乃木坂46 北野日奈子卒業を発表、4月いっぱい予定 29thシングルは参加せず

アイドル 公開日:2022/01/31 13
この記事を
クリップ

乃木坂46の2期生メンバー北野日奈子が公式ブログで卒業を発表した。

 

「私はこの先もずっと続いて行くであろうこの道とは違う、新しい道へ進むことに決めました」と始めた北野は、丁寧に書き連ねた長文のブログで今の思いを綴った。

 

卒業を決意したのは、「優しくて温かいこの場所を離れることを決めたのは去年の今頃です」と告白。「私の『いつか』はいつ来るのだろうと卒業をしていったメンバーを送りながら、頭の中にあるはずの『いつか』をいつも探していました」と思いを吐露しながら、

 

自分の靴の紐を何度も結び直し冷静になっては涙で前が見えなくなったり、普段通りが普通が分からなくなり朝が来るのが怖い時もあったけれど、

どんな私でも受け止めてくれた大好きなみんながいるこの場所。

そんな自分にとって特別な場所から、自分の意思で去ることを決めました。

 

私は乃木坂46を卒業します。

 

 と、ついに“卒業“の二文字を切り出した。


ファンには「思いに言葉が足りなくて、何を言っても伝えきれません。こういう時に困らないように、もっと勉強しておけばよかったとちょっと後悔します。笑」と、北野らしいお茶目な面も感じられる、温かいメッセージを面々と綴り、卒業時期に関しては、4月いっぱいを予定しているとした。

 

さらに、29枚目のシングルには選抜アンダーとしては参加しないことも表明し、「選抜アンダーとして最後の参加曲のポジションは選抜二列目下手端でした!上出来です。有難いです」と感謝を述べた。


3期、4期生、同期、先輩に向けそれぞれに感謝の気持ちを述べていく北野。文章を追うだけで、北野の9年に及ぶ“乃木坂人生”の矜持を感じずにはいられない。

 

先行カットが公開されるたびに話題をさらっている北野の2nd写真集『希望の方角』が2月8日に発売されるが、「写っている本人の私が泣きそうになってしまう笑。本当に素敵に仕上がりました。もう少し、楽しみに待っていて下さると嬉しいです」とコメント。『希望の方角』。タイトルが示す意味が今日、明らかになったような気がする。

 

北野は、2013年3月に乃木坂46第2期生オーディションに合格。2014年の8thシングル『気づいたら片想い』 で初の選抜入りを果たした。表題曲の選抜入りとしては『裸足でSummer』『サヨナラの意味』 『インフルエンサー』『いつかできるから今日できる』『Sing Out!』『夜明けまで強がらなくてもいい』『しあわせの保護色』『君に叱られた』で選抜入りしている。(配信限定シングルを除く)

※本記事は掲載時点の情報です。