“スタッフも思わず自主規制” 電撃ネットワーク VS #ババババンビ、パンスト相撲の衝撃

アイドル 公開日:2022/02/05 11
この記事を
クリップ

7人組アイドルユニット・#ババババンビが、公式 YouTube チャンネル「#ババババンビ公式チャンネル」内のエンタメ企画シリーズ「#ババババンビのババババングミ」にて、パフォーマンス集団・電撃ネットワークと衝撃の異色コラボした動画を公開した。 


#ババババンビは、”話題の美女軍団”として生まれた 7人組アイドルグループ。全国でのライブ活動を行うほか、多数の新聞や雑誌、や WEB メディアへでも掲載されるなど、”圧倒的な顔面偏差値”として話題を呼んでいる。更に個人の活動も目覚ましく、センターの岸みゆがグラビア雑誌へ掲載されるほか、水湊みおが 1st 写真集を発売するなど 2022 年の活躍に期待が寄せられている。 


岸みゆが自身の公式 Twitter にて「パンスト・・・おわった・・・笑笑笑どうか嫌いにならないでね」と投稿するとファンからは「予想だにしないコラボもっと好きになった」「凄いコラボだ」「楽しみすぎる」と動画公開を待ち望むファンの声が殺到。 動画冒頭では、電撃ネットワークお馴染みのダンスをなぜか踊らされるメンバー。池田メルダから「これ何のポーズですか?」と質問すると「電撃ネットワークさんのポーズです。」と教えられ、本チャンネルでも電撃ネットワ ークとのコラボを行うことがメンバーに明かされる。 


電撃ネットワークが登場し、コラボ企画内容が「パンストを被ってパンスト相撲をして貰います」とメンバーに告げられると、企画を知らなかったメンバー一同は「きゃー」と頭を抱えながら困惑。テロップには、「もっと過激なことをさせたかった」とスタッフの本音が漏れるが、パンスト相撲に負けると更に罰ゲームがあると知り、最年少の宇咲は、「それが(罰ゲーム)じゃなくて?」と、もはやパンスト相撲企画自体が罰ゲームであると落胆する。 


企画が始まるとまずは、マイケルジョーダンの甥っ子のリチャード VS センター岸みゆの対戦からスタート。ゲームが始まると、思わずスタッフが岸みゆの顔に自主規制としてモザイクをかけるほど本気で戦う 2人。 そして次は顔面ピアスのランディ VS 近藤沙瑛子が対戦。普段大人しい方のメンバーだが「絶対負けたくな い」と大きな声を出し根性を見せながら爆笑の戦いを繰り広げる。 更に、ギュウゾウVS 最年少・宇咲は「自分が負けます」と心理戦を仕掛けながら試合スタート。宇咲の裏切りにギュウゾウから「バラエティを分かってないよ」とお叱りが。 吉沢朱音・水湊みお・池田メルダ・小鳥遊るいも個性全開でパンスト相撲に挑む。


今までも本チャンネルでは虫を食べるなどアイドルらしからぬ企画に体当たりで挑戦してきた#ババババンビは、電撃ネットワークとのコラボでも根性と 7人各々の個性全開で挑む。 果たして、顔面パンスト相撲に勝利して罰ゲームを逃れることができるのか!?顔面パンスト相撲を超える罰ゲ ームとは一体何なのか?是非、全容は本チャンネルにてお楽しみいただきたい。 また、同日に電撃ネットワーク公式 YouTube チャンネル「電撃 TV / 電撃ネットワーク公式」にて、電気メーカーに扮した電撃ネットワークメンバーが#ババババンビにドッキリを仕掛ける動画も公開したので、本動画と併せてご覧いただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)