『乃木フラ』魅力紹介、齋藤飛鳥『ぐるぐるカーテン』の衣装はあどけなくて好き

アイドル 公開日:2021/09/16 10
この記事を
クリップ

スマートフォン向けゲームアプリ『乃木坂的フラクタル』の新TVCM 発表会が都内で開催された。


当日は、乃木坂46 の秋元真夏、齋藤飛鳥、北野日奈子、梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香が登場。新CM のお披露目だけでなく、『乃木坂的フラクタル』(『乃木フラ』)の魅力を紹介した。 


会場に映し出された『乃木フラ』内の 3D ライブパフォーマンス映像と同じ衣装姿で乃木坂46 の 6 名が登場。『乃木フラ』の世界から現実世界に飛び出したかのような演出に会場からは拍手が沸き起こった。また、今回の撮影で 360 度から撮影する最新技術を用いて撮影されたエピソードを聞くと、秋元は、「誰もいない中、全面グリーンバックで無数のカメラで撮影されているのが、誰もいないのに誰かに見られているような感じで不思議な感覚でした。」と撮影の裏側を話した。


『乃木フラ』でプロデュースしたいメンバーの質問に齋藤は、北野を選び、「歌っている時のクールな感じの日奈子はよく見るのですが、逆に普段の明るく可愛らしい姿で歌っているのをあまり見ていないので、いつもと違う姿を演出してみたい!」と話した。さらに、 やってみたいライブ演出について聞かれると北野は、「筋トレしている様子など、今まで見たことのない演出を試してみたいです。」と答えた。 また、最新シングル『君に叱られた』にかけて、𠮟られたいメンバーを聞かれると梅澤は、「賀喜ちゃん!今回の MV でかっきーの可愛らしい笑顔がたくさん詰まっているのですが、意外と普段のクール な表情も大好きなので、関西弁で叱られたい。」とコメント。賀喜は、「遠藤さくら!いつもおっとりしていて叱っているイメージが全くないので、叱っているのを見てみたい。」と想像し、笑みがこぼれた。 


『乃木フラ』の魅力を伝えるため、乃木坂46 メンバー自身がゲームをプレイ。一番重要なセンターについて、最新シングル『君に叱られた』で初めてのセンターを務めたことに関して賀喜は、「グループにとってセンターが一番大切。プレッシャーなどもあったのですが、今までの努力を精一杯出し切って、更に頑張ろうと改めて思いました。」とコメントした上で、センターに選んだのは秋元。秋元はかなり驚いた様子で「え、私でいいの?」と言いながらも喜んだ表情。 また、『乃木フラ』の魅力の 1 つである、乃木坂46 が着用してきた歴代衣装を選ぶ際、賀喜は、 迷った結果、この日着用していた思い出深い衣装を選んだ。齋藤は「どの衣装も思い出があるのですが、ファーストシングル『ぐるぐるカーテン』の衣装は、あどけなくて好きです。この衣装を3期生や4期生が着ることがほとんどないので、ゲーム上で出来るのが良いですね。」と『乃木フラ』の魅力をアピールした。 


最後に、今年で結成 10 周年の乃木坂46 に次の 10 年に向けて展望を聞かれると秋元は、「新メンバーのオーディション行っていますし、パワーアップしますので楽しみにしていてほし い。『乃木フラ』で遊んでいただき、ライブに行きたいと思っていただけたら嬉しいです。」と会場を盛り上げた 


©乃木坂 46LLC/Y&N Brothers Inc. ©gumi

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)