「TIF2022」#ババババンビ、昨年2ステ中止の鬱憤晴らす「ついに立てたこのステージ!」

アイドル 公開日:2022/08/05 10
この記事を
クリップ

7人組アイドルグループ #ババババンビが5日、東京・お台場青海周辺エリアで8月5日から7日にかけて開催されている世界最大のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」(TIF2022)初日のHOT STAGE(Zepp DiverCity)に出演した。



昨年、初出場でいきなりメインHOTSTAGEステージ、2日目のスマイルガーデンへの出演が決まっていたが、1日目は台風により全公演が中止、そしてその中止をバネに意気込んだ2日目のスマイルガーデンも出番10分前に雷雨警報により中止となり、悔し涙を流した#ババババンビ。


その鬱憤を晴らすべく、7人がステージに登場すると、宇咲は「ついに立てたこのステージ!去年の思いも込めて、今年はバンビと一緒にバカ騒ぎしましょー!」と思いを爆発させ、自己紹介がてらにデビュー曲『ばばばばんびずむ~!』を披露。そして、アッパーなダンスチューン『カノン』、激しいダンスが目を惹く『星形』、和風の楽曲が特徴的な『うましか超』と、雰囲気の違う3曲を立て続けに披露し、会場を#ババババンビ色に染めた。


そして、軽い自己紹介ののち、岸みゆは「次に披露する曲は、布袋寅泰さんに許可をいただいた、まだ1回しか披露していない新曲です」と曲振りをし、話題にもなった布袋寅泰の公認カバー曲『バンビーナ』を披露。オリジナル曲のノリの良さはそのままに、曲調やダンスはアイドルっぽくかわいくアレンジされ、同曲に馴染みのある世代はもちろん、馴染みのない若者まで熱狂させ、同ステージで1番の盛り上がりを見せた。


その後、披露した『ティーンエイジャー・シンドローム』、『ハナビガタリ』で歌唱力も見せつけるなど、約30分間のステージを全力でパフォーマンスしファンを魅了した#ババババンビは、汗だくになりながらも晴れやかな表情でステージを降りた。


<セットリスト>

M01:ばばばばんびずむ~!

M02:カノン

M03:星形

M04:うましか超!

M05:バンビーナ

M06:ティーンエイジャー・シンドローム

M07:ハナビガタリ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 34件)