つばきファクトリー、夢の日本武道館ステージで完全燃焼「一生の宝物」

アイドル 公開日:2021/10/18 8
この記事を
クリップ

ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ、つばきファクトリーが18日、東京・日本武道館にて「つばきファクトリーコンサート 2021『CAMELLIA〜日本武道館スッペシャル〜』」を開催した。


同グループにとって初となる、単独での武道館公演。今年7月に新メンバーの河西結心、八木栞、福田真琳、豫風瑠乃を迎え、12人の新体制となったつばきファクトリーが、会場に集結した6,000人のファンを魅了した。


『つばきファクトリー コンサートツアー2020 春 CAMELLIA』がコロナ禍の影響で中止となったため、同グループの単独ライブはおよそ1年半ぶり。ハロプロ研修生、BEYOOOOONDSによるオープニングアクトを経て期待感が高まりに高まったステージへ、12人が鮮やかな真紅のミニスカート衣装で降臨した。


グループは、新メンバー4人を迎えて3ヶ月足らずの新体制とは思えぬ一体感でメジャーデビュー曲『初恋サンライズ』をパフォーマンス。続けて11月17日にリリース予定である新体制初のトリプルA面シングルから『ガラクタDIAMOND』を披露。さらに『低温火傷』『ふわり、恋時計』と立て続けに歌い上げ、会場のボルテージは早くも最高潮に達した。


リーダーの山岸理子は「目標であった単独での日本武道館のステージに立てたことを心から感謝します」と喜びを噛みしめる。「思いのすべてをこのステージで表現したいと思いますので最後まで皆さん大きな拍手と手拍子で楽しんでいってください!」と呼びかけると、会場には大きな拍手が広がった。


豫風は「今日、初めての武道館でとても緊張していますが、皆さんと最高の思い出が作れるように頑張るので応援よろしくお願いします」、福田は「今日は笑顔で全力で楽しめるように頑張ります!」、八木は「今日は1人でも多くの方の印象に残れるように、1人でも多くの方に顔と名前、そして歌声も覚えていただけるように頑張ります」、河西は「緊張するけど自分らしくパフォーマンスをします!」とそれぞれ挨拶。山岸は「今日無事にこの日を迎えられたこと、とてもうれしく思います。全力で頑張ります!」と宣言した。


その後は、新メンバーを除くオリジナルメンバーである山岸、新沼希空、谷本安美、岸本ゆめの、浅倉樹々、小野瑞歩、小野田紗栞、秋山眞緒の8人で『春恋歌』『意識高い乙女のジレンマ』を歌唱。さらに1stインディーズシングル『青春まんまんなか!』や『Just Try!』、『I Need You〜夜空の観覧車〜』を含むメドレーでステージはさらにヒートアップ。『ハッピークラッカー』で8人のステージを締めくくると、今度は新メンバー4名がステージに再登場した。


河西は「こうしてコンサートが進んでもまだ緊張感で地に足がつかないような心境」と吐露。「ですが、最後までしっかりとつばきファクトリーのメンバーとしてパフォーマンスをしたいと思います」と力を込めた。


また八木の提案で、新メンバーを早く覚えてもらうべく「好きな花と花言葉」をそれぞれが発表することに。八木は「幸福を告げる」という花言葉を持つ「カランコエ」、福田は「みんなを惹きつける魅力」という花言葉を持つ「スノーフレーク」、豫風は「常に前進」という花言葉を持つ「ガーベラ」、河西は「乙女の恋心」という花言葉を持つ「コスモス」が好きであると紹介。


福田が「まだスタートラインに立ったばかりの4人ですが、つばきのように凛とした美しさと強さを持った歌手になれるよう、先輩方の背中を追って一生懸命頑張りたいと思います!」と思いの丈をファンに伝えると、そのまま4人は、新メンバーのみで『うるわしのカメリア』をキュートに歌い上げる。そしてピンクに統一された衣装に身を包んだオリジナルメンバー8人が再び現れると、『愛は今、愛を求めてる』『恋のUFOキャッチャー』『光のカーテン』の3曲で会場を熱狂させた。


MCの後、再度揃った12人は新曲『約束・連絡・記念日』を披露。『断捨ISM』『表面張力〜Surface Tension~』に続く『足りないもの埋めてゆく旅』で本編は終了した。


アンコールには3つ目の新曲『涙のヒロイン降板劇』で応える。コンサートの終わりを前に、秋山は「ずっと夢にしてきた武道館、大好きなメンバーとステージに立ててすごく幸せです。私はつばきの温かい空気が大好きで、今でもつばきに入れて良かったと心から思っています」と万感の思いを語った。


小野田は「まさかこの時期にこのタイミングで日本武道館に立つことができるとは思ってもいなかったので、本当にびっくりしています」としみじみ。「今日も可愛い紗栞をお届けすることができて満足です」と白い歯を見せ、拍手を浴びた。


また小野は「私の人生の中でつばきファクトリーというグループに、すべてのメンバーに、皆さんに出会えたことを本当に幸せだなと感じています」と喜びを表現。浅倉は「ずっと夢に見てきた日本武道館、そして12人体制になって初めてパフォーマンスをした今日。大きな2つの試練と共に、つばきファクトリーはまた1つ前に進めたと思います」と噛み締めた。


岸本ゆめのは「今日は私たちが皆さんをここに連れてきたんじゃなくて、連れてきてもらったのでもなく、『皆さんと私たちで一緒に来れた』。そんな気がしています。これからも一緒に私たちと色んな景色を見に行きましょう」とファンへの思いを声をつまらせながら口にする。谷本は「応援してくださっている皆さんにこの日本武道館に立っているつばきファクトリーをお見せしたかったので、また1つ夢が叶いました」と笑顔全開でうれしそうに話した。


新沼は「ずっと夢だったこの武道館というステージ、(メンバーの)みんなと(ファンの)皆さんと叶えることができて、本当に私にとって一生の宝物になりました」とはにかむ。山岸は「結成から今まで、メンバーのみんなとファンの皆さんととても濃い時間を過ごすことができたなと思っています。これからもつばきファクトリーは皆さんに応援したいと思ってもらえるようなグループになれるように頑張っていきたいと思います」と瞳をうるませた。


さらに「新メンバーも加入して12人体制になったばかりのつばきファクトリーですが、これからも歩みを止めず、2倍にも3倍にも成長してまたこのステージに戻って来られるように頑張っていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします」と誓うと、観客からは割れんばかりの拍手が贈られた。


そして最後のパフォーマンスとして『今夜だけ浮かれたかった』『マサユメ』の2曲をフルパワーで届けると、つばきファクトリーの日本武道館ステージは大盛況のうちに幕を下ろした。


つばきファクトリーコンサート 2021『CAMELLIA〜日本武道館スッペシャル〜』

セットリスト


M1.初恋サンライズ

M2.ガラクタDIAMOND

M3.低溫火傷

M4.ふわり、恋時計

M5.春恋歌

M6.意識高い乙女のジレンマ

M7.メドレー(青春まんまんなか!、気高く咲き誇れ!、独り占め、Just Try!、笑って、就活センセーション、I Need You〜夜空の観覧車〜)

M8.ハッピークラッカー

M9.うるわしのカメリア

M10.愛は今、愛を求めてる

M11.恋のUFOキャッチャー

M12.光のカーテン

M13.約束・連絡・記念日

M14.断捨ISM

M15.表面張力〜Surface Tension~

M16.足りないもの埋めてゆく旅

-アンコール-

EN1.涙のヒロイン降板劇

EN2.今夜だけ浮かれたかった

EN3.マサユメ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)