私立恵比寿中学 安本彩花323日ぶりのステージ復帰、新メンバー初パフォーマンス

アイドル 公開日:2021/08/29 5
この記事を
クリップ

私立恵比寿中学(エビ中)が8月29日に@JAM EXPO 2020-2021(横浜アリーナ)に出演した。


すでに動画再生合計260万回を超えた7月の「THE FIRST TAKE」への出演で、病気療養からの鮮烈なメディア復帰を果たしていた安本彩花は、昨年10月の自らの生誕祭ライブ以来、実に323日振りのステージ復帰を飾った。そして、1月に発表されたオーディションを経て5月に加入した7年ぶりの新メンバー、桜木心菜、小久保柚乃、風見和香は初のステージパフォーマンスを堂々と披露した。


この日、当初は9人体制初のパフォーマンスを予定していたが、中山莉子が体調不良により出演をキャンセル。9人での初パフォーマンスは9月に開催が予定されている毎年秋の恒例イベント「エビ中 秋声と螻蛄と音楽の輝き 題して「ちゅうおん」2021(9月25日、26日、秩父ミューズパーク野外ステージ)でのお楽しみとなった。

 

この日はストロベリーステージに出演、全6曲を全力でパフォーマンスした。おなじみの『ebiture』に乗せてメンバーが登場するとアリーナのボルテージは上昇。そして『ラブリースマイリーベイビー』『YELL』といきなりのライブ盛り上がり曲の投入に、会場も配信を見ているネット上のファンも一気にヒートアップした。


MCでは柏木ひなたが「今日はメンバーの中山莉子は欠席なんですけど、安本彩花、ステージ復帰お帰りなさい!」とまず安本へ祝福を贈ると、安本も元気に「ただいまー!」と応える。続けて、「そして新メンバー3人はこの@JAMが初パフォーマンスとなります!楽しんでるかい?」と紹介すると、新メンバーも「楽しんでます!」と元気にあいさつ。そんな中でも小久保柚乃は「(みなさんも)楽しんでますか?」とファンに呼びかける気配りを見せた。続けて『ハイタテキ!』『仮契約のシンデレラ』とさらに強力なセットリストを新メンバーを交えた新たなフォーメンションと歌割りで展開。そして『誘惑したいや』に続いて、ラストは9人体制初の新曲『イヤフォン・ライオット』。会場では「エビフライダンス」を踊るファンが多く見受けられ、最高の盛り上がりで記念すべきステージを締めくくった。


真山、安本、星名、柏木、小林という先輩メンバーの安定感とクオリティの高さに、新メンバーの初々しさ、新鮮さがミックスされて、新しいエビ中の魅力にあふれたこの日のステージ。終演後のネット上は「このセトリ最強!」「エビ中第3章、明るい未来しかない!」といった声にあふれ、一時は#エビ中がTwitterトレンド入りする盛り上がりとなった。

 

なお、8/18より配信の9人体制初の新曲『イヤフォン・ライオット』はストリーミング1,440万回再生を突破。この曲はLINE MUSIC ソング Top 100(8/11~17)において1位、Billboard Japan Streaming Songs 8/18付ウイーリーチャート3位、収録されているアルバム『FAMIEN’21 L.P.』も8/17付オリコンデイリーアルバムランキングでも3位を獲得。振付の「エビフライダンス」はTiktokなどでダンス動画が多数投稿され、SNSでブームとなっている。

 

初の9人全員による「ちゅうおん」のステージも今から楽しみだ。あらゆる状況でもアグレッシブに進んでいくエビ中の活動からますます注目してほしい!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)