JamsCollection リーダー坂東遥、パーソナルに迫るロングインタビュー公開

アイドル 公開日:2021/08/20 8
この記事を
クリップ

2021年の3月3日のデビューLIVEから、結成わずか5ヶ月で、8/30(月)に1stワンマンLIVEをTSUTAYA O-EASTにて開催、チケットは即完売、そして夏の大型フェス「@JAM EXPO2020-2021」や「TOKYO IDOL FESTIVAL2021」(TIF2021)にも出演が決定、そのTIF2021でメインステージ争奪LIVEへの参加に選出されるなど、”新勢力アイドル”として、飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続けている9人組アイドルグループ JamsCollection(通称:ジャムズ)が、JamsCollectionのYouTubeチャンネルにて、白色担当リーダーの坂東遥のロングインタビュー動画を公開した。


坂東遥は、JamsCollectionに加入する前は、別グループで約7年間活動をしていた。そのグループを卒業後、ジャムズに加入。キレのあるダンスと引き込まれる表情がなんとも印象的なメンバーで、グループのリーダーを務めている。持ち前のパフォーマンスでジャムズを引っ張り、グループとして貴重な存在になっている。

今回のインタビュー動画では、思い出のライブハウスから撮影はスタートし、懐かしいエピソードを話した後、スタジオで詳しい内容を訊いている。

アイドルになったきっかけやジャムズの前までのアイドル活動について語り、その中で坂東が持つ”先天性両耳低温型感音性難聴”という障害についても触れている。これまでその障害についてなかなか語ることはなかったが、このインタビュー動画ではどんな障害なのか、どのような影響があるのか、坂東がどのようにLIVEに臨んでいるかなど語っているため、知らない方はぜひご覧いただきたい。

さらに、ジャムズについてや今後のビジョン、目標を述べている。直前に迫ったTIF2021 メインステージ争奪LIVE前哨戦への意気込みも加えて話している。

優しい表情ながら、熱く語る彼女。過去のことや今のジャムズに懸ける強い想いをこのロングインタビューを通して感じて欲しい。そして坂東遥のパーソナルな部分をより知ってもらいたい。このロングインタビュー動画は必見だ。

リーダーとして、ジャムズのこの快進撃を間違いなく引っ張っている坂東遥のことを今後も支えてもらいつつ、JamsCollectionのこともさらに応援してもらいたい。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)