HKT48初代センター、田島芽瑠が卒業を発表「女優という夢に向かって」

アイドル 公開日:2022/01/15 15
この記事を
クリップ

HKT48初代センターとしてグループの歴史に名を刻む 田島芽瑠が15日、福岡・西日本シティ銀行 HKT48劇場で行われた公演でグループからの卒業を発表した 。


グループの公式サイトによると、「田島芽瑠とは卒業に関して、話し合いを重ねてまいりましたが、本人の意向を尊重した結果、大変残念ではございますが、2022年4月3日(日)のHKT48 2ndアルバム 『アウトスタンディング』劇場盤発売記念「2ショット写真会」をもって、活動を終了させていただきます」と報告された。



また、卒業公演は西日本シティ銀行 HKT48劇場にて、2022年3月14日(月)に開催されることも合わせて発表された。

公式Twitterでは「女優という夢に向かって新たな一歩を踏み出すことを決めた彼女の背中を、皆さんで押してくださると嬉しいです」とコメント。あと3ヶ月弱となったグループでの活動を最後まで応援してほしいとファンにお願いした。


田島は2012年に2期生として加入。2013年3月発売のHKT48のデビューシングルとなる『スキ!スキ!スキップ!』で弱冠13歳にして、HKT48の記念すべき初代センターに抜擢され鮮烈なデビューを飾った。


写真:HKT48公式Twitter(@hkt48_official_)より引用。

※本記事は掲載時点の情報です。