日向坂46佐々木久美「ゆっかーって本当にすごい」菅井友香は“みんなのキャプテン”

アイドル 公開日:2022/07/24 14
この記事を
クリップ

日向坂46が23日、山梨県の富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催された「W-KEYAKI FES. 2022」に出演。迫力のライブパフォーマンスのほか、キャプテン佐々木久美櫻坂46のキャプテン菅井友香へ「私たちにとってもキャプテン」と敬意を示し、日向坂46の「全国アリーナツアー2022」も発表されるなど、盛りだくさんのステージとなった。



欅坂46けやき坂46という“1本の欅”から始まった櫻坂46と日向坂46が、1年に1度、欅の聖地「富士急ハイランド」に“里帰り”して、お互いの健闘を称えあう「W-KEYAKI FES.」。2年目となる「W-KEYAKI FES. 2022」では、7月21日・23日に日向坂46が公演を実施。なお、22日・24日に行う予定であった櫻坂46の公演は、事前に行われたPCR検査の結果、メンバー5人の陽性反応が確認されたことを受け、中止となっていた。


日向坂46のステージは、櫻坂46の前身・欅坂46の楽曲『太陽は見上げる人を選ばない』で開幕。イントロが流れる中、ステージ中央からメンバーが姿を現すとファンからは歓声があがった。


しっとりと歌い上げた後には、日向坂46の『Overture』と共に改めてカウントダウン。河田陽菜がセンターで歌う『キツネ』で、会場はたちまちヒートアップ。歌い終わると、ステージから大きな水しぶきがあがり、メンバーによるフラッグパフォーマンスが行われた。


そのまま加藤史帆センター曲の『君しか勝たん』へと展開。メンバーがフラッグを大きく振る演出は、冠番組『日向坂で会いましょう』内の同曲ヒット祈願で挑戦したチアリーディングを想起させた。


MCへと展開すると、キャプテン佐々木久美が「メンバーの影山優佳が体調不良ということで今日のライブには出れなくなってしまった」と報告。「きっとカゲ(影山)も配信で見てくれていると思うので、カゲの分まで、今日はメンバーで頑張りたいなと思います!」と意気込み、笑顔を見せた。


また、櫻坂46の公演中止にも言及すると、櫻坂46のキャプテン・菅井友香からの手紙を代読。「櫻坂46と日向坂46は同じケヤキから生まれたグループということで、これからもリスペクトし合いながらいい関係を築いていけたらうれしいです。目に見えない感染症との戦いは続いていますが、来年こそ2チームがここに集えることを願っています」と菅井の思いを伝え、佐々木久美は「櫻坂46さんの分の魂も背負ってこの『W-KEYAKI FES.』を盛り上げて楽しんでいきたいと思います!」と力を込めた。


さらにこの日は、河田の誕生日。メンバーがバースデーソングを歌うと同時にステージへケーキが届けられると、河田は少し恥ずかしそうに笑い、喜んだ。21歳になった河田の目標は「携帯見る時に眉間にシワを寄せない」。「いつも言われるので気を付けたいと思います」と笑わせていた。


続いてはトロッコに乗っての『アザトカワイイ』で“おひさま(日向坂46ファンの総称)”の近くへ。笑顔で指をさしたり手を振ったりして、メンバーは会場中を楽しませる。


『思いがけないダブルレインボー』ではメンバーが水鉄砲を撒き散らして大はしゃぎ。メンバーもおひさまもびしょ濡れになって夏の暑さを吹き飛ばした。


7thシングル『#僕なんか』カップリング曲の『もうこんなに好きになれない』では、小坂菜緒金村美玖濱岸ひよりのユニットが美声を披露。『好きということは...』では、佐々木美玲をセンターに1期生メンバーがでタオルを振り回し、潮紗理菜センター曲の『真夜中の懺悔大会』へと続いた。


その後、2期生がレザー素材を取り入れたブラック基調の衣装で登場し、『世界にはThank you!が溢れている』『恋した魚は空を飛ぶ』を歌い上げて会場のボルテージを高め、カラフルな服装で元気に姿を見せた3期生は『この夏をジャムにしよう』『ゴーフルと君』をキュートにパフォーマンスした。


13曲目には逆光気味に光が差すステージで欅坂46の『語るなら未来を』を歌唱。14曲目の『My fans』からは、歌の後に激しいダンストラック、続いて『アディショナルタイム』と、メンバー一同が汗だくになりながら全力でおひさまを楽しませる。


勢いは止まらず、『No WAR in the future 2020』『誰よりも高く跳べ!2020』と、時に息を切らしながらも、彼女たちは力の限り歌い続け、佐々木久美は「過去イチの盛り上がりを見せてくださってありがとうございます!」と感謝した。


『知らないうちに愛されてた』で本編が終了すると、手拍子によるアンコールに応え、Tシャツ姿のメンバーが再登場。小坂がセンターの『ドレミソラシド』で「W-KEYAKI FES.」の熱狂を止ませない。


MCで齊藤京子は「毎年やらせていただけてうれしいです。来年は櫻坂さんと影山優佳と全員で出られたらなと思います」と次回へ意欲。佐々木久美が「菅井キャプテンってさ、私たちにとってのキャプテンでもあるじゃん。みんなのキャプテンだから、(手紙)読みながら感動しちゃって「ゆっかー(菅井)って本当にすごい」って思っちゃった」と菅井への思いを口にすると、加藤も「菅井さんってすごい!うん!!」と激しく同意した。


小坂は「私は去年のケヤフェスに参加できていなかったので今年が初めてのケヤフェスの参加になったんですけど、こんなに皆さんがタオル掲げてくれたりとか、ペンライト振ってくれたりとか、野外のライブって素晴らしいなと心の底から思いました」としみじみ。


佐々木久美が「小坂さんはみなさんがジャンプしてくれる姿がすごい好きなんですよ」と暴露すると、小坂は恥ずかしそうにはにかむ。すかさずジャンプするおひさまに気付くと小さく指先で拍手をして喜んでいた。


そしてお知らせ。会場のモニターに「緊急告知」と映し出され、日向坂46「全国アリーナツアー2022」の開催が決定したと発表された。


佐々木久美は「今年も秋にツアーをやらせていただけるということで、今回は愛知、兵庫、神奈川と東京でやります!」と笑顔で報告。「毎年たくさんライブをやらせていただいて、皆さんと思い出を作る時間があって、本当に私たちは幸せものだなとつくづく思います」と喜びをかみ締めた。


いよいよライブも終盤。『JOYFUL LOVE』では観客席がペンライトで虹色に彩られ、富士急ハイランドが感動で包まれる。


最後の曲となった『日向坂』では、白・緑・水色のペンライトで観客席が“W-KEYAKI”を表現。佐々木久美が「ペンライト完璧です!これでこそWフェスですよね」と歓喜し、「また来年、この場所で皆さんにお会いできるのをとってもとっても楽しみにしています。そしてその時までまた私たちは、力をつけて魅力を増していきたいなと思います」と益々の活躍を誓い、大盛況のままステージを締めくくった。



「W-KEYAKI FES. 2022」7月23日セットリスト

M1.太陽は見上げる人を選ばない

M2.キツネ

M3.君しか勝たん

M4.アザトカワイイ

M5.思いがけないダブルレインボー

M6.もうこんなに好きになれない

M7.好きということは...〜真夜中の懺悔大会

M8.世界にはThank you!が溢れている〜恋した魚は空を飛ぶ

M9.この夏をジャムにしよう〜ゴーフルと君

M10.川は流れる

M11.飛行機雲ができる理由

M12.僕なんか

M13.語るなら未来を

M14.My fans

M15.アディショナルタイム

M16.No WAR in the future 2020

M17.誰よりも高く跳べ!2020

M18.知らないうちに愛されてた

EC1.ドレミソラシド

EC2.JOYFUL LOVE

EC3.日向坂


フォト:上山陽介

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 32件)