白沢かなえ 河瀬詩 倉岡水巴、22/7(ナナニジ)のこれまでとこれから

アイドル 公開日:2021/11/24 12
この記事を
クリップ

“デジタル声優アイドル” 22/7(ナナブンノニジュウニ・通称ナナニジ)が、11月24日に8枚目となるシングル『覚醒』をリリースする。


海乃るり、倉岡水巴が11月末、武田愛奈が12月末で卒業するため『覚醒』は現メンバーで歌う最後の楽曲となる。ナナニジは5年ぶりとなるオーディションを実施中。新たなメンバーを迎え入れ、“第2章”へと歩み出す。


ドワンゴジェイピーnewsでは白沢かなえ、河瀬詩、そして卒業を控えた倉岡水巴の3人にインタビュー。新曲のこと、これまでのこと、これからのこと。たっぷり語ってもらった。


■アイドルになってから“一番忘れられない出来事”とは?


――ナナニジは2016年12月に結成されて約5年。これまでの活動を振り返っていかがですか?

倉岡 

5年間はあっという間でしたね。年数で聞くと長いけど、目の前のことにがむしゃらだったので、ナナニジに加入してからは時間のスピードがすっごく早かった。


白沢 

私も早かったです。親と友達のサポートを受けながらではありますが、地元の九州から上京し、5年間一つのことを続けてこられたのは自分でもすごいなって思います。ナナニジの活動が楽しいからあっという間に感じるんだろうなぁ。


――河瀬さんは2019年12月に加入されたので約2年ですね

河瀬 

まだ半年しか経っていない感覚で、気持ちも新人のままです(笑)。もう2年活動しているんだって驚きますね。気付いたらこんなに経っていたんだなぁ…。私はもともと声優さんやアイドルが好きだったので、加入してからは人前に立つ恐怖心よりも「これはチャンスが来たんだ」という気持ちが強かった。

もちろん、表舞台なんて立ったことなかったので、「こんなところに来てしまって大丈夫かな…」って不安になる日もありましたが、ファンの方が優しくて、支えられながらこれまでやってこられた。

さっき、気持ちが新人と言いましたが、よく考えると、加入したての私と2年経った今の私でできることは違うので、さすがに2年は経ったんだなって実感しますね。


――“デジタル声優アイドル”として、これまでにないジャンルでさまざまなことに挑戦してきたと思います。この5年間で、特に印象的だった出来事を教えてください

倉岡 

私はキャラクターがなかった3人(高辻麗・武田愛奈・涼花萌)に自分が担当するキャラクターが発表されたときですね。この時のことをとてもよく覚えていて、本当に嬉しかったんです。


――CDデビューから丸1年となる2018年9月20日に行われたイベントですね

倉岡 

そうです。3人にキャラクターができて「これから11人全員で前に進んでいける!」と気持ちを新たにすることができたターニングポイントです。

それまで3人は我慢することが多かった。11人いるのに8人だけパフォーマンスするとき、絶対悔しい思いをしているのに「今のよかったよ」って褒めてくれるんです。その優しい子たちに担当キャラクターができて、心から安心したのを覚えています。


――あのとき涙するメンバーもファンも多くて感動的でしたね。白沢さんはどうでしょうか?

白沢 

私もキャラクター関連なのですが、やっぱり自分の担当キャラクターが決まったときが一番印象的でした。

これまで、ナナニジの活動は本当に一人ではできなかったと思うんです。つらいとき、悲しいとき、心の拠り所にしていたのが丸山あかねちゃんでした。この5年間は2人で歩んできたという感覚です。ファンの方に褒めていただく機会があっても「それはあかねちゃんと一緒だからだ」と思うんですよ。今もあかねちゃんは私の隣にいる。

でも、大切なあかねちゃんだからこそ、テレビアニメでのアフレコは難しくって…。声だけで魅力を伝えなきゃいけないので、すごくプレッシャーでしたね。


――あかねちゃんと二人三脚、ですね。

白沢 

はい!あかねちゃんに出会えて本当によかったって思っています。


――河瀬さんはこの2年間で印象的だったことは何でしょう?

河瀬 

私が加入して初めてのライブが、コロナの影響で無観客になったんです。初めてパフォーマンスを披露する大事なステージが、突然前日になって変更になってしまった。それ以降も有観客のライブはなかなか難しくて…。

でも一年前の9月20日に有観客でのアニバーサリーライブをやったんです。そのとき初めて、ペンライトに輝く客席を見ることができた。その光景が目に飛び込んできて、1曲目から胸にぐっときました。やっと会えたんだって、すっごく嬉しかった。その光景を大事にしたいし、もっと見たいと思ったんです。その光景が一番心に残っています。


――それは感無量ですね。でも、ペンライトは振れても、まだ声は出せないですよね。

河瀬 

そうなんです、まだファンの方のコールを聞けていないんです。どんな感じになるか想像できませんが、今からすごく楽しみです!

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)