STU48『花は誰のもの?』初⽇開催、多くのひとに愛される公演⽬指して

アイドル 公開日:2022/07/30 12
この記事を
クリップ

STU48 の新公演『花は誰のもの?』が30日、香川・高松festhalleで開催された。 


今回の新公演は2019年4月に始まった「GO!GO! little SEABIRDS!!」公演、2020年1月に始まった「僕たちの恋の予感」公演に続くオリジ ナルとしては3作目となる作品。新型コロナウィルスの再拡大、ウクライナ情勢、現実とは思えない出来事が起きている2022年。そんな今だからこそ歌のメッセージを届けたいとの思いから8thシングル『花は誰のもの?』をタイトルに選び、歌詞やパフォーマンスから希望、 愛、平和、元気、感謝を込めてエールを届けたい。 1人でも多くの方の耳や心に残る作品を目指しての新公演となる。 



Overtureがかかり、1曲目はこの公演にふさわしい『花は誰のもの?』からスタート。『暗闇』『僕はこの海を眺めてる』『僕らの春夏秋冬』と4曲続けてパフォーマンス。前半ブロックは『花は誰のもの?』の花を連想させる振り付けから『僕らの春夏秋冬』の「花は咲いて散って、また咲く日までの」の歌詞部分の振り付けがリンクする形となったセットリストで構成されている。 


MCで峯吉愛梨沙が、「花は誰のもの?初日公演、始まりました」と話すと大きな拍手が。香川県出身の福田朱里は「みなさんようこそ香川県へ!ここ香川県で皆さんと初日が迎えられて本当に嬉しいです」とコメント。今回の出演メンバーの自己紹介を行いユニットブロックへ。『夏の“好き”はご用心』 『そして人間は無力と思い知る』『Sure、じゃあね』『ポニーテールをほどいた君を見た』と4曲続けて披露。 今回の新曲『夏の“好き”はご用心』『そして人間は無力と思い知る』が明日7月31日(日)午前0時よりから各種配信サイト、ダウンロードサイトにて配信されることが発表された。


続いて『短日植物』が披露され、今村美月が「初日、緊張したねー」と話すと、川又あん奈が「今日1日、他のことが考えれないくらい短日植物がずっと頭の中でぐるぐるしてました」と独特な表現で笑わせる場面も、今村が「この公演では毎公演違う曲を違うメンバーで披露するというブロックがあり、毎公演、誰がどの曲を披露するか楽しみにしておいて下さい」としめくくると、『夏の“好き”はご用心』を披露した内海里音が「不意のキスは歯と歯がぶつかってハッとしたんだよ」の歌詞を歌うところで私もハッとしたりもうたまらないんです」と話すと甲斐心愛が「どうたまらんのん?何がたまらんのん?」と聞き返し会場を沸かせる場面も。


『ポニーテールをほどいた君を見た』を披露した石田みなみは『この振り付けは元NMB48の日下このみさんが振り付けをしてくださって、 ずっとファンだったので本人にお会いできて、好きですって告白しました」とフリ入れの時の裏話などで盛り上がり、『一杯の水』『一瞬のスリル』『原点』と3曲続けて披露。甲斐の「新しいステージに立ったSTU48をこれからも見守ってほしいです」のコメントと共に『船から降りた僕たちは…』を披露し本編は終了した。


後半ブロックではSTU48の原点を忘れないという意味が込められた『原点』から、STU48号がなくなってからの『船から降りた僕たちは…』で終わるこれまでとこれからのストーリーを描いたセットリストで構成されている。 アンコールは『サングラスデイズ』『ヘタレたちよ』と2曲続けて元気いっぱいにパフォーマンス!今日の感想を聞かれると小島愛子が「この公演は1つ1つに意味があり、私達STU48の自己紹介のようなセットリストになっている大切にしていきたい公演です」とコメント。瀧野由美子は「すべての曲がフルサイズで、秋元先生の歌詞は1番は勿論、2番がすごくエモくてこれを聴いていただけるのは公演の醍醐味だと思いますのでこれからも瀬戸内に会いに来て下さい」としめくくり、ラストは『ペダルと車輪と来た道と』を力強く披露した。


歌詞とパ フォーマンスに今後も突き進みますという強いメッセージを込め披露。大きな拍手に包まれながら初日公演が終了した。



日時:2022年7月30日(土)

1回目:開場13:20/開演14:00 2回目:開場17:20/開演18:00 

場所:香川県・高松festhalle 

公演タイトル:「花は誰のもの?」 

出演メンバー:石田千穂・石田みなみ・今村美月・岩田陽菜・内海里音・沖 侑果・甲斐心愛・川又あん奈・ 小島愛子・高雄さやか・瀧野由美子・中村 舞・兵頭 葵・福田朱里・峯吉愛梨沙・立仙百佳 


©STU

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 22件)