AKB48横山由依卒業公演、初代総監督 高橋みなみ登場「きれいだねぇ〜」

アイドル 公開日:2021/12/09 14
この記事を
クリップ

2009 年 AKB48 9期⽣として加⼊。2代⽬ AKB48グループ総監督を務め、12年間 AKB48を牽引し続けてきた横⼭由依が9⽇、AKB48劇場でアイドル⼈⽣の最後のステージとなる「AKB48 横山由依 卒業公演」を⾏った。 


メンバーに慕われ、厚い信頼を寄せられていた横山由依。2021年 11⽉ 27⽇に横浜パシフィコ⼤ホールで⾏った卒業コンサートは、そんな横⼭の⼈柄が溢れ出た愛に満ちたコンサートとなった。昨⽇29 歳の誕⽣⽇を迎えた彼⼥は、「AKB48劇場 16周年特別記念公演」で組閣による新チームの誕⽣と第 17期⽣オーディションの開催発表を⾒守り、本⽇、横山由依卒業公演をもって AKB48を卒業し、新たなステージへ進む。 


『⽬撃者』『RESET』『シアターの⼥神』と、横⼭が劇場で汗を流した思い出の詰まった公演曲でスタート。 横⼭は「横山由依卒業公演始まりました〜︕卒業を発表して、時間ってあっという間に過ぎるんだなと思いました。まだぜんぜん実感が湧かなくて…」と笑顔で挨拶し、岡部麟は「(横⼭の卒業コンサートの)アンコール曲 で横⼭さんがソロ曲を歌っていた時に裏でモニターを観ていて、みんなお互いの顔を合わせられないくらいボロボロに泣いていました」と、横⼭の⼈柄でメンバーのみんなに愛されていたというエピソードを披露。 続いて、派⽣ユニットNot yetの楽曲へ。昨⽇の組閣発表で新チームK のキャプテンに任命された田口愛佳と⼩栗有以・下尾みうの 3⼈と『週末 Not yet』を、加藤玲奈宮崎美穂・⼤家志津香と『波乗りかき氷』を、向井地美音谷口めぐ村山彩希とは『ペラペラペラオ』を披露しました。もともと部屋にポスターを飾るほどNot yetのファンだったと話す⾕⼝は「本当は客席でこのパフォーマンスを⾒たかったくらいです︕本当に派⽣ユニットの中でも⼀番好きなのでこうして⼀緒にできて嬉しかったです︕」とコメントした。 ⾃⾝のソロ曲『⽉と⽔鏡』を歌い上げ、共に AKB48を⽀えてきた柏木由紀とは『友達でいられるなら』をパフォ ーマンス。『純愛のクレッシェンド』では、岡田奈々CGM48伊豆田莉奈が登場。横⼭が「いずりな、本当にありがとう︕卒業コンサートで「卒業公演も出たいです︕」って直談判されて…センターを務めてもらいました (笑)」と話すと、伊⾖⽥は「(この曲の)センターは新ポジでした︕私もびっくりです︕」とコメント。柏⽊からは「卒業公演、直談判する⼈いないから︕今⽇の思い出をタイに持ち帰って︕」と突っ込まれ、笑顔が溢れる⼀ 幕となった。 


終盤は『⼤声ダイヤモンド』『ポニーテールとシュシュ』『重⼒シンパシー』などを次々と披露。『光と影の ⽇々』で本編を締めくくった。 アンコールでは軌跡映像で、正規メンバーへの昇格から NMB48との兼任・チームキャプテンの就任・AKB48グループ総監督の就任など、激動の⽇々を過ごした 12年間の AKB48⼈⽣を振り返り、卒業ドレスに⾝を包んだ横⼭がステージに登場。⾃⾝の卒業曲『君がいなくなる 12⽉』をこれまでの出来事を思い浮かべるように、優しく澄んだ瞳で歌い上げ、柏⽊・向井地・⼩栗らメンバー7 名と『GIVE ME FIVE』を満⾯の笑みでパフォーマン ス。ひとりひとりのメンバーと⾒つめ合いながら涙を流すシーンもあった。 


また、エンディングでは初代AKB48グループ総監督で 1期⽣の⾼橋みなみ(たかみな)がスペシャルゲストと して登場。「ゆいちゃん、卒業おめでとう〜。きれいだねぇ〜」と横⼭に花束を渡すと、感極まって涙し「ご卒業おめでとうございます。本当にすごく綺麗になって、卒業するメンバーの顔になってるなって思いました。AKB48グループ総監督は、ゆいちゃんだからお願いできたな、と思っています。こうしてたくさんの⽅々に⾒送られて、 先輩後輩問わず愛されている姿を⾒たら、きっとこれまでの経験を糧に活躍していくんだろうなって思いましたし、卒業して本⼈はもちろんですけど、グループにとっても変わるタイミングになると思うので、AKB48のこれからと、由依ちゃんのこれからをすごく楽しみにしています。⼼から卒業おめでとう︕」とお祝いの⾔葉を贈った。


横⼭は「たかみなさんの姿を傍で⾒てきて⽀えになりたいなと思って総監督になりました。たかみなさんが⾔ってくれたように、私もみーおん(向井地)がいたから卒業できましたし、みーおんに繋げられて良かったなと思います」とコメント。続けてファンに「今この景⾊を⽬に焼き付けておきたいなと思います。私にもいろんな時期があって、本当にみなさんがいないと乗り越えられなかったと思います。私を⾒つけてくれて背中を押してくれたみなさんには感謝の気持ちでいっぱいですし、最後にこうやって楽しかったと思えて、メンバーに⾒送ってもらえてよかったなと思います。AKB48 がなかったらどうしてたんだろうと思うし、⼤切な場所だなと思います。これからは、ひとりの横山由依としてお芝居とか歌とかにしっかり向き合って、みなさんに夢とか希望とか与えて「頑張ろう」って思われる⼈間になりたいと思うので、元AKB48 メンバーとして恥ずかしくない活動をしていきたいと思います」と挨拶。しんみりしたムードで次の曲に⾏くのかと思いきや「たかみなさんは卒業する実感がありました︖」と、突然たかみなに質問。「いきなりきたね︕振り返ると私もそうだったけど、実感はなかなか湧かない。時間をかけて実感すると思うので、最後までAKB48でいてください」と返し、終始マイペースな横⼭に笑いが起こった。


緊張が解けたような温かなムードの中、満⾯の笑みで『桜の花びらたち』を歌唱。メンバーに向けて「昨⽇も 17期のオーディションが発表になったり、これからどんどん前に進んでいくAKB48が 楽しみだし、嫌なことがあったらみんないつでも連絡してください。でも本当に実感がなさすぎて…こんな感じなんやなって思う」と明るくコメントするも、次の瞬間は声を震わせて涙しながら「でもそれくらい私、毎⽇ 24時間 365⽇ AKB48でいられてたんだなって思うし、私、本当にメンバーのことが好きすぎて… 今⽇も楽屋で普通にわちゃわちゃしてたけど、それができなくなるのが寂しい。でも前向きな卒業だし、みんなのことも何も⼼配してないからプライベートで遊んでください︕」と声をかけまた。向井地は「寂しいな…という気持ちなんですけ ど、⾟いことがたくさんあっても、今⽇この最後の瞬間に楽しかったと⾔えることが素敵だな〜と横⼭さんのことを⾒ていて思ったので、みんなそれぞれ頑張っていきます︕」と⼒強く語ると横⼭は「応援しています︕」と返し、最後は「本当に 12年間ありがとうございました」と挨拶。温かい拍⼿で包まれる中、AKB48横山由依の卒業公演は幕を下ろした。


©AKB48 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)