深瀬美桜 4年半の活動を締めくくるラストステージ、まねきケチャ ツアーファイナル

アイドル 公開日:2022/05/23 7
この記事を
クリップ

まねきケチャが5月22日(日)に全国ワンマンツアー「まねきケチャJAPAN TOUR 2022『招かれロード』のファイナル公演を東京・豊洲PITにて開催した。CSテレ朝チャンネルでの独占生中継も行われた本公演をもって、メンバーの深瀬美桜がグループを卒業した。

 

中川美優宮内凛松下玲緒菜、深瀬美桜、篠原葵からなる5人組のアイドルグループ、まねきケチャは2015年8月に結成。翌年にはメジャーデビューを果たし、2018年9月には日本武道館での単独公演を大成功に収め、昨年9月には結成6周年記念公演「6周年だよ!まねきケチャ」を開催。そして、今年2月の大阪公演を皮切りに、仙台、福岡、名古屋、札幌と、東京とめぐる全国ワンマンツアーを実施。会場には満員の観客が詰め掛け、2017年12月から約4年半在籍した深瀬の最後のステージに熱い応援を送った。

 

開演時刻を迎えるとステージ全体を覆う紗幕にバックヤードの様子が生中継された。円陣を組んで気合いを入れたあと、深瀬は「今日は最高の1日にしましょう」とカメラに向かって呼びかける。やがて、ステージに上がった5人のシルエットが紗幕に浮かび上がり、ピンスポットに照らされた深瀬が『愛と狂気とカタルシス』を一人、アカペラで歌唱。<愛してる>というフレーズとともに紗幕がおり、この5人体制では最後となるライブがスタートした。続けて、結成時から歌い続けているライブの鉄板曲『SPLASH』でタオルを回し、初期からの人気曲『妄想桜』で会場の熱気は瞬く間に上昇。アニメ『RPG不動産』のEDテーマで、4月20日(水)にリリースされたばかりのニューシングル『Awesome!』では、観客はペンライトを掲げて左右に揺らし、メンバーと一緒に大きなハートマークを作るなど、会場が一体となって大きく盛り上がった。

 

自己紹介を経て、ツアーファイナルのために用意したというスペシャルメドレーに突入。祭囃子が鳴り響く『いつかどこかで』から『共通項』、スクリーンに夏の花火が上がった『相思い』や深瀬が迫力のある歌声を響かせた『どうでもいいや』、ライブでは定番のハロウィンソング『モンスターとケチャ』とバラエティーに富んだ楽曲を繋げ、まねきケチャの多彩な魅力をアピール。さらに、サイリウムを使った振り付けが特徴的な『一刀両断』や独特の言い回しによるラブソング『カクカクシカジカ」』、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のEDテーマ『鏡の中から』とユニークなナンバーを繰り出し、再び会場の温度を上昇させた。

 

ここで、中川が「サプライズで新曲を作ってきました」と報告。「美優が作詞をしました。美桜が卒業するってなったから作った曲なんですけど、歌詞の細かいところまで深い意味が込められているので、ぜひ歌詞にも注目してください」と呼びかけると、深瀬は「いい歌詞だよね。泣いちゃうよ」と語り、中川が「まねきケチャ史上一番いい曲だよね」と続けると、会場からは期待に満ちた拍手が沸き起こった。そんなやり取りの後に披露された新曲『あの花』は、メンバーの新たな旅立ちにエールを送りながら前に進む決意を込めた、エモーショナルな楽曲となっていた。スクリーンに深瀬美桜を思わせる桜の花びらが舞い散る中で、深瀬はメンバー全員と目を合わせながら歌唱。涙で歌えなくなるシーンもあったが、メンバーは優しく寄り添いながら<またどこかで会えるよね>と深瀬に直接語りかけるかのように歌った。

 

ライブの後半に、<君と一緒にいたいんだ>という願いにも似たフレーズから始まる『ありきたりな言葉で』から自分の気持ちを言葉で伝える大切さを歌った『あたしの残り全部あげる』、全力で<I LOVE YOU>を告げる『難攻不落』と、歌を通して、お互いの愛と感謝を思い切り伝え合うラブソングを続けたあと、深瀬からメンバーやファンに向けた手紙が読み上げられた。メンバー一人一人に向けて素直な気持ちを述べる中で、「同じステージで歌えたことを誇りに思います」と伝えられた松下は顔を覆って号泣。ファンに対しては、「アイドルの深瀬美桜を見つけてくださり、愛してくださり、本当にありがとうございます。みなさんがたくさんのステージで私を輝かせてくれました。ステージで見た景色、全て宝物です」と涙ながらに感謝を伝え、「私はまねきケチャとして経験してきたことを生かして、これから新しい道に進みたいと思います。そして、これからもまねきケチャの応援をよろしくお願いします。まねきケチャというグループで活動できて幸せでした」と胸を張り、深々とお辞儀をして、最後の挨拶を終えた。

 

そして、“あなた”のために変わりたいと誓うドラマチックなナンバー『昨日のあたしに負けたくないの』で涙を流したままで歌声を重ねた5人は、本編の最後に『冗談じゃないね』を披露し会場のボルテージは最高潮に。深瀬は歌詞を<まねきケチャ大好きだよ!>と変えて歌い、会場全体が大騒ぎとなる中で賑やかに締めくくられた。

 

アンコールでは、スクリーンにこれまでのメンバー同士の思い出が映し出されるなかで、未来と過去の自分に向けて書いた手紙をモチーフにした自分応援ソング『タイムマシン』をパフォーマンス。場内にシャボン玉が舞う幻想的でノスタルジックな空間の中で5人は1つの円となって仲良く手を繋いだ。ここでマネージャーが登壇し、サプライズで花束とファンによるメッセージカードを贈呈。深瀬は再び、「まねきケチャのメンバーとして活動できて本当に幸せでした!」と声を上げた。そして、この5人として最後の曲に選ばれたのは、まねきケチャの名を世に知らしめた2016年の代表曲『きみわずらい』。フロアが深瀬のメンバーカラーである黄色のサイリウム一色に染め上げられる中で、エモーショナルな歌声に合わせて銀テープが放たれると同時に深瀬を中心にメンバーがステージ中央で抱き合い、最後の瞬間を惜しむように涙した。そして5人で客席に向かって挨拶を行い、メンバーは深瀬を残して退場。一人残った深瀬が「これからもまねきケチャを好きでいてくれますか?」と呼びかけると、場内からは温かく大きな拍手がわき起こり、現体制最後の全国ツアーの幕は下ろされた。


なお、まねきケチャは、6月8日(水)に東京・恵比寿リキッドルームにて、新体制初となるライブ『まねきケチャ ワンマンライブin恵比寿リキッドルーム』を開催予定。また、結成時からのオリジナルメンバーである中川美優、宮内凛、松下玲緒菜の3人は2023年春頃にグループから卒業することを発表している。


カメラ:Masayo

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)