日本一セクシーなアイドルグループprediaが語る「エロとセクシーの違い」

アイドル 公開日:2015/02/18 9
この記事を
クリップ
}/

2015年2月18日に1stアルバムが発売したpredia。セクシー路線で他のアイドルグループとは違ったステージを見せる彼女たち、今回はメンバーの村上瑠美奈、青山玲子、湊あかねに話を聞いた。




-アルバム「孤高のダリアにくちづけを」が発売しました。

村上瑠美奈
1stアルバムで、今までのインディーズのときの楽曲とは世界感が違っていて、今のprediaが、こういうグループで、こういう歌を歌っているんだっていうのを、表現できたアルバムになったと思います。大人グループとして、ふさわしい曲がすごいたくさん集まってるアルバムに出来上がりました。

-おすすめ曲はありますか?

村上瑠美奈
わたしが好きなのは、最後の『Wedding Story』っていう曲です。このアルバムの中で、はじめの方はすごい不幸な女の子を歌ってる曲が多くて、恋愛でもなかなか幸せになれない歌が多いんですけど、最後はハッピーエンドで終われるっていう曲順になっています。曲調とかも、とっても自分の好みの曲なので、歌ってて楽しいです。

青山玲子
デビューしてシングルを1枚目、2枚目と出させてもらって、次もまたシングルを出させてもらえるのかな?と思ってたところで、まさかのアルバム発売って言われたんで、純粋に、「え?アルバム発売できるんだ」と思いました。すごいprediaっぽくて、このアルバムを聴いてくれたら、prediaのことすごいわかってもらえるなっていう曲ばっかりだし、るみなが言ったとおり、大人アイドルだからこそ歌える、共感してもらえる曲も多いんですよ。恋愛の歌でも説得力があると思います。アイドルファンはもちろんですけど、同い年くらいの女性とかにも聞いていただきたいです。

-女性におすすめの曲を教えてください。

青山玲子
苦しい恋愛をしている人に『Tokyo Love Affair』っていう曲を聴いてもらいたいですね。これホントに、なんかもう、ざっくり言えば不倫の歌なんですけど。

-大人ですね!

青山玲子
できればライブ会場で、ダンスと歌、どちらも見て欲しいんです。メンバーが愛人と本妻に分かれる、アイドルらしからぬダンスの振り付けをしていて、愛人と本妻がビンタをするシーンだったり、殴り合うみたいな仕草をダンスに取り入れてるんです。たぶんアイドル界で不倫の歌でここまで赤裸々に表現したことはないと思うので、色んな意味で楽しんで頂き、色んなことを感じて欲しいなと思います。

-青山さんはどっちなんですか?

青山玲子
私は愛人です。

-確かに、っぽいですね。笑

青山玲子
今日の出席者は愛人の方が多いですね。

-それは自分で決めたんですか?

青山玲子
ダンスの先生のイメージです。この子本妻っぽい、とかこの子愛人っぽいとか。結構イメージだよね。

湊あかね
竹中先生が決めてくれました。

青山玲子
そう、ダンスの先生は、竹中夏海先生なんですけど、先生はデビュー曲から振り付けてくださってるので、イメージが解るんでしょうね。

-湊さんのおすすめ曲は?

湊あかね
私はですね…元々暗い歌が大好きだったんで、こういう全体的に暗い感じの曲が集まって嬉しいです。で、最後はハッピーエンドになるっていう、こういうシナリオがちゃんと揃ってる。オススメは『夜光蝶』です。この曲って怒ってるんですよ。ずっと、常に男の人に対して、何でこうしてくれないの、あーしてくれないのって、ずっと怒ってる曲なんです。スゴく珍しいなと思っていて、共感できるんです。

-世間に怒ってる曲ならよくあるけど、男性に対して怒ってるってなかなかないですね。

湊あかね
そうなんですよ!優柔不断な男に対して怒ってる曲。

-さあ、皆さんのオススメ曲も聞きまして、prediaについて聞きます。大人アイドルユニットなんですが、ライバルがいるんですよね?湊さん。

湊あかね
E-girlsさんって前回のインタビューで言いました…。

青山玲子
それは、ゆったんが言っただけです(笑)。

-実際どうなんですか?確かに大人っぽいグループだとE-girlsになりますね。E-girlsはアイドルじゃないかもしれないですが。

青山玲子
そうですね。でも、prediaもアイドルに興味なかった人とかが好きになってくれて、アイドルを好きになる入り口にしてくれる方もたくさんいるんです。いわゆるアイドルっぽいかわいらしい感じの曲があんまり好みじゃなくても、私たちの曲だとすんなり聞けるって言ってくださって。

-アイドルではないんですかね?

青山玲子
そんなに気にしてはしてないですね。アイドルですって言うときもあるし、大人グループですとか、括りはそこまでしてないです。そこまで意識してないです。どっちかっていうと、自分たちが決めるよりは、見てる人が決めてくれたらいいかなって思っていて、「アイドルだね」って言ってくれる人もたくさんいるし、私たちは、歌唱力が自慢なんで「アーティストだと思うよ」って言ってくださるファンの方もいるし…。

-prediaと言えば歌ですよね。

湊あかね
やっぱり、20代後半の子たちが集まったんで、人生経験は豊富だと思うんです。若いアイドルが、ドロドロした曲を歌っても説得力がないです。でも私たちが歌うことによって、この世界感が表現できるのかな?って思います。

青山玲子
アイドル界で大人アイドルって馴染みがなくて…アイドルって言うとふわふわして、かわいくて、若くて、っていうイメージが普通じゃないですか?それはもちろんいいんですけど、大人アイドルのライバルがいっぱい出来るくらいに、世間に浸透して欲しいです。prediaが切り開ければなって思いながら、大人のユニットの良さを知ってもらいたいっていうのがスゴイあります。

-確かに年をとると25過ぎた辺りでみんな辞めていきますね。

青山玲子
卒業しちゃうじゃないですか、普通。みんなソロになっていくけど、全然、25を過ぎてもみんなでやっていってもいいじゃんって思うんです。

-いま現在、キテル感じはあります?

湊あかね
なんか、キテル感はヒシヒシと感じてるんです。

-どんなところに?

湊あかね
リリースイベントで、ラゾーナ川崎とか、池袋の噴水広場とかでやらせていただくんですけど、そういう所で、主婦の方がたまたま通りかかって、ライブを見てくれて握手会に来てくれるっていうこともあったりして。

-それはスゴイですね。

湊あかね
この前やったワンマンにも足を運んでくれて!スゴく嬉しかったです。

青山玲子
全くアイドルに興味がなかったっていう人が来てくれるってスゴイ嬉しいです。リリースイベントで主婦の方でも、普通の方でも、男性の方でも、アイドルのライブには行ったことないけど、prediaなら行ってみたい!と思ったって言ってもらえたら、スゴイやり甲斐感じます。

村上瑠美奈
ホントに最近多いです、そういうファンの方。瑠美奈の歌声が好き出来たよ、って言って頂けたりして嬉しいです。

-そう考えると、prediaってアイドルなのか?アーティストなのか?どこに向かっていくんですかね?

村上瑠美奈
自分の中では、アイドルで極めようとか思ってなくて…。見る人がどっちなのかは決めたらいいと思ってるんですけど、自分の気持ち的には、アーティストの括りで戦えるパフォーマンスができるグループでいたいなっていう気持ちではいます。

-そういった活動の中で、セクシーが売りなprediaですが、エロとは違うんですよね?

青山玲子
違います。ちょっと近いんですけど、エロさを出すっていうよりは、ダンスでも指先の仕草だったりとか、表情だったりとかに気をつけます。エロスにつながるかもしれないんだけど、でもこの、直接的にエロいねって感じではないですね。

村上瑠美奈
紙一重だよね。

青山玲子
うん、紙一重。

村上瑠美奈
だから、同じ仕草でもやる人が違ったら、ちょっと下品になるというか、エロいねってなると思うんです。人によって全然見え方変わってきちゃうんで、そこはスゴイ難しいです。自分たちでやってても、セクシーでカッコイイねっていうところを見えるように作るっていうのかな…。

青山玲子
女の人が見ても「あ、いいな」って思ってもらえるようなセクシーを目指してます。

-セクシーなダンスとか仕草はどんな気持ちでやっているんですか?

湊あかね
なりきって、入り込んでやりますね。いくら、こう、歌詞が卑猥でも…。

-歌詞が卑猥?

湊あかね
歌詞が卑猥なときもあるじゃないですか?

-そんな卑猥なのありましたっけ?

村上瑠美奈
あります。

青山玲子
オブラートには包まれてますよ(笑)。

-卑猥っていうか、セクシャルなね。

湊あかね
そう、セクシャル!ありがとうございます。

青山玲子
今のはなかったことにしてもらって(笑)。

湊あかね
そういう歌詞でもなりきって、表情とか、声とか全部フルに使います。

村上瑠美奈
一個の作品を作る感じですね。

-普段からセクシーには気をつけているんですか?

村上瑠美奈
映画を見たときとか、普通の見方とはちょっと違うかも。いい表情だな、とか思ったら、あっ!こういう表情であの曲やったら、もしかして、ファンの人たちグッときてくれるかな?とか。prediaを初めてから、プライベートで見る他の作品に対しての見方が、勉強っていうか、純粋に作品を楽しむっていうより、何かを吸収しようって気持ちでいます。

青山玲子
それはある!セクシーだけじゃなくても、見るもので、あっこれライブで使えそうだなとか、映画でも他の方のライブでも、何か写真でも、それは思います。海外のビクトリアシークレットっていう下着のブランドのショーだったり。アレって下着だけど、女子が見てかわいいって思うセクシーさで、日本でああいうのって、まだあんまり見たことないなって思うし、そういうセクシーが表現できたらホントにいいのになって思います。別に下着になりたいってわけじゃないですけど(笑)。

-女性ファン増えているんですか?

湊あかね
増えつつありますね。

青山玲子
最初、全然いなかったんですよ!最近では、すごい若い女の子もいて、小学生の子とかが「好き」って「prediaお姉さんみたいになりたい」って言ってくれたり。

-マジっすか?

湊あかね
『美しき孤独たち』のリリースイベントぐらいから、結構増えましたね。

青山玲子
徐々に増えつつはあったんですけど、自分たちで「あっ、何か増えてきたな」って思えたのが、まさにそれくらいだった。

-やっぱ嬉しいもんですか?

青山玲子
純粋に同性の方に握手とかこられると、友達になりたいみたいな気持ちになる(笑)。

村上瑠美奈
黄色い声援をキャーって浴びてのライブとか、ちょっと憧れちゃいます。

-うおおおおお、って低いのばかりじゃなく。

村上瑠美奈
うおおおおお、もいいんですけど(笑)。それと同じように、キャーもおんなじ割合で来るようなのがいいね。

青山玲子
prediaの昔なじみの「古参」と言われる方も、女性ファンが最初少なかったの知ってるからすごい喜んでくれて、女の子を大切にする現場なんです。

村上瑠美奈
後ろだと見えないだろうから、前行きなよ、みたいな。

青山玲子
すごい紳士的な人が増えて。女性ファンからも「スゴく優しくしてもらった」って声を聞きますし、誇りです。

湊あかね
なんか嬉しいよね。

-さて、ニューアルバムについてですがズバリ何位を狙う?

湊あかね
順位を狙うというより、色々な人にprediaを知らない人に知ってもらう大きなきっかけとなる作品になっているので、色々な方に手に取ってほしいです!

村上瑠美奈
あと、今回はビジョンにミュージックビデオが流れるんです。

-ビジョン?

村上瑠美奈
渋谷の街頭ビジョンです。そういう所で見て、何だろう?どういうグループなんだろう?って気になってもらって、好きになってくれたら嬉しいな。

青山玲子
メジャーデビューしてから、ホントにちょっとずつ自分たちのやりたかった事が叶っていて…ビジョンもそうだし、音楽番組もそうだし、次々と目標を叶えてるんで、2015年もたくさん目標を叶えたいです!

【特典】predia「名もなき白い花は消え逝く」直筆サイン入りポスタープレゼント!詳しくはクリック!


この記事の画像一覧