乃木坂46齋藤飛鳥が力説「男装している秋元真夏を日本中に広めたい」

アイドル 公開日:2022/03/04 7
この記事を
クリップ

乃木坂46秋元真夏齋藤飛鳥が4日、都内で行われたバイトル「時給UP企業応援団」企画記者発表会に、YouTubeクリエイターのはじめしゃちょーとともに出席した。


同社のTVCMに出演する秋元と齋藤は、アルバイトの経験はあるか尋ねられると、秋元は「私はバイト経験がなくて、お仕事を始めたのは乃木坂46が最初なんですけど、やってみたかったのは試食販売で、“バイトできないかな”と思って調べたりはしていました」と明かし、「小さいときにお母さんにくっついて行って、ウインナーとかの試食販売をやっているところに駆け寄って行って「買って」ってお母さんに言っていたから、そういうのをやりたいなと思っていました」と回顧。


齋藤は「私もバイトはしたことがなくて、バイトはしたくないなって思っていました(笑)」と正直に吐露し、「(アルバイト・パート求人情報サイトのイベントで)こんなこと言ったらダメか(笑)。怒られるかな(笑)」とポツリ。「バイトは子どものときに考えると、私が食品の販売とかも人と接しないといけないから、そういうのは難しそうだなと思ったし、バイトって大変というイメージが強かったから、したくないなって思っていたけど、逆にバイトルのお仕事をさせていただくようになって、嫌なもんじゃないんだなって知れたので、そこに感謝しています」と語った。


また、もし今バイトができるならどんなことをしてみたいか尋ねられると、秋元は「ケーキ屋さんで、クリスマスにサンタさんの格好をしてケーキを売るのが夢だったので、ケーキ屋さんをやりたいです」と目を輝かせ、齋藤から「サンタさんが着たいだけじゃない?」とツッコまれると、「それをお客さんに見てほしい」とにっこり。バイトを選ぶ際の基準について秋元は「学校を選ぶときも基本、制服から入ったので、バイトももしかしたらユニフォームとか制服から入るかも知れないですね」と答え、齋藤も「CMで着させてもらったカフェの店員さんみたいなやつの、すっごい大きい帽子がお気に入りだったので、ああいう制服のところで働きたいですね」と声を弾ませた。


さらに、お互いにやってほしいバイトを聞かれると、「真夏に考えてもらうのちょっと嫌かも(笑)」と苦笑した齋藤を横目に、秋元は「私がよく行くオムライス屋さんで、白っぽいワンピースに赤と白のチェックのフリフリのエプロンをつけているお店があるんですよ。ちょっとアイドルの衣装にもありそうなくらいかわいいので、そこで私にオムライスを運んでほしいです」と想像して頬を緩めると、齋藤は「絶対そういう回答だと思いました」とコメント。


同じ質問に、齋藤は「真夏は普段からコスプレが好きだったり、かわいらしい格好が似合うので、あえて私が今までの真夏で好きだった男装しているっていうのをぜひもっと日本中に広めたいなと思います(笑)」と答え、秋元が「なんで?ほぼほぼ顔が弟なの」と首をひねると、齋藤は「真夏の男装の姿がしっくりきたので、そういうお仕事があるかわからないんですけど、男装して接客してほしい」と語った。


なお、初任給を何に使ったか覚えているか聞かれると、秋元は「嘘みたいなんですけど、本当に両親にご飯を奢りました」と打ち明け、齋藤は「ずるい。それは私が言いたかった」と口を尖らせつつ、「私もそうだったと思います。乃木坂はそういう感じです」とコメント。はじめしゃちょーは「僕も嘘みたいな話になるんですけど、初任給でコンビニに売っているパンを全種類買い占めました」とYouTubeクリエイターならではの回答をした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)