Juice=Juice世界進出へ野望 まずはフランス

アイドル 公開日:2015/02/03 4
この記事を
クリップ
}/

昨年6月13日大阪を皮切りにファースト単独ツアーをスタートしたJuice=Juiceが、この度
2月3・4・5日、東京で初となるライブを開催する。


同ツアーのファイナルライブは4月25日の札幌を予定しており、約10ケ月でトータル38都道府県・65公演敢行という長期に渡るツアーとなっている。過去にハロー!プロジェクトの他のグループが行ったファースト単独ツアーと比較しても、デビュー1年に満たないうちに、ここまでの公演本数、長期ツアーを行うのは、彼女たちがが初めてとなる。



また、2月3日当日は、Juice=Juice の結成2周年となる記念日でもあり気合も入る。ライブ前に行われたインタビューでは、2年を迎えたことに関して宮崎由加が「私は研修生ではなく、ダンスというものの理解もまだない頃でした。あれから2年が経って早いという気持ちと、その間にいろんな経験をさせてもらって長かったという気持ちが入り混じった不思議な感じです。」と。

高木紗友希は「ハロプロ研修生として何年も活動して、このユニットに選ばれてからいろんなことが詰め込まれて、短いようでそれでいて歴史もあって長いようで不思議な感覚です。」

宮本佳林は「2年でどんどん髪の毛が短くなりました!」と笑顔で答え、金澤朋子は「2年でいちばん変わったところは、みんなに対して猫かぶってないところですかねえ。最初は話したことない相手同士だったので、それが今では打ち解けられたと思います。」。植村あかりは「Juice=Juiceでこうやって単独公演が出来てうれしいです。会場をみると2年前から応援して下さる顔もあれば、新しい顔も増えて、もっともっと増やしていかなきゃなと思います。」とそれぞれの思いを語った。

グループの目標を聞かれ、高木が「モーニング娘。さんに新メンバーが加入されたり、スマイレージからアンジュルムに改名して新メンバーは入られたり、カントリー・ガールズが生まれ変わったりと、ハロー!プロジェクトが大きく変わる年なので、私たちJuice=Juiceからも目を離させないようにしないとです。いつまでもフレッシュという言葉に頼らないでパフォーマンス力を上げて、皆さんに認めてもらいたいです。」と熱く語った。

さらに金澤は「無期限活動停止されるBerryz工房の嗣永さんと、卒業された道重あゆみさんが、ずっとMCを引っ張ってこられたので、「次は私だ」と思ってたんですが、嗣永さんがカントリー・ガールズに入られて…「あ、まだいるのか」と思って。」の発言に記者やメンバーがどよめくと、すかさず「いや、いや、嫌じゃないですよ!ももち先輩大好きなんですけど、強力なライバルだなと思ったので、Juice=Juiceはトークが苦手と思わせないようにします!」と必死でフォローしていた。

先輩グループがみんな経験している武道館公演についての質問が飛ぶと、高木が「Juice=Juiceは結成当時から海外で活躍できるグループになりたいと話していて、一番大きな目標としては海外でのライブツアーができるくらいになりたいと思っています。」と話し、さらに宮崎が「Berryz工房さんがアジアを回っっておられましたが、私たちは「大人っぽく、おしゃれ」という曲が多いので、℃-uteさんがライブされていたこともあるフランスでやってみたいです。」というリーダーからの目標に、メンバーも感銘していた。

【ここでしか見られない!ハロプロ情報はクリック!】
★『ブラックバタフライ/風に吹かれて』←クリック
ハロプロ情報ゲットならフォローを→
→@dwangojpnews