“ゆっくりと咲く花”北野日奈子、アンダー・選抜双方の気持ち知る女神 未来へ

アイドル 公開日:2022/03/25 12
この記事を
クリップ

3月24日に神奈川「ぴあアリーナMM」にて、乃木坂46北野日奈子の卒業コンサートが開催された。コロナウィルス感染防止対策のもと、9千人のオーディエンスが来場。配信視聴者も含め、北野日奈子のラストコンサートを見守った。


セットリストは北野本人が披露したい楽曲をもとに構築され、8thシングル『気づいたら片想い』がオープニングナンバー。当楽曲は北野にとって初めて選抜メンバーに選出された記念すべき表題曲。2期生のエース 堀未央奈と共に選抜に選ばれ躍動した日々を懐かしく感じる。


中盤ブロックはアンダーメンバー楽曲を中心に披露。中でも『アンダー』を披露した際は、色々な感情がこみ上げてきたのか、北野が涙声になる場面も。


北野は決して順風満帆なメンバーではなかった。時には選抜、時にはアンダーを繰り返しただけに、両者の気持ちを一番に理解出来るメンバーとも言える。アンダーでいた時の辛さや悔しさの思いが、この涙声を意味したものかもしれない。


そして中盤ブロックのラストは、2期生メンバーの為に書き下ろされた『ゆっくりと咲く花』。当時は9名在籍していた2期生メンバーも現在は3名となり、現アンダーメンバーの山崎怜奈と2人で歌唱するシーンは感慨深いシーンだった。


終盤ブロックでは、シングル表題曲を中心に会場を盛り上げ、ラストはライブ定番曲ともなる北野がセンターを務めたアンダー曲『日常』で本編が終了した。


アンコールでは、まず北野がオーディエンスに向け挨拶。「何もない私を皆さんのたくさんの支えがあり、アイドルにしてくれた事を感謝しています。本当に私は幸せでした。一緒に9年間歩んで頂いたファンの皆さま、皆さんの期待に応えられなかった時も背中を押してくれた事が何よりも励みになりました。これから未来に向けて歩き出す私の事を見守って頂けると嬉しいです」と思いを込めてコメント。


その後、最新シングル『Actually…』に収録された北野の最初で最後のソロ曲『忘れないといいな』を熱唱。ラストは『乃木坂の詩』で北野日奈子の卒業コンサートは幕を閉じた。


向日葵のように、明るく元気な笑顔でファンを魅了してきた北野日奈子。

NEWシングルがリリースされる度、表題曲のセンターポジションが常に注目されがちだが、選抜かアンダーかの瀬戸際で選ばれる、いわゆる3列目ポジションのメンバーの所に、実は一番のドラマがあると感じている。体調を崩し長期休業に入った時期もあったが、“ゆっくりと咲く花”とは、実に北野日奈子の事を象徴しているのかもしれない。



■乃木坂46 北野日奈子 卒業コンサート@ぴあアリーナMM(2022.3.24)セットリスト

M1:気づいたら片想い

M2:あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

M3:ハウス!

M4:ロマンスのスタート

M5:ここにいる理由

M6:嫉妬の権利

M7:別れ際、もっと好きになる

M8:不等号

M9:風船は生きている

M10:ブランコ

M11:アンダー

M12:君に贈る花がない

M13:ゴルゴンゾーラ

M14:大人への近道

M15:隙間

M16:ゆっくりと咲く花

M17:バレッタ

M18:Route 246

M19:ガールズルール

M20:裸足でSummer

M21:僕だけの光

M22:日常

※本編終了

EN1:忘れないといいな

EN2:僕は君と会わない方がよかったのかな

EN3:乃木坂の詩

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)