アプガ(仮)1日でMV6本撮影できんのか!?過酷な挑戦生配信

アイドル 公開日:2022/03/08 7
この記事を
クリップ

アップアップガールズ(仮)が、1月25日に発売したミニアルバム『アプガヤバイ』に収録されている6曲のミュージックビデオ撮影を1日で行うヤバイ企画を、3月6日に某所で実施。その模様を、アプガ(仮)のオフィシャルYouTubeチャンネルupupgirlsofficialで『1日でMV6本撮影できんのか!?』として生配信した。


ミニアルバム『アプガヤバイ』は、アプガ(仮)とダイノジとタッグを組んで行った『アプガのヤバイ楽曲コンテスト』の入賞曲6曲と新曲「僕らのVoyage」を含む7曲が収録された作品。このコンテストには、新たな才能と昨年新体制となったアプガ(仮)が一緒に上を目指していこうというテーマがあった。今回のMV撮影も監督には
映像制作コミュニティ・AOI Film Craft Lab.から抜擢された若手クリエイターが、アプガ(仮)メンバーが楽曲ごとに制作スタッフとして参加するというフレッシュな試みが実践された。


ただし、通常のMV撮影は1曲を1〜2日かけて行うものだが、今回はすでに公開されている『Up↑Up↑Up↑』以外の6曲のMVを1日で一気に撮影するというヤバさ。当日は、メンバー、スタッフ、全ての人が緊張感と集中力とクリエイティビティーを発揮する約15時間を超えのタフでクレイジーなMV制作現場となった。


生配信は朝7時30分からスタートし、1本目の撮影は『今日も私が冴え渡る』から始まった。監督は髙野瑛人、アプガ(仮)の担当スタッフは鈴木芽生菜小山星流が務めるMVのテーマは青春。アプガ(仮)のメンバー8人は、制服になって学校のロケで爽やかな学園ものの撮影を行った。


2本目の『アルストロメリア』は、長谷川アスガルが監督、アプガ(仮)の関根梓と住田悠が担当スタッフを務めた。バンドがテーマの本作では、スタジオで陰影を強調したライティングのもと、楽器を手にしたメンバーがバンド然とした姿でクールでかっこいいパフォーマンスを魅せる。


3本目の『パーリースタリー』は、監督を渡邊幸朔、アプガ(仮)の工藤菫が担当スタッフを務めた。テーマは全部入りということで、各MVの合間にも同時進行で撮影を行い、工藤が自撮りや、女優としても活躍する彼女が演技を行ったりとカラフルなシューティングとなった。


4本目の『24/7』は、松浦ちひろが監督、アプガ(仮)の鈴木あゆが担当スタッフ。青春っぽいワンカットをテーマに、撮影は私服風の衣装でリラックスした和やかな雰囲気が行われた。


5本目の『野性神風燃ゆ戦場』は、荻颯太郎が監督、アプガ(仮)の担当スタッフは古谷柚里花が務める。ホラーをテーマにした本作は、荒廃した倉庫のような雰囲気のスタジオで幽霊が登場。メンバー8人と幽霊が激しいダンスパフォーマンスを見せ、さらにはガチのメンバードッキリも行われた。


気づけば夜9時前。メンバー8人の疲労度はマックスを超え、しかもメンバー最年少の住田は17歳のため10時までしか活動できず、撮影可能な時間は残り約1時間というピンチの状態となっていた。そうした中、最後の6本目『僕らのVoyage』の撮影が始まる。桑田吏功が監督、アプガ(仮)の青柳佑芽が担当スタッフを務めるMVのテーマはアート。白い衣装のメンバー8人は巨大なキャンバスにアクリル塗料で自由に絵や文字などを描き、さらにはメンバー同士でペンキを塗り合い自身もアート作品になってしまうというヤバイ展開に発展。その姿のままダンスパフォーマンスを行い、タイムリミットギリギリで1日6本のMV撮影という過酷ミッションをクリアした。


極限状態で自分たちの持てる力を存分に発揮したアプガ(仮)。撮影では、若手クリエイターとアプガ(仮)の新鮮なパワーがいい結果を生み出した。曲それぞれのカラーにマッチしたバラエティに富んだ6本のMVの公開を、ぜひ期待して欲しい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 31件)