「TIF2021」日向坂46 思い入れあるステージでハッピーオーラ振りまく、新曲も披露

アイドル 公開日:2021/10/03 13
この記事を
クリップ

日向坂46が3日、世界最大のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」(TIF2021)最終日のHOT STAGE(Zepp DiverCity)に出演した。


いま日本のアイドルシーンを牽引する坂道グループの末っ子で、“今もっとも勢いがあるアイドル”と注目を集めている日向坂46。ライブ前からオンライン配信のコメント欄の勢いが増し、期待に満ち溢れる中overtureが流れ、ステージにずらりと登場した日向坂46はクールでメッセージ性の強い『NO WAR in the future』を力強く歌唱してファンの心をグッと引き寄せた。


©2021TOKYO IDOL PROJECT

その後のMCでは笑顔いっぱいで挨拶してファンの感謝を述べ、キャプテンの佐々木久美は「このTIFのステージは、私たち日向坂46に改名される前のひらがなのけやき坂46の時代から出させていただいていて、とても思い入れのあるステージなので、今日はみなさんに楽しんで帰っていただけるように、パフォーマンスを精一杯頑張っていきます!」と思いを語り、「日向坂46のステージを楽しむ準備はできていますかー!最後まで楽しみましょー!」と呼びかけて会場のボルテージを上げた。


次に、加藤史帆の「TIFしか勝たん!」の掛け声から5thシングル『君しか勝たん』とデビューシングル『キュン』のメジャー曲2曲を立て続けに披露。日向坂46ならではのハッピーオーラを振りまいて、会場を爽やかな雰囲気でいっぱいにしたかと思えば、松田好花が「さあ、みなさん。ここからラストスパートですけど、まだまだ盛り上がる準備はできていますかー」と気合いを入れ、河田陽菜も「そんなんじゃ足りないぞ!まだまだ盛り上がっていきましょう」とファンを煽り、ファンからの人気が高く、ライブでは確実に盛り上がれる『キツネ』のイントロが流れると、コメント欄には「ついにキター」「コンコンコン」「早くコールしてぇー」「フルで聞けるの嬉しい」などと書き込まれ、会場のテンションも最高潮に達した。


そして佐々木久美は「私たちはファンのみなさまのことを“おひさま”と呼ばせていただいているんですけど、今日見てくださっているみなさまが、みんなおひさまになってくれればいいなと思っています」とお願いし、現在行なっているライブツアーの最終日となる10月20日の名古屋公演が配信されることが決定したことを発表し「今日見てくださって、日向坂46のライブが気になると思ってくださった方は、ぜひその配信ライブも見てくださると嬉しいです」とアピール。


続けて、佐々木久美は「早いんですけど、続いてが最後の曲になってしまいます」とお知らせすると、コメント欄には「えええええ」と嘆きのコメントが多く書かれ、「10月27日発売の6枚目のシングルです。聞いてください。『ってか』」と曲フリをすると、センターポジションに立った金村美玖をはじめ、メンバーの顔から笑顔が消え、強い表情で髪を振り乱してキレのあるダンスを披露して、新曲を歌い上げた。これにはファンからも「いい曲」「ライブ映えする」と絶賛の声が上がった。



<セットリスト>

M1:NO WAR in the future

M2:君しか勝たん

M3:キュン

M4:キツネ

M5:ってか

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)