元アプガ(2)加藤理子、“完全実力主義アイドル”として再デビュー

アイドル 公開日:2021/08/14 15
この記事を
クリップ

3ヶ月でメンバーが入れ替わる“完全実力主義”の新アイドルプロジェクト「Zero Project」の1期生が14日、デビューライブを都内にて開催した。


同プロジェクトは総勢1000名以上の応募者から、デビューメンバー125名を決定。メンバーはA・B・C・D・Eの5ブロックに分かれ、各ブロックから「王道派」1組・「清楚派」2組・「パワフル派」3組・「個性派」4組・「K-POP派」5組の5つずつのグループとして、順にパフォーマンスを行った。


Bブロックのステージには、アップアップガールズ(2)の元メンバーである加藤理子が2組「清楚派」のメンバーとして登場。宇田川ひな・花椎なつき・白咲ひとみ・髙山理子とともにダンス・歌を披露した。


加藤は「チーム内ではリーダーという形でやらせていただいています。これから皆さんにたくさん良い景色をお届けできるように頑張っていきたいと思います!」と宣言。「推しを見つけてください!」と会場に呼びかけていた。


1組「王道派」は、華咲りさ・永宮れあ・日向まりの・本井めめ・YURINA。“王道”アイドルソング2曲を披露すると、まだ慣れないキャッチフレーズを交えた自己紹介の初々しさで会場を和ませた。


3組「パワフル派」では、悲撃のヒロイン症候群の元メンバー野苺みくるをはじめ、伊藤望叶・白崎まつり・ななチェリ・花井瑠莉奈が力強いパフォーマンスで魅了。


4組「個性派」のステージでは、日下緋彩・美藤千波・みる・ももてゃん・山下萌が登場し、山下が「このグループは絶対推しができるグループだと思ってるんです。“個性派”って名前だけじゃなくて、まじで個性が強い」とアピールした。


5組「K-POP派」としては、秋元まりあ・Alyssa・金川雅・Soli・七瀬澪が出演。ハイレベルなパフォーマンスで会場を沸かせた後には、Soliが「緊張は意外としてなくて、逆に今楽しいです」と余裕をのぞかせ、秋元が「私は逆にめちゃめちゃ緊張しております。でも最終的には楽しめてできたので良かったなと思います」と打ち明けた。


その後、Bブロックに所属する5グループのメンバーがステージに次々と登場。観客のペンライトが揺れる中、25人はプロジェクトのテーマソング『Seize a Chance!』を歌い上げ、会場に大きな拍手が巻き起こった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 79件)