アプガ(仮)結成11周年記念ライブ、途中加入7人の熱意に関根梓 感涙

アイドル 公開日:2022/05/04 4
この記事を
クリップ

アップアップガールズ(仮)が、5月3日に東京・新宿BLAZEで結成11周年を祝う1日2公演のワンマンライブ『アップアップガールズ(仮) 〜アップアップROCK!!〜』と『アップアップガールズ(仮) 〜スーパーチョッパーチョッパー〜』を開催した。


5月3日はアプガ(仮)にとって大切な結成記念日だが、コロナ禍により2年間はこの日にライブができなかった。だが11周年の今年は、新型コロナウイルス感染予防に配慮しながら3年ぶりに開催。ファンとともにアニバーサリーを祝った。8人体制となって2年目を爆走するアプガ(仮)は、11年の歴史と現在のパワーを見せるべく、ロックとダンスというカラーの違う2公演のライブを繰り広げた。


『アップアップガールズ(仮) 〜アップアップROCK!!〜』と題された昼公演は、タイトルにあるようにロックがテーマ。新衣装に身を包んだメンバー8人は『UPPER ROCK』『イチバンガールズ!2021』でハードに勢いを上げながらライブをスタート。観客は拍手とペンライトでメンバーに応援を送った。


MCタイムで、関根梓古谷柚里花鈴木芽生菜工藤菫鈴木あゆ小山星流青柳佑芽住田悠華のメンバー8人は笑顔でファンに挨拶。アプガ(仮)に11年在籍しリーダーとしてグループを牽引する関根は「3年ぶりにアプガ(仮)創立記念日5月3日に、みなさんと一緒に過ごせることがほんとにうれしいです。集まっていただきありがとうございます!」と、11周年記念ライブ開催の感謝をファンに伝える。そして「だんだんと気をつけなきゃいけないことが取れてきて、声を出せるライブを取り戻せるまであともうちょっとのところに来てると私は思います。だからみなさん、また自由にライブが楽しめる、自由に声を出して己の魂をぶつけ合える空間を取り戻せるまでがんばっていきましょう!」と、徐々に本来の形でのライブ開催に近づいている実感と、全てがクリアになるまでのコロナ禍への配慮の大切さを語った。


ライブに戻るとアプガ(仮)は、疾走感溢れる『キラキラミライ』から『Burn the fire!!』『サバイバルガールズ!』と白熱のステージを展開。そして今年1月に発売された最新ミニアルバム『アプガヤバイ』に収録された『野性神風燃ゆ戦場』を披露すると、燃えたぎる歌とダンスで観客を圧倒した。


MCを挟んで、心地いいミッドチューン『パーリースタリー』で一旦リラックス。それも束の間、キャッチーな『Up↑Up↑Up↑』から『PROMISE TRAIN』で会場の空気を熱くしていく。『アップアップタイフーン』ではメンバーとファンが一体となってタオルを回し、お祭りモードで盛り上がった。


ライブ後半戦は『Lady→Go!』『BIGBANG』でライブのテンションを上げ、『ワイドルセブン』『お願い魅惑のターゲット』で会場のボルテージをさらに高める。そして、ミニアルバム『アプガヤバイ』に収録されている『アルストロメリア』でエモーショナルな世界を魅せて、ライブ本編を締め括った。


観客のアンコールに応えてメンバー8人がステージに戻ると、古谷が熱い思いを語っていく。「アプガ(仮)が11年続いてきた中で、私たちはまだ1年半しか活動していません。今までの先輩方がハロプロエッグからずっとずっとアイドル活動をがんばって続けてきたグループに、メンバーがひとりだけ残っていきなり7人も知らない女の子が入ってきて、ファンの方はびっくりしたと思います。それに、寂しい気持ちも絶対あったと思うんです。やっぱりこの1年半、先輩方と比べられることもすごくたくさんありましたし、いろんな意見を見てきました。それを見て、私はめっちゃ悔しかったんです。正直、卒業された先輩方とは積んできた経験も何もかも違うから同じにはなれないと思うんです。でも、途中から入ってきた7人ですけど、卒業された先輩たちができなくて私たちにはできることが絶対あると思うんです。だからこれからもっともっと磨きをかけて、この8人で、歴史に残るようなアプガ(仮)を作っていきたいです。やっぱり、私たちは先輩たちを超えていきたいんですよ。私は、先輩たちが見れなかった景色を絶対に見に行くってオーディションを受けたときから心に決めてました。なので、アプガ(仮)に着いてきてよかったってみなさんに思ってもらえるように、私たちは歯を食いしばって、どんなことがあっても引き下がらず、前を向いて努力し続けます。みなさん、12年目、13年目そしてその先も、私たちアプガ(仮)をよろしくお願いします!」と思いの丈を口にした。古谷の気持ちの入った言葉に、観客は呼応するように大きな拍手を送った。


アンコールで歌われたのは、どんなことがあっても前に進んでいくという思いの詰まった『私達』。感極まった関根は涙を流しながら歌っていく。メンバー8人とファンの気持ちがひとつになり、まさにライブは大団円となった。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 21件)