HKT48ツアーファイナル、松岡菜摘&神志那結衣 涙のステージ

アイドル 公開日:2022/07/23 5
この記事を
クリップ

2022年4月8日に神奈川県からスタートしたHKT48約3年ぶりとなるライブツアー「HKT48 LIVE TOUR 2022~Under the Spotlight~」が23日、HKT48の拠点・福岡県にてファイナルを迎えた。


2011年に1期生としてデビューし、チームHキャプテンを務める松岡菜摘と、2期生で加入し、選抜メンバーとしても活躍した神志那結衣の2名にとっては、8月の卒業を前に、 最後のコンサート出演となる。 激しいダンスナンバーから始まったツアーファイナル。ツアーの集大成となる本日は、メンバーの気迫をさらに感じさせるパワフル なパフォーマンスで幕を開けた。


最新シングルでセンターを務める矢吹奈子は、ファイナルまであっという間だったと振り返り、 「6期生も加わって、どんどん新しいHKT48を見せられているんじゃないかなと思って、今日も全力で頑張りたいと思います!」 と意気込んだ。 ライブ中盤、神志那のセンター曲『Buddy』では、神志那のメンバーカラーに合わせて客席が真っ赤なペンライトに染まり、松岡・下野由貴本村碧唯の1期生3人で披露した『Already』では、松岡の軌跡映像が流れる中、必死に涙を堪えて歌うシーンもあった。


また、6月22日にリリースした15thシングル『ビーサンはなぜなくなるのか?』収録楽曲を初披露。5月の熊本公演でデビューしたばかりの6期生・最上奈那華は、ソロ曲『悲しみの浄化装置』を堂々と笑顔で歌い上げ、温かい拍手が起こっていた。 


そして迎えた夜公演。本編の最後に秋のライブスケジュールをサプライズで発表した。盛大な拍手が会場に響く中、矢吹は 「びっくりだ…メンバーも誰も知らなかったから…」と驚きつつも、「皆さん楽しみに待っててください!よろしくお願いします!」 と早くも気合十分。10月には約8年ぶりとなる幕張メッセ、そして11周年となる11月には地元・福岡2会場でライブを開催する。 熱気冷めやらぬアンコールで神志那は「この約10年間の間にツアーを通して、色んな所にいって、色んなファンの方と出会って、メンバーやファンの皆さんとスタッフさんと色んな事があったな、と思い出しながら、今日最後のコンサートをやっていました。 HKT48でよかったなと思えるコンサートでした!本当にありがとうございました」とファンの皆様へ感謝の気持ちを伝え、松岡は 「改めてメンバーがステージに立って輝いているのはファンの皆さんがいるからだなってすごく実感したツアーでした。これからもメンバーを、ファンの皆さんの力で照らし続けてくれると嬉しいです」と挨拶。温かい拍手が起こる中、2人に向けて『今 君を想う』をメンバー全員でサプライズ披露。途中、ハプニングもあったが、HKT48を牽引してきた2人へのサプライズは、涙のステージとなった。 そしてダブルアンコールとして大きな拍手に迎えられ、『HKT48ファミリー』を披露。HKT48にとって、2019年ぶりとなるライブ ツアーは、最後までその盛り上がりが途切れることはなく、HKT48らしく、笑顔で幕を下ろしました。


©Mercury  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)