乃木坂46松村「弟が最近優しくなった」と中田2015年オススメアイドル

アイドル 公開日:2015/02/11 10
この記事を
クリップ
}/

乃木坂46の松村沙友理と中田花奈が毎回注目のアイドルを迎えるニコニコ生放送「生のアイドルが好き」。


この番組の第22回が1月27日(火)21:00から生配信された。ドワンゴジェイピーnewsではこの番組のレポートとあわせて、2人へのインタビューを紹介する。



今回のゲストは武藤彩未、drop、La PomPonよりYUKINO、MISAKIの計3組。この日はまず松村のピンマイクのスイッチがオフのままトークを始めるというハプニングから番組はスタートした。そして最初にスタジオに登場した武藤は松村&中田を前に、同じ乃木坂46の中元日芽香や斎藤ちはると親しくしていることを明かし、番組前には中元に松村&中田との共演を報告したという。その後、武藤が得意という百人一首を3人で実践。乃木坂サイドが有利になるように進行するも武藤は圧倒的な強さを見せ、2人は惨敗してしまう。

続いて武藤の驚く顔が本当にカワイイのかを検証するために、さまざまなゲームを実施。中でも「箱の中身は何だろな?」ゲームでは、武藤が箱に入った釣りの疑似エサを怖々とした表情で触ろうとして番組を盛り上げた。さらに恒例のコーナー「さゆりんごのお触り占い」では松村が武藤のお尻を触って、武藤の運勢を占うことに。「ありがたや、ありがたや。あけましておめでとうございますー」とうれしそうにお尻を触った松村は、「なんと、ハーフツインが見たいとの神のお告げがあります。いつかやってください。いいことがあると思います」とあくまで個人の趣味を押し付けるかのような占い結果を伝え、武藤も「いつかやってみたいと思います」と笑顔で答えた。

2組目のゲスト、La PomPonのYUKINO、MISAKIとはLa PomPonのデビュー曲『BUMP!!』にちなんで、「風船BUMP!! 3本勝負!」と題した企画に挑戦した。風船付きロシアンルーレットを使った山手線ゲームでは乃木坂チームが勝ち、画鋲付きラケットを使った風船バドミントンではLa PomPonチームが勝利。1対1という結果の中行われた最終ゲーム「おなかで風船割りっこ」で、La PomPonチームが先に風船を割って見事新曲告知権を獲得した。

この日最後のゲストは、中田が大ファンを公言するdrop。メンバーがスタジオに現れると中田は「ガチでファンです!」と告げ、年始のライブイベントにもプライベートで足を運んだことを告げた。さらに番組に呼んでほしいとスタッフにお願いしたことも明らかにされ、dropのメンバーや視聴者を驚かせた。そしてdropのメンバー4人のキャラに合わせたシチュエーション企画では乃木坂メンバーと対決し、最後まで番組を盛り上げた。

(松村沙友理&中田花奈インタビュー)

─中田さんは先日、成人式を迎えましたよね。

中田花奈
はい。乃木坂46として記者会見を乃木神社でやらせてもらったり、ファンイベントもやらせてもらったり、さらに個別握手会でも成人をお祝いしてもらったりと、結構注目を浴びる機会がありました。「乃木坂って、どこ?」でも成人メンバーの特集をしてもらったり、雑誌の表紙を成人メンバーだけでやらせてもらったりもして、いろんな場所で20歳の抱負も言わせてもらったし。イベントがあるたびに「自分も大人になったんだな」って、改めて実感しましたね。

─改めて20歳の抱負を聞かせてもらっていいですか?

中田花奈
私、自分のことがあまり好きじゃなくて。すごい真面目な話になっちゃうんですけど、悔しいとか負けたくないとかそういう気持ちがなくて、自分はどうせ負けるみたいに最初から思っちゃうんです。でもそうじゃなくて、自分のことをもっと好きになったらきっと変わるじゃないかと思って、今年はその努力をします(笑)。

─すごくいいことだと思いますよ。松村さんも成人式、乃木坂に入ってからでしたよね。

松村沙友理
ありましたねえ。

中田花奈
もう2年前?

松村沙友理
そうだね。早いなあ。

中田花奈
すごい髪型してたよね。髪にお花がいっぱい散りばめられて。

松村沙友理
そう、ツインテールの。私のイメージではパピヨンでした。うふふふ(笑)。

─どうですか、成人式のとき思い描いていた大人に近付けてますか?

松村沙友理
うーん……あんまり変わんないなあと思います。今年で23歳なんですけど、自分ではそう感じないし。

中田花奈
心がまだ若いんだ(笑)。

松村沙友理
そう、まだ心が追いついてない23歳!

中田花奈
でも乃木坂46って大人メンバーが多いよね。同年代が多いから、私もみんなで一緒にいるときは自分が20歳って感じがしなくて。まだ17歳の、入った時の気持ちのままだから。

松村沙友理
めっちゃわかる!

中田花奈
みんなが同じように歳を取っていくんで、急に誰かが大人になったなとか、あんまりないし。

松村沙友理
しかも、川後陽菜とか年下の子のほうが落ち着いてるし。だから……。

中田花奈
年の差は全然感じないよね。

─ここからは2人に、それぞれテーマに沿ったお話を聞かせてもらいたいと思います。まず中田さんには、今年注目のアイドルについて。

中田花奈
これは去年から言ってるんですけど、私はラブアンドロイドさんというアイドルをずっと推していて。あ、dropさんも推してるんですけど、dropさんは最近いい感じになってきたので(笑)、ラブアンドロイドさんにもそろそろ来てほしいなと。まだCDを1枚しか出してないんですけど、もっとハネるアイドルだと私は思っているので、今年期待してます。

─なるほど。ちなみに中田さん的には今年のアイドルシーンってどうなると思いますか?

中田花奈
今のアイドルブームってAKB48さんから一気にボンッときたじゃないですか。で、そこにももクロさんが来て、BABYMETALさんとかちょっと変わった感じのアイドルも出てきて、みんな1位を狙ってる。そういうのを見てると、今はどのアイドルにもハネるチャンスがいっぱいあると思うんです。そういう意味ではどのアイドルがくるかわからない、全然先が読めない。アイドルの数も一気に増えたしいろんなタイプが出てきたし、全然予測ができないぶん、これからが楽しみです。新しいアイドルもまだまだいっぱい出てくると思うし。

─松村さんには、最近気になるアニメやマンガについて聞きたいと思います。

松村沙友理
今は「四月は君の嘘」がすごい好きで。アニメは今2クール目なんですけど、毎週いいところで終わるんですよ!

─そりゃそうですよ、次も観てもらいたいし(笑)。

松村沙友理
うふふふ(笑)。全部のアニメがそうだとは思うんですけど、あのアニメだけは本当に一番気になるところ、「ここかい!」っていうところで毎回終わるんです! で、オープニングテーマもエンディングテーマもすごくいいし、お話自体も音楽をテーマにしたストーリーなんですけど、それぞれの人間同士の心情がうまいこと書かれていて、毎週のように泣きそうになるんですよ。本当に大好きな作品です。

─なるほど。今後に注目したい作品はほかにありますか?

松村沙友理
まだアニメにもなってないけど、すごい注目してるのは「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」というマンガです。藤原ここあさんっていう方の作品で、まだ2巻までしか出てないんですけど、今度ドラマCDになるんですよ! これをきっかけに、いつかアニメになるといいなと今は願ってます。うふふふ(笑)。あと、今期は「アイドルマスター シンデレラガールズ」も注目かな。私、今まで「アイドルマスター」にあんまりハマってなくて、ちゃんと観るのが今回からなので推しメンができるといいなって。今はアイドルをこれから推す人の気持ちになってます。で、自分もアイドルをやらせてもらってるんですけど、「えーっ、アイドルっていいな! すごい!」って影響されると思う(笑)。

中田花奈
ふふふふ(笑)

─中田さんはアニメは観ない?

中田花奈
まったくですね。うちのお父さんがあんまりアニメが好きじゃなくて、家でも小さい頃からほとんど観たことがなくて。だから二次元に慣れてなくて、30分続けて観られないんですよ。「クレヨンしんちゃん」とか昔からやってるけど、本当に観たことなくて。

松村沙友理
私、いまだに毎週「クレヨンしんちゃん」観てますよ(笑)。

中田花奈
そうなんだ。

松村沙友理
映画の「クレヨンしんちゃん」は家族愛がテーマで、すごい泣けるの。お父さんの野原ひろしの家族に対する愛情が出たときが一番泣ける。あ、全然関係ない話ですけど……うちの弟が最近優しくなって。

─えっ?(笑)

中田花奈
関係なくない?(笑)

松村沙友理
家族愛で思い出したの(笑)。私、昔からすごい弟が大好きで、ムツゴロウさんみたいに弟をかわいがっていて。

中田花奈
それはちょっとイヤだよ!(笑)

松村沙友理
で、以前はグーで殴るフリをしてきたのに最近はすごく優しくなって、ずっとされるがままなの。うふふ(笑)。

中田花奈
それはきっとね、弟がさゆりんよりも大人になったんだよ。

松村沙友理
えーっ!(笑)

中田花奈
さゆりんは変わってなくて(笑)。抵抗するのもめんどくさいんじゃない?

─弟さんは大人になって、諦めることを学んだんでしょうね(笑)。

松村沙友理
えーっ、そうなのかなあ?(笑)

(松村、実際に弟をかわいがるように中田と接する)

中田花奈
そりゃあ、いやがられるよ!(笑) これはかわいそう。弟の気持ちがわかるわ(笑)。

松村沙友理
LINEもずっと返事がないから、いつも同じスタンプを送り続けてたんです。

中田花奈
えーやだ、怖い!(笑)

松村沙友理
でも最近、返事が来るようになったんです!

中田花奈
何て返事が来るの?

松村沙友理
「やめて」って。

中田花奈
返信ってそれかい!(笑)
(取材・文=西廣智一)


【乃木坂46その他の写真記事はクリック】
☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!