AKB48、フレッシュコンサート&「エイトの⽇」5ヶ月遅れで実現

アイドル 公開日:2022/01/14 5
この記事を
クリップ

昨年、新型コロナウイルスの影響で開催直前に中⽌となってしまった AKB48 フレッシュメンバーコンサート(2021 年 8 ⽉ 7 ⽇)と、チーム 8 の恒例の 8 ⽉ 8 ⽇「エイトの⽇」コンサート(2021 年 8 ⽉ 8 ⽇)を、 1 ⽉ 12 ⽇・13 ⽇の2⽇間に渡って、パシフィコ横浜 国⽴⼤ホールにて開催した。 


1 ⽉ 12 ⽇は「新春︕エイトの⽇ 2022 横浜おしゃれ祭り Cutie パーティ」を実施。 1 ⽉ 13 ⽇は「新春︕AKB48 フレッシュコンサート 2022〜冬もやっぱり AKB︕〜」 「新春︕エイトの⽇ 2022 横浜おしゃれ祭り Foxy パーティ」の 2 公演を実施した。 


1 ⽉ 12 ⽇は「新春︕エイトの⽇ 2022 横浜おしゃれ祭り Cutie パーティ」を開催。 

コンサートは、この⽇のために⽤意されたアコースティックバージョンの『根も葉も Rumor』からスタート。倉野尾成美がソロ で艶やかに歌い上げ、ダンスパフォーマンス集団・梅棒さんの演出で“どえらいダンス”とは全く違う雰囲気の『根も葉も Rumor』 を披露。意表をついたパフォーマンスで⼀気に観客を引き込む。『根も葉も Rumor』のタイトルにかけ「根菜」「葉野菜」 などの野菜に扮した「野菜シスターズ」⾐装のメンバーとエイトくんが登場すると、会場の空気が⼀変。コミカルな会話で会場の笑いを誘い、よもぎ姿の上見天乃が「野菜シスターズ」のセンターに⼤抜擢。続く『淡路島のタマネギ』でも、「淡路島のタマネギ が No.1︕」と宣⾔する兵庫県代表の福留光帆がタマネギ姿でセンターを務め、元気いっぱいにパフォーマンス。チーム 8 の若⼿メンバー⼤活躍のオープニングとなった。 


⾃⼰紹介タイムでは、⾊紙に書いた今年の漢字⼀⽂字を発表しながら⼀⼈ずつ⾃⼰紹介。先⽇ 10 ⽇に成⼈式を迎えた下尾みう は「磨」の⼀⽂字を選び「新成⼈になったのでいろいろなことを磨いていきたい」とコメントするなど、それぞれが⼒強く書いた ⼀⽂字とともに今年の抱負を誓った。ユニットでは、本⽥仁美ら関東メンバー7 名による『遠距離ポスター』や、『カッコ悪い I love you!』など 6 曲を披露。下尾みう・倉野尾による『伝説の⿂』では、息の合った圧巻のダンスパフォーマンスで観客を魅了した。 


また「エイトの⽇」2 ⽇間を通して、5 ⽉ 14 ⽇(⼟)開催予定の『GirlsAward』の出演をかけた「GirlsAward 出演権争奪 チ ーム 8 私服ファッションショー 2022︕」を実施。メンバーの私服コーデを『GirlsAward』関係者が審査し、「おしゃれ番⻑」を決定するという豪華な企画が実現。1 ⽇⽬のテーマ「隣のよこはまコスモワールドで遊園地デートコーデ」で審査に臨んだのは小栗有以岡部麟ら 16 名。客席からの撮影タイムも設けられる中、各メンバーが思い思いの私服コーデでステージ に登場し、ファッションアピール。『GirlsAward』の舞台に⽴つことができるのは⼀体誰なのか︖2 ⽇⽬への期待が⾼まる。 


キューティーな楽曲で最後までお祭り騒ぎ ⽩熱のファッションショーに続き、メンバーは私服姿のまま『BINGO!』のパフォーマンスへ。後半はチーム 8 のオリジナル曲 『好きだ 好きだ 好きだ』など可愛らしさ溢れる 5 曲を披露した。続く『⽣きることに熱狂を︕』では、メンバーの掛け声に合わせ、会場でウェーブが起こるなど、会場の熱気も最⾼潮に。曲を終えて、岡部は「素敵なウェーブ、ありがとうございました︕」と笑顔で挨拶。「また皆さんと⼀緒に声を出してコンサートを楽しめる⽇々が戻ってくることを祈っています︕」と想いを伝え、チーム 8 全員で『47 の素敵な街へ』をパフォーマンス。本編を終了した。 


アンコールの1曲⽬に披露したのは、チーム8の最新曲『⻄⾼東低』。『12秒』『ずっとずっと』に続き、左伴彩佳のピアノ伴奏で『365⽇の紙⾶⾏機』を全員で歌唱。アンコール最後の曲は『夢へのルート』。チーム8メンバーのキューティーな笑顔が輝き、最後まで観客と⼀体になった「Cutieパーティ」は幕を閉じた。 


1⽉13⽇は、「新春︕AKB48フレッシュコンサート2022〜冬もやっぱりAKB︕〜」を開催。ドラフト2期⽣の馬嘉伶、16期⽣、ドラフト3期⽣といった総勢28名のAKB48「若⼿メンバー」で構成された今回のフレッシュコンサート。前座では、1⽉10⽇(成⼈の⽇)に成⼈式を⾏った山内瑞葵ら新成⼈5名による『すべては途中経過』や、前⽇12⽇に開催された「第4 回AKB48グループ歌唱⼒No.1決定戦決勝⼤会」の出場メンバー、田口愛佳浅井七海ら4名による『泣ける場所』を披露し、会場を温めた。 


この⽇のために⽤意された新⾐装でメンバー全員が登場し、『Baby ! Baby ! Baby !』でコンサートがスタート︕『Seventeen』 『そばかすのキス』『⼤騒ぎ天国』と若さ溢れるエネルギッシュなパフォーマンスで、会場のテンションも⼀気に上昇。MCタイ ムでは、急遽出演が決まった西川怜永野恵が挨拶。今年3⽉中のAKB48卒業を発表した⻄川は「出ることができて嬉しいです︕」 と笑顔を⾒せた。 


 『⻘空カフェ』『MARIA』など6曲を披露し、稲垣⾹織・原案によるミニ⼨劇「AKB48を超える伝説のアイドルグループ誕⽣までの物語」が開演。稲垣の独特なペースで展開するコミカルな演技で会場を盛り上げた。 ドラフト3期⽣による『清純フィロソフィー』を筆頭に、16期⽣・ドラフト2期⽣メンバー&⾺嘉伶と、加⼊期ごとのメンバーパ フォーマンスが続く。『Bye Bye Bye』『純情主義』など4曲も⽴て続けに披露し、会場のボルテージも最⾼潮に。 


終盤は『⻩⾦センター』『法定速度と優越感』などの⼈気曲5曲をノンストップでパフォーマンス。⼭内が「(次の曲を)こん なに⼤きなステージで披露させていただけることがすごく嬉しいです︕」と感極まりながらも挨拶し、シングル初センターを務めた楽曲『失恋、ありがとう』を披露した。 


アンコール1曲⽬は『根も葉Rumor』。全⼒の“どえらいダンス”で最後まで魅せる。『恋⼈いない選⼿権』『ファースト・ラビット』を披露し、浅井が「この瞬間、私たちのできる全⼒を出そうと頑張ってきました。この景⾊に感動しました。先頭に⽴ っていけるメンバーが増えるように頑張ります︕」とフレッシュメンバーを代表してコメント。最後は『少⼥たちよ』でフレッシュコンサートは終幕を迎えた。


昨年の12⽉に組閣が発表され、フレッシュメンバーの中から⽥⼝と浅井が次期チームキャ プテンとなり、フレッシュさの中にも、新チームへの期待と覚悟を感じさせた若⼿メンバーたちによるステージ。会場は⼤きな拍⼿で満ち、すべてを出し切ったメンバーは晴れやかな笑顔でステージを後にした。 

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 34件)