マジパン、沖口優奈 激動の6年振り返りメンバー号泣「感受性豊か過ぎ!」

アイドル 公開日:2022/02/15 13
この記事を
クリップ

新体制発足以降は「世界中の毎日をキラキラハッピーにする!!」をコンセプトに改めた、5人組アイドルグループ「マジカル・パンチライン」通称マジパン。紆余曲折あった活動も、2022年2月19日で結成6周年を迎える。


そんなマジパン6周年を記念して2月23日には、新宿 ReNY にて結成 6 周年記念ワンマンライブの開催、さらに2ndアルバム「キラハピ☆THE WORLD」がリリースされる。


今回は5人のメンバーに新体制の1年、そして沖口優奈には激動の6年を語ってもらったところ、思わぬ号泣インタビューとなった。


王道アイドルソングからファンキーな楽曲に聴かせるバラードと幅広い内容のアルバムに仕上がっていますが、出来栄えや自信のほどはいかがですか?

吉澤悠華

新体制の曲もあり、最初はマジパンのテーマでもあるキラハピなキラキラ曲からスタートして、カッコいい曲だったり、おしゃれな曲だったり、色んな世界が広がります。

夏曲やハロウィン曲、クリスマスソングなど、四季折々の魅力が感じられる曲も詰まっているので、凄いです!

1年間楽しめますので、1年中聴いてほしいアルバム。そんなカワイイアルバムです!


山本花奈

女性目線の曲だけでなく、男性目線の曲もあったりするので、このアルバムは男性でも女性でも、どっちも楽しめる、「老若男女」が楽しめるアルバムになっています!

最近この「老若男女」という言葉を覚えたばっかりなので、使えて嬉しいです。


一同:

(笑)。


アルバム制作中やレコーディング、MV撮影などで印象的な出来事やエピソードなどございましたら。

宇佐美空来

エピソードと言えば、「Shiny Shoes」のMV撮影の時、悠華ちゃんと一緒に撮影場所に向かったんです。2人で待ち合わせた時間に合流したんですが、なんだかまだ人も少なくて車も走ってないんですよ。

不思議に思いながらもスタジオに到着したんですが…、ここにも人がいなくて!

そうこうしてるうちに時間も経ってきちゃって、撮影もスタート時間を過ぎてしまってヤバいヤバいって!

私たちはメンバー同士の位置情報を共有してるんですが、まだ家に居る子とかもいて、もうパニックになってしまって!

そこで、マネージャーさんに連絡してみたら…、「1時間あとじゃない?」って言われて(笑)。


山本花奈

私なんか何故か2人に寝坊扱いにされてて。


一同:

(笑)。


吉澤悠華

そうなんです。私のせいで空来ちゃんを早起きさせてしまって。

MV撮影って朝早かったりするんですが、私たち二人はもうファミレスでオニオンスープを飲んだり、公園で遊んだりしてからの撮影だったので、他のみんなが眠そうな中、バッチリ目もガン開きで撮影できました!


一同:

(笑)。


沖口優奈

私はプロデューサーも兼任という形でやらせて頂いているのですが、今回のアルバムに関しては、どの曲にも「こういう曲が欲しいんです!」というリクエストを積極的に出し、それがそのまま実現したという思い入れの強い作品です。

特に「あいわなびー」をONIGAWARAさんに作って頂けたのは、凄く嬉しかったですね。

シティポップのONIGAWARAさんらしいドラムっぽいバンドサウンドで、疾走感ある曲。それでいて歌詞は思春期の男の子というマニアックな歌詞!

もともと、歌詞に関しては、「変態チックな感じで!」ってお願いしていたんです。


一同:

(笑)。


「変態チックな感じで!」というオーダーもなかなか無いですからね!これは挑戦し甲斐があったでしょうね!

沖口優奈

こんなお願いなのに、出来上がった歌詞は見事に変態チックでキュンキュンするものに仕上がってるんですよ!韻の踏み方も秀逸ですし!

この曲は私も普通に大好きな1曲です!

どれも思い入れ強いかとは思いますが、みなさんのお気に入り楽曲とその理由を教えてください。

山本花奈

私は「Spotlight」が好きです。

この曲は今までのマジパンにない新曲で、ディスコサウンドなところが凄く好きです。

歌詞も面白いですし、最後のRAP部分も聞き所です。

歌っていて楽しいので、レコーディングもノリノリで挑めました!


益田珠希

私は4曲目の「Magical Zombie Night〜イタズラしちゃうぞ♡〜」です。

空来ちゃんのRAPの部分がお気に入りで、ここはいっつもノリノリで踊るんです。

フリとフォーメーションもちょっと難しい曲なんですが、その分出来た時に楽しいので大好きです。


吉澤悠華

私は2曲あって、1曲は「Shiny Shoes」で、もう1曲は「やみー」です。

かわいい曲とカッコイイ曲という正反対な2曲ですね。

「Shiny Shoes」はアイドルらしい楽曲で、ファンの方に向けた指さしポーズでレスを贈れるので、初披露の時からファンのみんなも楽しんでくれています。

「やみー」は仮歌の段階から、「めっちゃ好きだな!」と思っていて、普段でもふとした瞬間に聞きたくなっちゃう曲です。

今までのマジパンにはないタイプの曲なので、アルバムの中でもカッコイイアクセントになっています。沢山の方に聴いていただきたいです!


宇佐美空来

私も、2曲ありまして、1曲目は「くっりっすっまっすっ」です。

12月は私の誕生月でもあり、クリスマスはそもそも好きなんですが、歌詞全体から発せられる、「老若男女全ての方に、私たちがプレゼントをあげるよ」という雰囲気も凄くかわいいですし、誰でもサンタさんになれて、好きな人や大切な人にプレゼントをあげられるんだよというストーリーも感じられて好きです。

「はしゃぐよ子どもたち」のパートを歌わせてもらっているんですが、私は子どもっぽいねと言われることが多いので、この歌割りをもらえたのも嬉しいポイントです。

もう1曲は「メロディーズ」です。

この曲はもう歌詞全部が好きなんですけど、花奈ちゃんから繋がった、「涙じゃツライ なら悲しみバイバイ」の部分が感動的で、歌詞を噛みしめながら歌うと涙があふれてきちゃうんです。

なので、みなさんにも感動してもらえるように表現できたらいいなと思っています。


沖口優奈

全ての楽曲を客観的に聴いて、一番好きだろうなと思うのは「あいわなびー」ですね。この曲はさっき語ってしまったので、2曲目として「ずっと...」を推したいです。

アルバムの最後にバラードで、私自身が今までの6年間いろいろな経験をして、メンバーの卒業があり、それでもずっと残って、1人のメンバーとして見てきた景色から、作詞にも携わらせてもらった楽曲です。

どの曲もキラハピなんだけど、この曲に関しては「マジカル・パンチラインそのもの」になっていたらいいなと思っています。

この6年間で一度全てを振り返って、思っていたことが歌詞になり、ようやく7年目以降に繋げていくことが出来ます。

そして、これからもずっと歌い続けられたらいいなという思いも込められています。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 28件)