ラストアイドル 11thシングル選抜メンバー決定総当たりバトル、名勝負続々誕生

アイドル 公開日:2021/09/12 8
この記事を
クリップ

ラストアイドルが、2021年初冬にリリースする11thシングルの選抜メンバー17名を決めるバトルが、現在ライブ配信アプリ17LIVEにて開催されている。


その名も「17LIVE Presents 496試合を勝ち残れ。ラスアイサバイブ ~ワタシは、ワタシたちで勝つ。~」

参加メンバー全32名が、1対1のバトルを全496試合繰り広げ、上位17名が今回の選抜メンバーとして選ばれる。

8月14日から開催されているこのバトルは本日10日目を迎えた。そんなDAY10のバトルの模様をいくつかピックアップして紹介する。


【DAY10 301試合目】

「鈴木遥夏 VS 相澤瑠香」のバトル。

残り試合回数も1桁となり意識が変わってきたという鈴木。選んだ曲はAKB48「チャンスの順番」。グーチョキパーでじゃんけん作文をつくりファンへの想いを伝えた。対する相澤は今回の配信で療養期間から復帰。コメント欄では「おかえり!」というあたたかい声が溢れた。相澤にとって思い入れのある楽曲であるラストアイドル「スリル」を選曲し、完全復活をアピールした。相澤は「ここからファンの皆さんと奇跡をつくってきたい」とコメント。結果は「741票対627票」で鈴木の勝利。正統派アイドルらしいパフォーマンスで票を集めた。


【DAY10 302試合目】

「町田穂花 VS 高橋みのり」の対戦。

制服に身を包んだ町田は欅坂46「世界には愛しかない」を選曲。セリフの表現力が光り、歌とダンスが大好きな気持ちが溢れたパフォーマンスとなった。対する高橋がアラビアンな衣装で選んだのはラストアイドル「君は何キャラット?」。楽しそうに全開の笑顔で歌い上げた。曲途中では「インドで有名なゾウを出します!ひざ小僧〜!」と高橋らしいコミカルな一面も。結果は「634票対635票」のなんと1票差で高橋の勝利。1票差だから負けたのは悔しいけど戦えてよかったと町田。感謝の言葉をお互いに贈る名勝負となった。


【DAY10 321試合目】

「籾山ひめり VS 間島和奏」というSomeday Somewhereコンビのバトル。

籾山の選曲は大黒摩季「Anything Goes!」。幅広いジャンルの曲を歌い分ける歌唱力の高さをアピールした。間島はSKE48「パレオはエメラルド」を選曲。キラキラのオーロラドレス、透明感のあるビジュアルでファンを盛り上げた。結果は「803票対781票」の僅差で籾山の勝利。間島は「負けてしまったけど、やりたかった曲なのでよかった」とコメント。2人は「サムサム〜!」と笑顔でバトルを締めた。


【DAY10 323試合目】

「小澤愛実 VS 山本愛梨」の対決は、お互いリスペクト発言から始まった。

小澤は殻を破るという意気込みで選曲した=LOVE「手遅れcaution」を披露。高い表現力に涙するファンも。時間ギリギリながら、山本への短歌もしっかりと披露した。山本が選んだ曲はAKB48「言い訳Maybe」。山本は過去に小澤と立ち位置3番を賭けて戦った、思い入れのある曲だとコメント。結果は「776票対758票」で小澤の勝利。お互いの愛を叫び続ける戦いとなった。


【DAY10 327試合目】

「米田みいな VS 髙橋美海」のバトル。

連敗中の米田は藤田麻衣子「手紙〜愛するあなたへ〜」を選曲。本日誕生日の米田。歌で両親やファンへの感謝を伝える姿に、コメント欄には感動の声が。髙橋が選んだ曲は広末涼子「Majiでkoiする5秒前」。恋する気持ちをファンに伝えたいという髙橋は、曲の後半で直筆のラブレターを読み上げた。結果は「726票対643票」で米田の勝利。不安だったという米田は結果を聞き、涙。「誕生日、笑顔で帰れそうです」とコメントし、対戦相手の髙橋も涙を流していた。


【DAY10 331試合目】

「高木美穂 VS 西村歩乃果」の仲良し対決。

先攻の高木が選曲したのは阿部真央「側にいて」。その歌声を聴いた西村は必死に涙をこらえていた。西村が高木のために選んだ曲は、自身がセンターを務めるラストアイドル「どれくらい好きになれば」。想いの込もったパフォーマンスを見せた。結果は「915票対991票」で西村の勝利。今回のバトルでは泣かないと決めているという西村。高木のことを想い感極まってカメラに背を向ける姿も見られた。


文:七星

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)