フィロソフィーのダンス、本物フラガールとコラボしたステージ全編MVを公開

アイドル 公開日:2021/12/01 7
この記事を
クリップ

FUNK・SOUL・DISCOのグルーヴに、哲学のエッセンスを加えた歌詞、そしてコミカルで個性的なダンスを武器に数々の音楽ファンをうならせてきた四人組アイドル、フィロソフィーのダンスが、オリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』の主題歌に起用されている新曲『サンフラワー』を12月1日にリリース、『「サンフラワー」MV~Live with Spa Resort Hawaiians Dancing Team ver.~』を公開した。


今回の映像では、映画『フラ・フラダンス』の舞台となっている福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズにて、映画の中で主人公たちが所属しているダンシングチーム、通称“フラガール”たちとフィロソフィーのダンスがコラボし、実際にお客さんの前で行ったライブの様子をフルで見ることができる。


オリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』水島精二総監督が「映画に対してのアンサー」になっているとコメントした今回のコラボレーションは、実際に映画を見たメンバーたちが、様々な背景を持ちながら同じ夢を追いかけ奮闘するフラガールたちの姿が自分たちと重なり、とても感銘を受けたことから今回の共演を熱烈オファーして実現したもの。すでに公開されている「サンフラワー」MVは、練習風景や、ステージが終わって涙するメンバーの姿を交えたドキュメンタリータッチの映像に仕上がっているのでこちらも要チェックだ。

さらに、11月29日には、水島精二総監督が監修した「フィロソフィーのダンス「サンフラワー」(映画『フラ・フラダンス』ver.)」のMVも公開したばかり。本編の映像が歌詞とリンクする形でふんだんに使われており、見ごたえのある作品に仕上がっている。


12月1日にリリースされた『サンフラワー』には、他にもLAほかアメリカ合衆国出身の凄腕ミュージシャンで構成されたバンド"GROOVE ASYLUM"とコラボした『ジョニーウォーカー』、奥津マリリが共作詞で参加した胸キュン必至のクリスマスソング『二人のエクリチュール』、そしてオリジナルバージョンのとはガラッと印象を変え、チルでGroovyなアレンジに仕上がった「気分上々↑↑」のカバーが収録されている。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)