エラバレシ 結成時からのリーダー、朝倉ゆりが卒業を電撃発表

アイドル 公開日:2021/10/18 10
この記事を
クリップ

10月16日、横浜みなとみらいブロンテにて開催された「エラバレシご新規さん来てね!」公演。エラバレシ結成時からリーダーとして、グループのセンターとしてグループを牽引してきた朝倉ゆりの卒業が電撃発表されたライブ当日の様子をレポートする。


――――「皆さんこんにちは!エラバレシです!初めてのご新規さん来てね公演、来て下さってありがとうございます!一緒に楽しみましょうー!!」朝倉が元気いっぱい叫び、オーディエンスがクラップで応える。新曲『Stay With』から始まり、ご新規さん来てね公演という事でご新規さん向けのエラバレシについての自己紹介を丁寧に行う。


『逆境ノンフィクション』からクラップでオーディエンスの心を掴むと、ヘヴィメタナンバー『もっと、ねぇもっと』、かわいい怪盗になりきりファンの心を盗む『怪盗♡ブラックキャッツ』、『バスケットクィーン』、不思議の国へ誘う『ミス・ラビット』とシングルメドレーが続く。デビュー曲『アイノフシギ』では「みんなでピース!!」と朝倉が呼びかけ、オーディエンスと一体となる。


ご新規さん向けに1stアルバム『リップスティックミュージカル』についてトークがあり、アルバム収録曲『リバース』『Baby Why?』の2曲を披露。


朝倉からbirthdayLIVEとメンバーから東名阪ツアーのお知らせがあり、『キミをつくる全ての要素』、『チェッカーフラッグ・ラブ』と続き、『Here we go!』で"君がいるから 輝くストーリー 選んでくれてありがとう"と想いを込めて歌い上げた。


最後に、朝倉から「最後に、私からお知らせがあります。私、朝倉ゆりは来年の春を持ちましてエラバレシを卒業します!突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい。アイドルを始めて10年エラバレシが結成されてから5年、皆さんの応援があったからこそ、こうやって活動して来れたと思います。」と晴れやかな表情で卒業を発表。


新規ファン、既存ファンどちらも今までのエラバレシの軌跡を辿れるシングル曲満載のライブとなった。ライブでの卒業コメント全文については、是非19日23時まで視聴できるアーカイブ配信でチェックして欲しい。



<朝倉ゆりコメント>

私、朝倉ゆりは来年の春エラバレシを卒業します。

突然の発表で驚かせてしまっていたらごめんなさい。

今年の12月でAKIHABARAバックステージpassの一期生としてアイドル活動10年になります。エラバレシとしては5年以上、皆さんの応援のおかげで、楽しいこと辛いこと悔しいこと嬉しいこと色んな経験をさせていただき、濃い時間を過ごさせていただきました。

10年も活動できているのは紛れもなく出会い応援してくださっているファンの皆様、携わってくださっている関係者の皆様、家族の支えがあったからです。

改めて、皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。


卒業について考え始めたのは昨年くらいからで、将来のことを考える機会も増え、今後は自分が先頭に立つのではなく、アイドルを違う形で支えたい、またはプロデュースしたいという新たな夢ができました。

アイドル活動と同時にプロデュースもできるのではないかと思いましたが、私は一つの事に集中してしまう性格で、両立も考えましたが、どちらかが中途半端になってしまうのは嫌なので、アイドル活動を最後までやり遂げて卒業後はソロ活動など芸能活動は行わず、今までのアイドル活動で培ったものを活かし、アイドルを支える立場として色んなことに挑戦し、頑張りたいと思っています。

その新たな道で頑張るためにも、今のこのエラバレシを最後までたくさんの方に知っていただけるように全力で活動していきたいと思います。


今は2度目の東名阪ツアーの最中ということもありますが、私にとっては最後のツアーです。

地方でのライブは最後になるかもしれません。11月7日のバースデーライブも最後のバースデーライブになります。

わがままかもしれませんが、まだまだ進化し続けるエラバレシから目を離さないで欲しいです。

最後まで朝倉ゆりらしく全力でアイドル活動に臨んでいきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)