エビ中真山りか、6回目の生誕ソロライブ開催「強くなくていいんです 自分に負けないでください!」

アイドル 公開日:2022/01/18 10
この記事を
クリップ

私立恵比寿中学(エビ中)の真山りかが、6回目となる生誕ソロライブ「まやまにあ-Level.6-」をZepp DiverCity (Tokyo)で2ステージ開催した。今回はセカンドステージの模様をお届けする。

 

エビ中バンドでもおなじみの橋本しん(Sin)率いるベース、ギター、パーカッションというアコースティックな編成での4人のバンドメンバーとともにお送りするライブ。


ニコニコ動画ではプレミアム会員と、「真山りかのアニメ300%」に登録している会員が視聴可能な生配信も実施された。

 

メンバーがポジションにつくと、静かに『キラキラネスキラネス』でライブは幕を開けた。グルーヴ感あふれる演奏をバックに高速ラップともいえるような歌詞もこなし、続いて昨年の「ちゅうおん2021」でもカバーコーナーで披露していた松原みきのカバー『真夜中のドア』をボサノバアレンジでしっとりと歌い上げた。メンバー紹介も交えた和やかな最初のMCをはさんで、松田聖子、岡村靖幸、aikoというアーティストたちの「愛」でくくられる名曲のカバーを続ける。

 

ここから髭ダンの名曲『Hello』もボサノバアレンジでじわっと会場の熱を上げると、『1/2』そして自らも主題歌を歌った『LIARMASK』と、アニメ愛あふれる真山らしいコーナーを展開していく。


本編最後の4曲はエビ中とソロのレパートリーから。マカロニえんぴつに提供された『愛のレンタル』はギター1本でしっとりとエモーショナルに表現してくれた。


「ライブで一番の希望だと思っていることは、『また明日』が言えることだと思っています。」と、オーディエンスや配信で見てくれたファンへの感謝の言葉から「さよならばいばいまた明日」を披露し、本編は終了した。

 

アンコールはサンボマスターのカバー『輝き出して走ってく』を「強くなくていいんです。自分に負けないでください!」というエモーショナルなメッセージで送り、最後は会場のお客さんの多幸感あふれる満場のクラップで「Anytime, Anywhere」でライブを締めた。

 

私立恵比寿中学は、2022年3月23日に発売されるニューアルバム『私立恵比寿中学』より、第一弾リード曲『Anytime, Anywhere』が配信中。この曲は現在『常緑』がTikTokを中心に大きな反響が拡がっている注目のシンガーソングライター、大橋ちっぽけの初の提供曲となっており、配信サムネイルはメンバー小林歌穂が書下ろしでデザインを手掛けている。


先日ファンから投稿された画像を中心に構成されたリリックビデオや昨年の大学芸会のライブバーションも公開され、話題を呼んでいる。

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)