乃木坂46 5期生『乃木坂スター誕生!』を継承 緊張の初収録、MCはオズワルド

アイドル 公開日:2022/04/23 9
この記事を
クリップ

2022年、デビュー10周年を迎えた国民的アイドル乃木坂46。 今年2月に、乃木坂46 期待の新星となる5期生が新たにメンバーとして加入。 そんな大注目の彼女たちが、早くも5期生だけで音楽バラエティーに初挑戦。4期生が出演していた1st シーズン、先輩メンバーも登場した2ndシーズンで多くの話題をさらった『乃木坂スター誕生!』に5期生が挑戦。昭和&平成のヒットソングを熱唱する『新・乃木坂スター誕生!』が(毎週月曜深夜 25:29~25:59・日本テレビ)4月25日スタートする。


MCを担当するのは、いま最も勢いのあるお笑いコンビ・オズワルド。 独自のトークセンスで、未知数の5期生のキャラクターを引き出していく。新時代を切り拓いていくフレッシュな彼女たち。 乃木坂46 5期生から、明日のスターが誕生する。 


【#1放送内容】 

初回は、AI の大ヒットバラード『Story』に井上和が挑戦。池田瑛紗奥田いろはは、JUDY AND MARY の『Over Drive』を披露する。さらに MONGOL800 の名曲『小さな恋のうた』をスタジオメンバー全員で熱唱。第2回の放送からは、豪華アーティストとのコラボステー ジにも挑戦していく。 「5期生で一番面白いのは誰?」をテーマにしたトークでは、メンバーのアンケートを基にランキ ングを発表。「移動用のバスで腹筋」「あだ名の付け方が独特」などのエピソードが飛び出す。 


【収録後コメント】 

<乃木坂46 5期生> 

五百城茉央(いおきまお) 

5期生だけの番組ということで全員がドキドキワクワクだったと思いますが、緊張した中でメン バーが歌っている姿を見て、みんなの頑張りに感動しました。

トークでも、いつもと違う一面を見ることができてとても楽しかったです。 

今回初めてスタジオで歌わせていただき緊張はもちろんありましたが、歌えることが幸せで、 悔いが残ったら嫌だなという思いがあったので、全部出しきる気持ちで歌いました。モニター を通すと、家で練習していた時よりも上手く聞こえました(笑)。 

オズワルドさんは、すぐにあだ名で呼んでくださったりして、長い間ご一緒しているような雰囲気でした。私はお笑いや漫才を見ることが好きなので、お二人のショートコントを生で見られてとても嬉しかったです。いつか番組の中で、オズワルドさんと漫才をしてみたいです(笑)。 

この番組を通して、5期生それぞれの歌声や個性や色を知っていただいて、より多くの方に5期生の魅力が伝わるような番組にしていけたらと思っていますので、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。 


菅原咲月(すがわらさつき) 

始まる前はとても緊張しましたが、みんなが歌っている姿を見て“こんな声が出るんだ”とか “こういう歌も歌えるんだ”という新しい発見があってこれからが楽しみになりました。

楽屋では緊張していたメンバーも本番ではびっくりするくらい堂々としていて、カッコ良かったです。 私はメンバーと3人で歌う曲に挑戦したんですが、ボイストレーニングの時に振りがあったほうがいいというアイデアをいただき、3人で相談しながら振りをつくってみました。楽しさを残しつつ音程も合わせながらどう歌うのか、練習した成果が本番で出せたかなと思います。

今後 は、しっとりした曲や明るくてかわいらしい曲、いろいろなジャンルの曲に挑戦し成長していき たいです。 トークでは、オズワルドさんにたくさんいじっていただけて嬉しかったです(笑)。頑張って笑いをこらえようとしたんですが、こらえられないほど本当に面白くて、MC がオズワルドさんで良かったです! 

先輩方から受け継ぐこの「新・乃木坂スター誕生!」を大切に守りつつ、自分たちの色を出して5期生の良さが詰まった番組にしていけたらと思っています。5期生のことをもっともっと知っていただけるきっかけになるよう頑張っていきますので、よろしくお願いします。 


<オズワルド> 

伊藤俊介 

収録まで本当に探り探りだったんですけど、どうにか打ち解けられたかなと思います。もっとアイドルアイドルしてるイメージがあったけど、いい意味で全然そんなことなかったというか野生児が多いイメージです。

一ノ瀬(美空)さんとか菅原(咲月)さんは何言っても全部受け止めてくれる空気があって、池田(瑛紗)さんはちょっと不思議で奥深そうですね。みんな仲良くて、意識はまったくしてないと思うけど、メンバーそれぞれの役割がもう既に決まってきてる感じがしました。何かハプニングがあると、みんなハーフタイムみたいに近づいてくるのが面白くて (笑)。まるで、女の子の青春映画を見てる感じでした。 僕らも MC ですけど百戦錬磨じゃないんで、お互いに成長しながらやっていけたらなと。

あとは5期生と“徐々に仲良くなってきてるな”っていうところにも注目してもらえたら。1本目と2 本目でもちょっと雰囲気が違うと思うんで、そういうところも楽しんで見てほしいですね。 


畠中悠 

最初はふわふわしてましたけど、2本目が終わる頃にはかなり打ち解けられたかなと思います。みんなの名前もバッチリで、あだ名も覚えましたね。合間には五百城(茉央)さんと冨里(奈央)さんと身長の話題で盛り上がりました(笑)。

5期生のみんなはキャラクターも歌声とかも特徴があって、個性豊かなのですごく覚えやすかったんです。 みんな歌が上手いですし、歌声に個性があるので本当に感動しました。単純に上手いだけじゃ片づけられない各々の良さみたいなものがあるんです。しかもここからまだまだ成長していくと思ったら、目が離せないですね。

そうかと思えば 10 代の若い女の子なんだなという初々しさもあって。メンバーに何かあると駆け寄っていくあの感じは、すごくいいものを見れた感がありましたね。ここから5期生が成長していく姿と、あと僕らのMCも成長していく姿、二本のストーリーがあるんで同時に見てほしいですね。 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)