アプガ(プロレス)乃蒼ヒカリ、ブル中野からプロとしての流儀を伝授

アイドル 公開日:2021/12/16 13
この記事を
クリップ

アップアップガールズ(プロレス)乃蒼ヒカリが、12月15日に東京・タワーレコード池袋店で初のソロCD『I'm Alive』と写真集の発売記念イベント「HIKARI NOA Solo Project~Road to Death match~」を開催した。ゲストにレジェンドプロレスラーのブル中野が出演し、プロとしての流儀を乃蒼に伝授した。


乃蒼ヒカリは、アイドルとプロレスラーを両立させるアップアップガールズ(プロレス)のメンバーとして2017年にステージデビュー。2018年からは東京女子プロレスを主戦場に試合を行い人気実力ともに急上昇。現在は、東京女子プロレスのインターナショナル・プリンセス王座に君臨している。


彼女の初のソロCD『I'm Alive』と写真集は、クラウドファンディングが実施され目標金額を大きく上回る183%の達成率をマークし制作された作品となる。


乃蒼ヒカリはデスマッチファイター志望であることを公言している。彼女がデスマッチを行っていくためにも、プロレスラーとしてさらに上を目指すためにもレジェンドのアドバイスが必要ということで、今回ブル中野とのトークイベントが行われることとなった。


この日が初対面という乃蒼と中野だったが、プロレスという共通言語によって明るい雰囲気でイベントが進行していく。ブル中野は、80年代から90年代にかけて全日本女子プロレスに所属し、ヒールでありながら団体のエースとして活躍したまさにレジェンドレスラー。1990年11月のアジャコングとの金網デスマッチでの死闘は、現在も語り草になるほど衝撃を与えた名勝負である。中野が「金網デスマッチで、金網のてっぺんからギロチンドロップをやったのが31年前で、私22歳だったんです。(乃蒼が23歳だと聞くと)ちょうどデスマッチやりどきの年頃だね」「傷は今も残ってるんですよ。これはアジャの歯形だなとか思い出します」「金網のときに足を52針縫ったんですけど、肌色のストッキング履いてるとストッキングが伝線してるように見えちゃうんですよ(笑)」とにこやかに壮絶エピソードを語っていった。


中野の話に興味津々の乃蒼は「私、デビュー当初からデスマッチが好きで毎日でもやりたいくらいなんです。でも、なかなかできない状況もあるんです。他の選手が自分のやりたいことをいっぱいやってたりするとすごい焦ってしまうんです。それで、今だに自分のプロレスに自信が持ててない部分が正直あるんです。そういうとき、どうやってモチベーションを高めていけばいいですか」とアドバイスを求めた。


すると中野は「乃蒼さんは今すごく悩んでるってことは、このあとものすごい成長があると思いますね。彼女が絶対諦めない性格だというのは、いま話しててもすごく感じるので。あなたがデスマッチをやりたいのなら、ただ自分がやりたいだけじゃダメ。あなたのデスマッチが求められる状況を作っていくことが大事だと思うんです。そうなれば必ずやれるようになるから。それがあなたのプロレスだと思う。やりたいことをがんばって」と熱い言葉を送る。その言葉に乃蒼は「ハイ、私のデスマッチを見たいと思ってくれる人がいっぱい増えるようにがんばります!」と前向きな闘志を口にした。


イベント後のコメントで初のソロ曲『I’m Alive』について聞くと、乃蒼は「ロックのかっこいいサウンドで、最初に聴いたときからデスマッチで入場するシーンが浮かびました。やってやるぜ!って気持ちになれる曲ですね。あと、聴いた人にもパワーを与えられるかなと思います。仕事に行く前に聴いて、今日こそ上司をギャフンと言わせてやる!って思ってもらえるかなって。人の言いなりにならず、自分を突き通して欲しいなってメッセージも受け取って欲しいです」と楽曲に込めた思いを語った。


写真集については「普段のステージや試合での私とは違う、かわいい雰囲気やセクシーな姿が見れます。改めて自分で見ると、すごく恥ずかしいですね(笑)。でも最後は血まみれになってたり見どころがたくさんの写真集になっているので、ぜひ楽しんで欲しいです」とコメントした。


アイドルとして歌で新境地を開いた乃蒼ヒカリ。プロレスラーとしても抜群のセンスを磨きまくっている彼女。破天荒に突き進む乃蒼ヒカリの今後の動向にぜひ注目してほしい。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)