乃木坂46星野みなみ アイドル最後の日、“可愛いの天才”が牽引した10年

アイドル 公開日:2022/02/13 11
この記事を
クリップ

乃木坂46星野みなみの卒業セレモニーが12日、東京国際フォーラム ホールA開催された。新型コロナウイルス感染対策のもと、会場には5,000人のファンが駆けつけ、有観客での開催となった。


オープニング曲は、デビュー・シングル『ぐるぐるカーテン』からスタート。ちょうど10年前の当時、生駒里奈&生田絵梨花と共にフロントメンバーに抜擢された星野にとって記念すべき楽曲でスタート。


パフォーマンス終了後のMCでは、キャプテン秋元真夏樋口日奈がオープニングにも関わらず、既に涙を流しながらのトーク。10年間を共に歩んできた星野のラストステージを噛みしめてのものだが、1期生同士の絆が改めて伺えた瞬間でもあった。星野は「本番前の楽屋でもみんなで楽しく過ごしていて、正直実感が湧いていなかったんですが、ファンの皆さんのサイリウムやタオルを見て、ようやく実感が湧いてきました。」と星野らしくマイペースにコメントした。


続いて3期生 久保史緒里&4期生 矢久保美緒のMCによる“星野みなみのクイズコーナー”へ。

星野にまつわる事がクイズとなり、期別ごとで競い合う内容だが、星野の人間性が垣間見れる答えばかりで、ほのぼのとした空気が会場を包んだ。


『指望遠鏡』『失いたくないから』の2曲をパフォーマンス後、再びクイズコーナーの後半戦へ。

最後の問題を正解したら“みなみ”にかけて373ポイント獲得とバラエティらしい煽りをみせる久保。最後は、星野に憧れる向井葉月が奇跡の正解で一発逆転、見事3期生を勝利に導き、星野から記念にクマのぬいぐるみなどの“くま詰め合わせ”がプレゼントされた。


その後『シャキイズム』『ロマンティックいか焼き』『Am I Loving?』を3曲立て続けに披露。特に『Am I Loving?』は、1期生と一番長い時間を共にした2期生メンバーとパフォーマンス。年齢も同じで、プライベートでも仲が良い北野日奈子を中心に、2期生メンバーとの思い出話しに花を咲かせた。


後半戦は星野が参加したユニット曲などを中心に展開。

向井との共演となった『無口なライオン』は、感極まる向井を優しく包むお姉ちゃんのような星野が逞しくも見え、同曲の「強く生きる事が君の仕事なんだ」という歌詞にオーバーラップして感動的なステージに。また『制服を脱いでサヨナラを…』は、齋藤飛鳥とのユニット曲で2015年に発売された楽曲。当時は2人ともまだ高校に通いながらアイドルを行なっていた時期で、これから社会へ出ていくリアルな歌詞が、2人にマッチしていて話題となった楽曲だ。間奏中でのトークは、齋藤が「泣いてない、ちがう、ちがう」、星野が「泣かないって言ったじゃん。泣いたらみなみも泣く…」とお互いに涙をこぼし、「泣き顔見せるの嫌なんだよね」「うん、嫌だよね」「違うようで2人は似てるんだよね」と、苦楽を共にした盟友との別れを惜しみながらパフォーマンス。秋元と和田まあやも「モニターを見ててほんと泣きました」と、号泣したことを告白。そして2ndシングル『おいでシャンプー』で本編が終了した。


アンコールでは、冒頭で星野がステージ上でMCを。「13歳で乃木坂46に入り、デビューシングルでいきなりフロントメンバーに抜擢された時は本当に自信がなく、その後 選抜に選ばれない時期もありましたが、皆さんの声援で少しずつ自信がついて、ここまでやってこれたと思います。私は乃木坂46の卒業と共に芸能界からも引退するので、皆さんとお会いする機会もなくなりますが、今の私に後悔はなく、これからは皆さんと同じように乃木坂46を応援していきたいと思います。」


大粒の涙を流しながらのMCではあったが、この10年間でアイドル、そして芸能界にピリオドを打つ星野に、どこか清々しさを感じた。その後『初恋の人を今でも』を披露。4期生から掛橋沙耶香、3期生 向井葉月、2期生 北野日奈子、1期生から樋口日奈が、星野との素敵なエピソードを交えて、涙で最後のあいさつ。星野は「泣きすぎて頭痛くなっちゃよー」と可愛くつぶやいた。そして“アイドル星野みなみ”最後の1曲は、彼女と言えばこの曲、『あらかじめ語られるロマンス』を精一杯披露し卒業セレモニーの幕は閉じた。ファンからの「10年間可愛い♡をありがとう」と書かれたプラカードが会場を埋め尽くし、みんなから愛された星野らしい景色が広がった。


マイペースで愛おしい妹キャラクターで愛され続けた星野みなみ。実は本当は真逆で、いつも他のメンバーへの気遣いを忘れず、芯の強い正統派のアイドルであった。芸能界からも去ってしまう事は寂しい限りだが、ひとりの女性“星野みなみ”の第2の人生を応援したい。



■乃木坂46 星野みなみ 卒業セレモニー@東京国際フォーラム ホールA

2022年2月12日(土)

M1:ぐるぐるカーテン

M2:指望遠鏡

M3:失いたくないから

M4:シャキイズム

M5:ロマンティックいか焼き

M6:Am I Loving?

M7:無口なライオン

M8:Threefold choice

M9:制服を脱いでサヨナラを・・・

M10:全部 夢のまま

M11:そんなバカな・・・

M12:おいでシャンプー

本編終了

EN1:初恋の人を今でも

EN2:あらかじめ語られるロマンス


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)