AKB48岡田奈々 ソロ曲MV公開、地上に舞い降りた最強リアル・ダークエンジェル

アイドル 公開日:2022/05/10 2
この記事を
クリップ

5月18日(水)発売のAKB48 59thシングル『元カレです』収録の岡田奈々ソロによるカップリング曲『壊さなきゃいけないもの』のミュージック・ビデオが5月10日20時にYouTubeにて公開された。


本年1月に行われた「第4回 AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」にて見事優勝を果たし、名実ともにAKB48ナンバーワンの歌姫となった岡田奈々のソロ楽曲。ミュージック・ビデオの落ちサビでは、雨音混じりの“完全生歌”でその歌唱力を披露。都内高所で撮影を行い、ビル群や夜景に彩られた“堕天使”岡田奈々の叙情的なロックバラードだ。


2020年、AKB48の新機軸となった『根も葉もRumor』ではセンターとして先頭に立ち、また以前より、グループ内でも随一の歌唱力を誇ると言われていた岡田奈々。


2019年から開催されている(予選は2018年)48グループの中でもっとも魅力的な歌い手を決める「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」では決勝大会までは進むも、3位(第1回:2019年1月)、5位(第2回:2019年10月)、3位(第3回:2020年12月)と優勝には及ばず。本年1月12日に舞浜アンフィシアターにて開催された「第4回 AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で悲願の初優勝を飾り、5月18日に発売となるAKB48 59thシングル『元カレです』のカップリングとして岡田のソロ楽曲が収録されることになった。


岡田のソロ曲としては『コイントス』(AKB48 8thアルバム「サムネイル」収録)以来2曲目となる今回の『壊さなきゃいけないもの』。まさに岡田奈々の120%実力発揮とも言える会心のロックバラードは、少し物憂げで、何かに渇き、常に挑戦し続ける岡田へのまさに当て書きであろう歌詞。


MVは都内3ヶ所のビルの屋上で撮影されており、新宿のビル群や国立競技場など、雑然とした地上とは違い、高所から見るその景色の空がどこまでも広く感じられるのは、その伸びやかな声によるものだろうか。


このMVでは本来の音源とは違い、落ちサビ部分は岡田の生歌を聴くことが出来る。このシーンの撮影は雨の中で行われたが、逆にその雨音混じりの声から真っ直ぐな岡田の芯を感じさせ、黒い翼を背負った岡田の尊さとエモさは、この三次元の世界では最強のリアル・ダークエンジェルに違いないと思わせる説得力が多分にある。


『根も葉もRumor』を超える表題曲『元カレです』の”GANMIダンス”、新チーム体制の始動、17期生の加入など、進化を続けるAKB48。その夜明けとなる59thシングルは来週5月18日に発売を迎える。


<岡田奈々コメント>

「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」優勝のご褒美で今回ソロ曲をいただけることになりました。

秋元先生から、私に合いそうなロックバラードだと連絡をいただいて、デモを聴かせていただく前から『私のために想いを込めて書いてくださったんだ』とすごく楽しみにしていました。

レコーディング後に「痺れたよ~」という言葉をいただいて、とても嬉しかったです(笑)

歌を聴いていただいたスタッフさんたちにも「”THE岡田奈々”な曲だね」と言っていただけて嬉しかったですし、きっとライブ映えする曲だと思うので、もっともっと練習して「ライブで聴くとさらにいい!」と思っていただけるような曲にしていきたいと思っています。

MVはロケということもあり、もうとにかく寒くて、凍えてて、雨も降りましたし、あとは結構泣きました(笑)


©AKB48




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 22件)