=LOVE メンバーの「愛されコンプレックス」発表、掛け合いほのぼの

アイドル 公開日:2022/05/31 9
この記事を
クリップ

指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」が5月25日、11th シングル『あの子コンプレックス』をリリース。リリース記念記者発表会がソニー・ミュージックエンタテインメント本社にて開催された。


今回のシングル『あの子コンプレックス』で初のセンターを務める佐々木舞香は、「イコラブ史上最も儚い失恋ソングです。(齊藤)なぎさとのハモリパートがあるので、ここはCDでもライブでも聞き所になると思います」と楽曲をアピールしイベントはスタート。


壇上では、11人のメンバー(大谷映美里大場花菜音嶋莉沙齋藤樹愛羅齊藤なぎさ髙松瞳・佐々木舞香・瀧脇笙古野口衣織諸橋沙夏山本杏奈)が今回のシングルタイトルにちなみ、思わず応援したくなるような「愛されコンプレックス」をフリップで発表する流れに。


まずはリーダーの山本が「ちょっとちび!」とのフリップを掲げると、メンバー全員から「えっ!?ちょっと!?」との総ツッコミが。気になる身長について質問が飛ぶと、「…。149.6cmくらい?」と自信なさげに回答。これに齋藤樹愛羅から「去年は148.6cmって言ってました!」と鋭いツッコミが入ると、「成長期なんだと思います。もっと大きくなると思います!」と返し会場を沸かせた。大場は「まんまるほっぺ」と回答し、「コンプレックスだったけど、ファンの方が “笑うとほっぺがめちゃくちゃかわいい!食べたい!”って言ってくれて」と続けた。音嶋は「字が大きい」とのフリップを掲げると、続く諸橋が小さな字で「女の子らしい食べ物を好きになれない」と記していたため、この落差に笑いが広がった。


髙松瞳は梅干しのようにしわくちゃになる「泣き顔」と回答し、ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』(MBS・TBS系)出演中の齊藤なぎさは「ハスキーな声」とし、「いつかドスの効いた声を披露できる曲ができたら嬉しいです」と沸かせた。佐々木は「運動音痴」、大谷映美里は「二択を96%くらいの確率で外しちゃう」とすると、野口衣織は「ネット通販で失敗しがち」と切り出し、「実は昨日も失敗してしまって…。」と続けた。「欲しかった服がセールで安くなってたので、4着買ったんです。それが昨日届いたんですけど…、箱を開けたら16着くらい入ってて!よく見たらこのセールは4着セットの価格で、さらに何故かオマケに2着くらい付いてて…」とトンデモエピソードを披露し会場をどよめかせた。


『あの子コンプレックス』はMVの再生回数がグループ最速で300万回を突破、現在は665万回を越えている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)