転校少女*「MUSIC@NOTE」へ電撃移籍、アルバムリリース&ツアーも発表

アイドル 公開日:2021/08/29 4
この記事を
クリップ

日本を代表するポップカルチャーイベント『@JAM』が8月27日(金)〜29日(日)、横浜アリーナにて『@JAM EXPO 2020-2021』を開催した。その『@JAM』と『タワーレコード』とのコラボレーベル『MUSIC@NOTE』に転校少女*が移籍することが発表された。


転校少女*は文学的な楽曲とパワフルなステージングが話題となり、2018年にプライベートレーベルよりリリースした[ 『ショコラの独白』よりリリース作品が常にオリコンウィークリーランキング10位以内を獲得してきた。その転校少女*が『MUSIC@NOTE』に移籍することが横浜アリーナのメインステージにてサプライズで発表された。


また同時に11月30日(火)に移籍第一弾アルバムのリリース&秋ツアーも発表、会場内は大きな興奮に包まれた。転校少女*は今回コロナ禍の影響で出場出来なく映像での登場となったが、メンバーの松井さやかは『@JAM EXPO 2015 横アリでちゃいまSHOWROOM』にチャレンジして、ストロベリーステージのオープニングアクトを務めさせて頂いてから6年。毎年、憧れであり目標であるこのステージにて、本日皆様にレーベル移籍を直接お伝えするつもりでしたが、新型コロナの影響で出場辞退となりこのような形でのご報告となりました。申し訳ございません。夏フェスやライブシーンにアイドルの存在が欠かせなくなり、十数年。会場を沸かせてきた数々のアイドルソングをカバーする『LOVE IDOL PROJECT』を私たちはこの夏、始めました。私たちが元気を貰ってきたアイドルというカルチャーの灯火を絶やさぬよう、大切に歌い継いでいきたいと考えています。来年は必ずこのステージに帰ってきます。今後とも転校少女*、よろしくお願いいたします」と語った。


転校少女*のスーパーバイザーも務める@JAM総合プロデューサーの橋元恵一は「このレーベルを背負うグループになってほしい」と期待のコメントを寄せた。


残念ながら今年の@JAM EXPOには参加出来なかったが、不在ながらも『LOVE IDOL PROJECT』のカバー曲が話題となった転校少女*。現在、配信アプリ『ミクチャ』ではメンバーの塩川莉世の演技も話題となっており、今後の活躍がますます期待出来そうだ。


※本記事は掲載時点の情報です。