たち広島県民とってもすごく大切な日にこうやってアイドルとしてパフォーマンスできることを本当に嬉しく思います」、今村「広島県出身の代表としてこうして瀬戸内PR部隊と広島県出身のアイドルの皆さんと一緒にこの平和を願う楽曲を一緒に歌うことができて本当に光栄でした。」とそれぞれがコメントした。


そして沖侑果が「今聞いていただいた8枚目シングルはこの時代のために作られた強いメッセージソングとなっています。みなさんの平和を考えるきっかけになればいいなと思っています。たくさん聞いてみて下さい」とコメントし平和の願いを込めたSPステージは幕を閉じた。



出演 

STU48 瀬戸内PR部隊 Season2:石田千穂、今村美月、沖 侑果、尾崎世里花、高雄さやか、中村 舞、福田朱里、岡田あずみ

スペシャルゲスト:アイリ(NEMURIORCA)、永田詩央里(≠ME)、矢野美優(愛乙女☆DOLL)、山本杏奈(=LOVE


©STU


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)