predia 初のワンマンライブツアーをサプライズ発表

アイドル 公開日:2015/02/02 5
この記事を
クリップ
}/

1月31日、大人系セクシーグループprediaが、新橋ヤクルトホールにてワンマンparty(LIVE)を行った。


12月28日に新宿ReNYでワンマンライブを開催した彼女達であったが、本公演も見事にSOLD OUT。会場は溢れんばかりの人で埋め尽くされた。SEが流れると共に大きな拍手が巻き起こる中、その声援に応えながらメンバーがステージ上に登場。2月18日に発売が予定されているメジャー1stアルバム『孤高のダリアにくちづけを』のリード曲『名もなき白い花は消え逝く』を歌い上げ、勢いよくライブをスタートさせた。もはやライブの定番曲ともなっている、『Crazy Cat』や『Mid9t Luv』などを披露すると会場は更に盛り上がりを見せた。ハイテンションでライブが進む中、新曲『赤のアジタート』では赤いセンスを使った華麗なダンスで観客を魅了する場面も。そこから、『幻はザナドゥ』、『Tokyo Love Affair』などアルバム収録にされる新曲を惜しみなく披露した。



ライブ終盤、湊あかねの「次が最後の曲になります!!」というMCと共に『Re;start Game』が流れると、先日誕生日を迎えた松本ルナと林弓束を祝って、会場を黄色とオレンジのペンライトで埋め尽くすというファンからサプライズ演出もあり、会場は穏やかな空気に包まれた。

メンバーが袖に姿を消した直後、紅潮した観客からアンコールを求める拍手が起こると、衣装チェンジをしたメンバーが再び登場。ウエディングドレスをイメージした真っ白な衣装を身にまといながら、新曲『Wedding Story』を心を込めて歌い上げた。

そして、ここで湊あかねから「実はここで皆さんに発表したいことがあります。私達predia、、、初のワンマンツアーを行うことが決定しました!」という発表が。ツアーの開催を待ち侘びていたファンから歓喜の声で、会場は再び熱気に包まれた。その後『BABY KISS』と『きみみたいに』の2曲を披露して公演は終了した。

なお、このワンマンライブツアーは4月25日の大阪ルイードから始まり、4月26日名古屋ラッドホールを経て、5月6日の新宿BLAZEがツアーファイナルとなる。

・predia気になる楽曲はクリックで


この記事の画像一覧