アンジュルム上國料萌衣、B.LEAGUE 川崎VS群馬戦にゲスト出演

アイドル 公開日:2021/12/16 12
この記事を
クリップ

CMやバラエティ番組で活躍中のハロー!プロジェクトのアイドルグループアンジュルムのメンバー上國料萌衣が12月15日に川崎市とどろきアリーナで開催されたB.LEAGUE 2021-22 SEASON 第11節 川崎ブレイブサンダース VS 群馬クレインサンダーズ戦のオープニングトークショーとハーフタイムイベントにゲスト出演した。


上國料は年齢と同じ「22」の背番号のチームユニフォームを着用し、試合開始前のオープニングトークに登場。「今日は全力で応援します!」と観客へ挨拶。バスケットボール経験者ということもあり、「すごく迫力ある試合が見れそうで楽しみです。皆さんと一緒に思い切り楽しめたらと思います!」と初のBリーグ観戦の意気込みを見せた。


試合は 地元川崎のディフェンスと3Pシュートが光り、20点の差をつけ川崎リードで前半が終了。

ハーフタイムのイベントでは、再び上國料が登場し、自身が所属するアンジュルムの楽曲『46億年LOVE』に合わせて観客と一緒にダンスで盛りあげ、トークショーへ。上國料は中学時代のバスケット部の経験から得たものを質問され「アンジュルムは、いま9人で活動しておりますが、(バスケットボールと一緒で)チームプレーは大事だなと思っています。バスケの持久力もライブで生かされていたらいいなと思います。」と答え、2015年に川崎で行なったデビューイベントの思い出も語り、「いまここに立てているのがすごいな。」とこのコートに立てている感謝を述べてトークショーは終了。最後は、川崎ブレイブサンダースのマスコット「ロウル」と一緒にコートを一周しながら退場。その後は、観客席で後半戦を最後まで楽しんだ。終始、川崎が有利に試合を進め、81-63で川崎が勝利し、さらなる好調ぶりをみせた。


上國料は最後に「距離がとても近くて、迫力のある試合が見れました。選手の皆さんもカッコよくてめちゃめちゃ楽しかったです!またぜひ応援したいです!」と感想を述べた。また上國料は、新年恒例のハロー!プロジェクトのコンサートツアー「Hello! Project 2022 Winter 〜LOVE & PEACE〜」(全国7か所で開催)も出演予定となっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)