「UNIDOL」決勝戦にHKT48登場、怒涛のパフォーマンスで会場圧倒

アイドル 公開日:2022/03/03 13
この記事を
クリップ

UNIDOL 実⾏委員会は、学⽣団体主催の⼤学対抗⼥⼦⼤⽣アイドル⽇本⼀決定戦「UNIDOL 2021-22 Winter 決勝戦/敗者復活戦」を2 ⽉ 28 ⽇(⽉) に中野サンプラザホールにて開催。サプライズゲストとして HKT48 がスペシャルライブを⾏った。


 UNIDOL のゲストとして出演する意気込みについて教えてください。 

私も振りコピが好きで、そういう⼤学のサークルやイベントがあることは知っていました。皆さんのパフォーマンスを⾒て、「その曲を踊りたい気持ち、わかる〜︕」とか「その曲とこの曲、⼀緒に踊りたいよね︕」とか。同じ気持ちを共有しながら、出場者の皆さんを応援したいです。 


UNIDOL のイメージや印象について教えてください。

 「アツいな︕」と思いました。このあとに私たちが披露する楽曲を、過去のUNIDOLの出場チームがコピーしている動画を観ながら会場まで来たんですけど、皆さんのパフォーマンスから、すごくリスペクトを感じました。

直接「好き」って⾔われている わけじゃないけれど、ちょっと照れちゃうような…。それくらい、各々の楽曲や、アイドルさんへのリスペクトを受け取りました。


 ― もし、今、アイドルじゃなくて⼥⼦⼤⽣だったら、UNIDOL に出場していたと思いますか︖

みんなで⾐装を作ったりすることに、強い憧れがあります。皆さんこだわりもあって、ポーズだったり、名前にもすごい気持ちがこもってて。

今⽇ちょっと接しただけでも「仲間に⼊れてほしいな」と思っちゃうくらい(笑)。

すごく楽しそうなので、もしアイドルになってなかったら、UNIDOL をやっていたんじゃないかなと思います。


地頭江さんはどんなアイドルさんの振りコピをされていたんですか︖ 

ハロプロさんや、スターダストさんに所属されているアイドルさんの曲が⼤好きでした。

今⽇来ている HKT48 メンバーの中にも、アイドル好きな⼈が多くて。ハロプロさんの曲が流れると、みんなで踊ったりしていました。

また、HKT48 に⼊る前、ずっとレッスンに⾏けていなかった時期があったんですけど、久しぶりにレッスンに⾏ったとき「今⽇は『桜、みんなで⾷べた』のテストです」と⾔われて。でも、もともと HKT48 のファンで振りコピしていたので、レッスンに⾏ってなくても踊れたっていう(笑)。 それくらい、⾊んなアイドルさんの振りコピをしていました。 


今⽇の会場「中野サンプラザ」は“ハロプロの聖地”とも⾔われるくらい、アイドルのライブ会場として有名です。初めて⽴たれる気持ちはいかがですか︖ 

ずっと画⾯上で⾒ていた会場なので、ステージの景⾊しか知らなくて(笑)。

ハロプロ研修⽣の皆さんが実⼒テストなどをされていた場所なので、こんな緊張するステージに⽴って、皆さん 1 ⼈で堂々とパフォーマンスしていたんだなと思うと…︕ 

メンバーの渕上舞さんがハロプロオタクなんですけど、2 ⼈でずっと「すごい、中野サンプラザだね〜」って⾔って、ソワソワして いました。 


今回のセットリストの⾒どころについて教えてください。 

今回のセットリストは、これまでの UNIDOL でコピーしてくださることが多かった曲を選んでいます。

その中に新曲も盛り込んでいたりして…。たくさんの曲数をやるわけではないのですが、“今”の HKT48 を⾒せられるステージになっているかなと思います。 


― HKT48 としての、今後の展望について教えてください。 

2019 年以来のツアーが決まっているので、それをまずは成功させたいです。

また、新しいシングルやアルバムを出すにつれて、若⼿のメンバーが引っ張っていかなくちゃいけないというのを、すごく感じています。

これまで、指原莉乃さんや、⼀期⽣の皆さんが作ってくださった HKT48 も守りつつ、新しい HKT48 も⾒せられるようになりたいと思っています。あと、最近は福岡の番組での露出が増えてきたので、もっと福岡を盛り上げていけたらいいなと思います。 


 UNIDOL 出場者に応援コメントをお願いします。 

⾐装づくりや、楽曲の構成など、この⼤会に懸けるアツい思いを感じました。

この広いステージでパフォーマンスをできるのは、 ⻘春の思い出だったり、⼈⽣の⼤きな出来事だと思うので、思い残すことなく、やりきってほしいなと思います。 


いつも応援してくださっているファンの皆さんに⼀⾔お願いします。 

皆さん、いつも応援ありがとうございます。

UNIDOL の皆さんからたくさんパワーをいただいたので、このパワーを皆さんにもおすそ分けできるように私たちも頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。 


<HKT48 スペシャルライブレポート> 

紹介 VTR が流れると、どよめく会場。⼤⼈気アイドルの出演を知って、⼤勢の観客が⽴ち上がる。ギンガムチェック のセットアップに⾝を包んだメンバーが登場すると、会場は⼤きな拍⼿に包まれた。


「HKT48 のステージも盛り上がって いくぞー︕」という掛け声とともに、1 曲⽬は『早送りカレンダー』を披露。キュートでポップなパフォーマンスにあわせて、⾊とりどりのサイリウムが輝く。 2 曲⽬『⼤⼈列⾞』を可愛らしく歌い上げ、会場のボルテージはどんどん⾼まっていく。そして、息つく暇もなく 3 曲⽬に突⼊。披露した楽曲は、『意思』。激しい楽曲を、軽やかに美しく歌い踊った。 そのまま 4 曲⽬『突然 Do love me!』を熱唱。これまでの3曲とは少し違った、クールで妖艶な曲。可憐な笑顔の中、時折⾒せる⼤⼈の表情にドキッとさせられる。5 曲⽬は『12 秒』。ここまで⼀切 MC を挟まず、⽴て続けにパフォーマンスを⾒せてきたが、疲れを全く感じさせない。全⼒の歌とダンスで、さらに会場を沸かせる。 


そして、ラスト6曲⽬は「UNIDOL って『最⾼かよ』︕」の煽りとともにスタートした、HKT48 の代表曲『最⾼かよ』。曲の中に MIX が盛り込まれており、HKT48 のライブでは定番の“沸き曲”だ。声が出せない中、サイリウムを⼒強く振ってメ ンバーのパフォーマンスに応援する観客たち。そんな会場のパワーに負けない堂々たるパフォーマンスで、観る者すべてを圧倒した。 怒涛のライブステージで、曲ごとに新しい顔を⾒せる表現⼒の⾼さは、正にプロ。UNIDOL とはまた違った魅⼒を⾒せつけ、会場をひとつにした HKT48 であった。 


<ライブ終了後 HKT48 特別インタビュー> 

イベント終了後、HKT48 の松岡はな運上弘菜、地頭江⾳々、松岡菜摘本村碧唯にインタビュー敢行。ライブの感想や、バレンタインデー・ホワイトデーのエピソードなどについて聞いた。 


本⽇のライブの感想を教えてください。 

松岡はな

HKT48 としても久しぶりのイベントだったので、みんな緊張していました。始まる前に皆さんのパフォーマンスを観られたので、いつもより倍くらい⾝体が動きましたし、ファンの皆さんもすごく嬉しそうに観てくださったので、⼼の底から「今⽇はすごく楽しかったな」と思えるライブでした。 

地頭江

皆さんのパフォーマンスがすごくて、「⼤丈夫かな︖ 負けちゃうんじゃないかな︖」と思うくらいのパワーを感じました。久しぶりに、こんなにドキドキしました。


 ― UNIDOL で気になったチームはありましたか︖ 

松岡はな

2 ⼈でパフォーマンスされているチームがいらっしゃって、「すご︕」って思いました(笑)。

私たちは⼈数が多いので、緊張してるときでもみんながいるからちょっと安⼼するんですよ。でも、あの⼤きなステージに 2 ⼈だけで⽴たれていた のは驚きでした。 

地頭江

1 ⼈でパフォーマンスされている⽅もいたよね︕ 私が印象に残っているのは、敗者復活戦で『メロンジュース」』とか『最⾼かよ』とか、HKT48 の曲を使ってくださっているチームがいたことです。だからちょっと安⼼しました(笑)。すごく 嬉しかったです。 


おっしゃる通り、UNIDOL 出場者の中には、HKT48 の皆さんに憧れている学⽣もたくさんいます。皆さんから、 パフォーマンスのアドバイスがあればぜひ教えてください。 

本村

⾃分たちが⼀番楽しむことが⼤事だと思います。⼼から楽しんでパフォーマンスしていると、表情も明るくなるし、 観てくださっている⽅に気持ちが伝わりやすくなります。

緊張はすると思うんですけど、ステージに⽴ったらやるしかないので、 パフォーマンスすることを楽しんで、「全部出し切るぞ︕ 楽しむぞ︕」という気持ちで臨むのが良いと思います。 

松岡菜摘

練習場には鏡があって、⾃分の顔しか⾒えないけれど、ステージに⽴つと⾒えるお客さんの顔とか、臨場感、その場の空気感を楽しむことが⼤事です。

練習してきた技とかじゃなく、⾃分のそのときの感情を⾃然に出せたとき、「今⽇は楽しかったな」と思えるステージになると思います。 


ユニドルは⼤学のコピーダンスサークルということで、HKT48 の皆さんが学⽣時代に打ち込んだことについて教えてください。 

運上

私は学⽣時代テニス部だったので、暑い⽇に外で何キロも⾛ったりとか、⽇焼けしながら毎⽇部活に励んでいました。 

本村

でも、学⽣時代もわりとずっと HKT48 を頑張っていたかもしれません。学校が終わってすぐにレッスンに向かったりとか…。 

松岡はな

体育祭とか、学校⾏事はなかなか参加できなかったので、羨ましいなと思ってましたね。 


話は変わりますが、バレンタインが終わり、もうすぐホワイトデーがやってきます。バレンタイン・ホワイトデーにまつわ るエピソードがあれば教えてください。 

地頭江

コロナ前までは、下野由貴さんが本格的なホールケーキを作って持ってきてくださっていて。バレンタインが近い公演のときは、みんなでそのケーキを⾷べるっていうのが私たちのイベントになっていました。

でもここ数年、ずっとケーキが⾷べられていないのがすごく寂しいなと思っています。本当に、ケーキ屋さんみたいなすごいケーキを作ってくださるので…。 

本村

だいたい何⼈かは職⼈がいるんだよね(笑)。 


ちなみに、この中に“職⼈”はいらっしゃいますか︖ 

全員

なっちゃん︕(笑) 

運上

いや…お菓⼦は分量が細かいので、失敗しちゃうことが多くて。お料理は好きなんですけど、バレンタインはもらうほうが多いです。 

松岡はな

私は完全にもらう専⾨です。バレンタインにもらうだけもらって、そのまま誰にも返しません(笑)。

美味しくいた だいて、「ありがとう〜︕」でおしまいです。みんなのお菓⼦が美味しいので、市販のものを返すのも微妙だなと思って、あげてません(笑)。 


最後に、今回 UNIDOL に出場した全チームに、激励のメッセージをお願いします。 

運上

皆さんのパフォーマンスを観て、本当にアツい思いやパワーをもらえたので、私たちもその後のパフォーマンスを頑 張ることができました。そして、ステージに⽴てるありがたみを改めて感じさせていただけた 1 ⽇でした。皆さんには感謝の気 持ちでいっぱいです。

皆さんの⻘春がこれからも続くように、私たちもずっと応援しています。


■HKT48

【セットリスト】

TRACK.1 早送りカレンダー

TRACK.2 大人列車

TRACK.3 意志

TRACK.4 突然Do love me!

TRACK.5 12秒

TRACK.6 最高かよ

【出演メンバー】

石橋颯今村麻莉愛、運上弘菜、神志那結衣堺萌香武田智加地頭江音々、渕上舞、松岡菜摘、松岡はな、宮﨑想乃、本村碧唯

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)