乃木坂46 30thシングル選抜発表、センターは賀喜遥香「支える人になれてたらいいな」

アイドル 公開日:2022/07/18 11
この記事を
クリップ

乃木坂46が8月31日にリリースする30thシングルの選抜メンバー発表が、17日深夜放送の『乃木坂工事中』で明らかになった。


今回は、シングル発売の第一報時に『乃木坂工事中』内での選抜メンバー発表を明言したため、Twitterでは「選抜発表」のワードが何度もトレンドに登場、ファン同士のメンバー予想など大いに沸いた。



30thシングルは前作より一人多い19人編成と発表され、選抜メンバーは以下の通り。

3列目左から、金川紗耶(初)、清宮レイ掛橋沙耶香鈴木絢音樋口日奈柴田柚菜佐藤楓(23rd以来)、弓木奈於(初)

2列目左から田村真佑久保史緒里梅澤美波秋元真夏岩本蓮加筒井あやめ

フロントは左から、与田祐希齋藤飛鳥、右から遠藤さくら山下美月となり、センターには『君に叱られた』以来、2作ぶりに賀喜遥香に決定した。


賀喜は目にいっぱい涙を溜めながら「30枚目ってすごいキリのいい数字、ここから頑張りどころだって分かってますし、このタイミングで私が何ができるかなって今は思っちゃって…でも絶対に後悔したくないというか。みんなのことを引っ張るのは苦手なんですけど、支えられる人になれてたらいいなってそう思います」と決意表明した。


また、4期生の金川、弓木が初の選抜入り。弓木は「選抜さんはすごい憧れだったし、おばあちゃんやお母さんにも“選抜入りたい”って言ってて、いざ目の前にすると不安でいっぱいで…人よりも出来ない分いっぱい頑張って、ファンの人が“応援しててよかったな”って思ってもらえるようになりたいです」と時折言葉を詰まらせながら語り、金川は「絶対入んないって思ってから…でもこれがゴールじゃないから、何もかも頑張ろうって思いました」と、目を真っ赤にして意気込んだ。


また、23rdシングル以来の選抜入りとなった佐藤は「呼ばれると思ってなくて一瞬時が止まったというか。今回入っても入らなかっても、29thシングル期間、アンダーセンターとして何ひとつ悔いのない活動ができたし、どんな結果でもちゃんと受け止めようと思ってたので、素直にやってきたことが選抜という結果に表れてすごく嬉しいです」と、真っ直ぐな眼差しで気持ちを話した。



※本記事は掲載時点の情報です。