NMB48白間美瑠 燃えたぎる想い胸に次のステージへ、結成時メンバー全員卒業

アイドル 公開日:2021/08/15 11
この記事を
クリップ

8月15日、NMB48最後の1期生・白間美瑠の卒業コンサート「白間美瑠卒業コンサート 〜みるるん、さるるん、ありがとう♡ 〜」が大阪城ホールで行われた。


アイドル11年目、エースとしてNMB48をリードしてきた白間のアイドル活動の集大成となるパフォーマンスはもちろん、これまでの軌跡を振り返るメモリアルなコンサートとなった。本イベントは、音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを遵守し開催された。 


白間のソロ曲『イケナイコト』でスタート。豹柄のゴージャスなコートと赤いドレスが妖艶さとカッコよさを感じさせる。銃を構える黒衣装のメンバーに囲まれるが、白い衣装のメンバーたちが加勢して『欲望者』を、そして、奪った銃を白間が派手にぶっ放した流れで 『ウィンクの銃弾』へ。序盤はストーリー性のあるセットリストと演出で楽しませた。「さぁ、皆さん!卒業コンサートが始まりました よ!最後まで私たちと一緒に騒ぎまくりましょう!」と煽り、『Teacher Teacher』などで会場をさらに熱くする。


続けて、白間が長く所属した“チームM”の楽曲『True Purpose』『四字熟語ガールズ』『僕だけのSecret time』など10曲をノンストップで聴かせ、 ここにも白間の活動の軌跡がしっかりと感じられた。 後半は白間のソロ曲『僕は愛されてはいない』で始まり、加藤夕夏との『She’s gone』からユニット曲コーナーに突入。『制服が邪魔をする』では白間と同じ1期生だった卒業生の福本愛菜、小笠原茉由、岸野里香、山田菜々、近藤里奈が登場し会場が 沸き、『雨の動物園』では同じく1期生の上西恵、門脇佳奈子、木下春奈、川上礼奈、沖田彩華が動物の衣装で登場。途中 からサルの衣装の白間も加わり、サファリルックの木下百花も動物を捕まえに。さらに、『投げキッスで撃ち落せ!』を吉田朱里と渡辺美優紀と3人で披露し、『Bird』を山本彩と歌唱。サビの部分をハモらせるなど、歌唱力の高さと息の合ったところを見せつけた。


直後の1期生とのMCで、白間は「幸せですよ。頭から緊張してたけど、1期生のみんなの顔を見てたら顔がフニャフニャとして」と、同期だからこそ感じられる安心感があったと語った。 続いて、後輩メンバーたちが白間との思い出エピソードを披露。面白エピソードも多かったが、新澤菜央は「美瑠さんはずっとレッスン場におるというのが一番の伝説。影の努力家で、お風呂入る間も惜しんで(笑)、毎日練習する姿を見て私たちもめちゃくちゃ刺激を受けました」と、その背中から多くを学んだと語った。 


終盤は、『シダレヤナギ』『床の間正座娘』『まさかシンガポール』『母校へ帰れ!』と、白間がセンター曲を立て続けに聴かせて、 「私にとって、とっても大切な曲で、自信をもらった曲です。最後はもっともっと盛り上がらないとらしくな〜い!」と曲振りをして、初めてのシングル表題曲でセンターを務めた『らしくない』で本編を締めくくった。 


アンコールは、オーディション時や劇場公演初日、AKB48との兼任、卒業発表のシーンなどで構成された白間のヒストリー映像でスタート。『いつもの椅子』をソロで、『すべては途中経過』を現役メンバーたちと一緒に、1期生の卒コンでいつも歌ってきた『卒業旅行』を同期メンバーたちと一緒に披露した。 


MCでは、白間は「泣かずに笑顔で皆さんに気持ちをしっかり伝えたいと思うので聞いてください」と言い、「私は中学一年生の時にNMB48のオーディションを受けて、NMB48の1期生になりました。毎日が初めてのことばかりで、言われたことが全然理解できず、1期生のお姉ちゃんメンバーの背中に隠れて付いていくだけで必死でした。レッスンの時もダンスの先生に「もう出やんでいいよ」って何回も怒られて、レッスン場を飛び出して、大泣きして、1期のお姉ちゃんに慰められていました。誰かの後ろで踊ってればいいやと思ってました。でも、握手会やお手紙で「美瑠のセンターが見たい」「美瑠ならできるよ」という大好きな皆さんからの一つ一つの言葉で私は変わることができました。そこから、“レッスン場に住んでるのか”って言われるくらい練習しました。皆さんの笑顔を思い浮かべると、どこまでも練習することができました。NMB48に入って、普通では経験できないことをたくさんさせていただき、時にはプロレスラーになったり、キャバクラのお姉ちゃんになったり、ヤンキーになったり、『仁義なき戦 い』ではおっちゃんにもなりましたね(笑)。その全てのことが私にとって大切な宝物です」と振り返り、「今まで一緒に走り続けてきたメンバー、黒くて悪ガキだった私を支えてくださったスタッフの皆さん、いつも味方でいてくれた家族、楽しい癒しで笑顔にしてくれた友達。そして、大大大好きな皆さんのおかげで11年間続けてくることができました。こんな私を見つけてくれて、全力で応援してくれてありがとう。見守ってくれていてありがとう。勇気をたくさんくれてありがとう。優しさをくれてありがとう。自信をいっぱいくれてありがとう。そして、大きな大きな愛を本当にありがとうございます!」と関わった全ての人への感謝の気持ちを伝えた。


そして「これからは私が大好きな皆さんを支えられるような大きな存在になります。歌って踊ることが大好きです。挑戦したいお仕事がいっぱいあります。だから、卒業しても、私の未来のために、私の夢を叶えるために、どんなことにも立ち向かっ て挑戦し続けたいと思います」と今後の活躍を誓った。後輩メンバーたちには「人生は気合や!気合があれば絶対になんでも乗り越えられるから、みんな頑張って!」というメッセージも。 


後輩メンバーを代表して加藤夕夏が白間に感謝の気持ちを。 「「もっとガツガツ行こう。気合入れていこう。うーちゃんなら大丈夫。自信持って!」と美瑠ちゃんは前向きで力強い言葉を私 にかけてくれました。次世代がフィーチャーされていく中で、どう立ち回ればいいのか分からない時、いつも背中を押してくれまし た。その言葉たちは本当に熱くて、自分の中から何かを目覚めさせるパワーがありました。それは11年間、たくさん努力して積み重ねてきた自信のあるかっこいい背中を後輩にいつも見せてきてくれたからだと思います。センターってこうだ。気合を入れるってこういうことだと、強さをいつも見せてくれて、憧れの存在でいてくれて本当に感謝しています。一番先輩なのに一番汗びっしょりになって歌って踊って、やると決めたら最後までやり切る。昔からの熱い難波魂やNMB48の魅力をここまで受け継いでグループを引っ張ってきてくれてありがとう。“気合”という言葉も、これからは私たちが引き継いでいきます。」 


山本彩は「NMB48結成時に集まった1期生が全員卒業することになります。これまでたくさんの応援を本当にありがとうございました。これからは、ここにいるメンバーたちが新たに作っていくNMB48をどうぞ見守っていただけたらと思います」と1期生 を代表して、ファンに想いを届けた。 


感傷的な雰囲気の中、1期生たちと一緒に白間もステージから去り、2期生から7期生のメンバーで『青春のラップタイム』を披露。そこに熱烈な“しんちゃん愛”を伝え続け、先日念願のコラボが実現した「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけが花束を持って 登場。しんのすけの“みるるん”コールに合わせてファンも手拍子で盛り上げ、白間がステージに再登場し、『ワロタピーポー』で締めくくり、最終的に“しんみり”ではなく明るく笑って終わりを迎える、白間らしい卒コンとなった。 


©NMB48 

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2021

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)