乃木坂46新内眞衣、2nd写真集は“集大成”、卒業直前の心境も明かす

アイドル 公開日:2022/01/25 15
この記事を
クリップ

乃木坂46新内眞衣が25日、2nd写真集『夜が明けたら』(小学館刊)の発売記念プレス限定オンライントークセッションに出席した。


乃木坂46の最年長メンバー“お姉さん”として仲間や後輩たちを引っ張ってきた新内にとって4年ぶり2冊目となる同写真集。1月22日に30歳を迎えた新内の“大人の女性”としての魅力が映える、歴史的風情の残る街・金沢と、デビュー当時OL兼アイドルという“二刀流”だった彼女の思い出の街である東京・有楽町を舞台に撮り下ろし。約9年間のアイドル活動の集大成となるこの1冊は、“アイドルらしさ”と“かっこいい大人の女性”が共存した作品になっている。


写真集が発売された心境を尋ねられた新内は「前から2冊目の写真集を出したいと思っていたので、ようやく発売の日まで来られてすごく嬉しいですし、みなさんのお声を早く聞きたいなという気持ちです」と声を弾ませ、同取材の前にパネル展が行われている書店を訪問したそうで「今までお世話になった書店さんとかにたくさん積み上がっている姿を見て、みなさんの手に早く届きますようにというのと、これまで頑張ってきてよかったなって思いました」とにっこり。


「1st写真集と比べて、自分の意見もたくさん反映させて頂いたので、写真集ってこんなにたくさんの人と、たくさんの話し合いがされてやっとできているものなので、ありがたみというのも再確認できて、みなさんと頑張ってきてよかったなって思いました」と晴れやかな表情を浮かべた。


また、お気に入りには泡風呂のカットを挙げ「これは“脚!”って感じで、私はすごく好きです。泡もいい感じでスタッフさん総出で作ってくださったんですけど、2種類の泡を使っていて、泡立つ入浴剤とムースのような泡を融合してこのカットができているので、スタッフのみなさんと私の努力の結晶です。流れすぎず、まとわりすぎないという素敵な泡です」と胸を張り、さらに犬とのカットも挙げた新内は「これ、よく見ていただくとわんこにピントが行っているんですね。カメラマンさんがわんこのことが好きすぎて(笑)」と口を尖らせつつ、「これはこれでかわいいのでお気に入りです」と笑顔を見せた。


そんな同写真集に自己採点をするようお願いされた新内は「1stのときは『100点』って言っているので、自分の年齢も込みで130点でお願いします」と満足げな表情を浮かべ、同写真集に対する思いを聞かれると「この写真集を作るまでにいろんな話し合いをしてきたのですが、最後に写真集を出して(乃木坂46を)卒業したいなという思いを汲んでくださったみなさんのおかげでこの写真集ができています。ファンのみなさまにも、1stから知ってくださっている方も、最近知った方も、いろんな人が見ても“9年間楽しかったんだろうな”という写真集になっていると思うので、ぜひみなさんの手に届けられたらいいなと思います。ぜひよろしくお願いします」とアピール。


さらに、同取材の3日前に30歳となった気持ちを聞かれると「精神年齢がずっと25〜26歳で止まっているので、30になったんだという気持ちもありますし、30歳になったからこそ、大人の自覚を持って、品格のある女性になりたいと思っています。今、勉強中です(笑)」と意気込み、どんな30代を過ごしたいか追求されると「私の周りの大人たちが30代、40代の方が多いんですけど、『30代が1番楽しいよ』って言ってくださるので、私が年齢を重ねたときに『30代が1番楽しいよ』って言える大人になりたいなって思います」とコメント。チャレンジしたいことについては「1〜2年前からピラティスを始めたので、ピラティスをもうちょっと極めたいなって思ったります」と打ち明けた。


そして、2月10日に卒業セレモニーを控えている新内だが、乃木坂46のメンバーとしてやり残したことはないか尋ねられると「やり残したことは正直1つもなくて、写真集を出せれば私の集大成として1つの作品ができるということで、誇りを持って卒業できるなって思っていたんですけれども、最後に卒業イベントまで開催させていただけることになったので、最後に向けて調整中と言いますか、本当にやり残したことはないなって、今でも思いながら、最後の日に向けて楽しんでいます」と胸の内を明かした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 22件)