乃木坂46 新成人ユニット、“新・華の2001年組” 楽曲のMV公開

アイドル 公開日:2022/03/11 11
この記事を
クリップ

3月23日(水)に発売する乃木坂46 29thシングル『Actually…』の初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-AのC/Wとして収録される、今年新成人となった8名のメンバーによる“新・華の2001年組”ユニット曲『価値あるもの』のMusic Videoが公開となった。


1月下旬に都内のスタジオにて撮影された「価値あるもの」のMusic Video。

“新・華の2001年組”の8名が、今は叶わないものの、世界中や宇宙へ、いつか旅に出かけられる日が来るかもしれないと、映像の中だけの旅行をコンセプトに制作されたそうだ。


センターを務める久保史緒里を筆頭に、阪口珠美中村麗乃遠藤さくら賀喜遥香金川紗耶北川悠理佐藤璃果 はずっとグリーンバックでの撮影が続いたが、撮影中は「実際に自分がどこに立っているのか?」をスタッフの指示だけを頼りに、自分自身想像しながら、終始演技に没頭したそうだ。


2016年「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞。数多くのMusic Videoを手掛け、乃木坂46のMusic Videoでは、『ごめんねFingers crossed』『歳月の轍』『君に贈る花がない』『Wilderness world』を手掛けた東市篤憲が監督として指揮を執った所にも注目したい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)