NGT48小越春花 2作連続センターの7thシングル、タイトル&新アートワーク解禁

アイドル 公開日:2021/11/24 7
この記事を
クリップ

NGT48は12月22日(水)発売、7thシングルの楽曲タイトルやビジュアルを公開した。


10月30日朱鷺メッセで行われたNGT48単独コンサート内で7枚目のシングル発売決定がサプライズで発表され、翌日10月31日にNGT48劇場で行われた生配信イベント内で各楽曲の歌唱メンバーが解禁されていた今作。NGT48史上初の2作連続センターを清純派なビジュアルと独特な世界観で人気を集める小越春花(おごえはるか・2期生)が務める表題曲のタイトルは『ポンコツな君が好きだ』であることが解禁された。


また、NGT48を卒業した荻野由佳へ向けて作られ、10月30日の卒業コンサート内でサプライズ初披露された卒業ソング『私が一番言いたかったこと』はType-Aと新潟盤(ミュージックビデオはType-A,B,新潟盤へ収録)へ、2017年にUX新潟テレビ21にてテレビドラマ放送や劇場版公開もされた新潟県のローカルヒーロー『炎の天狐 トチオンガーセブン』のテレビドラマシリーズ第2弾挿入歌『僕らのトチオンガー』がType-Bに収録される。NST新潟総合テレビで12月20日より放送されるトチオンガー最新作には、ヒロイン・風見マリ役で大塚七海(2期生)ほか、小熊倫実(1期生)・小越春花(2期生)・諸橋姫向(2期生)の出演も決定している。


そして、劇場盤カップリングは川越紗彩(2期生)、古舘葵(2期生)、三村妃乃(2期生)が歌唱する『情熱の電源』が収録されることが分かった。この3人は先日の単独コンサートでも川越がギター、古舘がピアノを演奏し、第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦で決勝戦進出も決定するなど歌唱力に定評のある三村がメインボーカルをとって印象的なパフォーマンスを見せたばかり。NGT48の実力派音楽ユニットとして注目が高まっている。


今回、全形態のジャケット写真とグループアーティスト写真も公開された。新潟の夜空を背景に赤い衣装と、花火が印象的なアートワークとなっており、ミュージックビデオでも重要なポイントとなることが予想される。活動拠点新潟を舞台に新たな表情を見せているNGT48が今作はどのような楽曲を届けてくれるのか必見だ。


©Flora


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)