たこやきレインボー ラストライブ完遂、9年間の活動に終止符

アイドル 公開日:2021/07/31 9
この記事を
クリップ

7月31日、大阪・南港ATC海辺のステージにて、たこやきレインボーのフリー・ライブ、『オーバー・ザ・たこやきレインボー』が開催された。このフリー・ライブは、5月9日に開催予定だったものがコロナ禍で延期になったもの。


5月9日をもって「たこやきレインボー」を卒業し、新たなプロジェクトを準備している彼女達5人にとって、この日のライブが「たこやきレインボー」としての真のラスト・ライブとなった。


その名の通り海に面した屋外ステージの周りには、たこやきレインボーの最後の雄姿を見ようと、午前中から感染症対策の為の設定上限の約1,000名の観客が集結し、午後1時の開演を待つ。


やがて午後1時をまわり、SEと共に5人が登場。1曲目、彼女達の名前が歌詞にフィーチャーされた、たこやきレインボーのテーマソングともいえる『絶唱!なにわで生まれた少女たち』でラスト・ライブは幕を開けた。


2曲目の『もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-』の後、この日最初のMCでは、いつものように春名真依の「もうかりまっかー!?」のコールに、声出しの出来ないファンはお決まりの「ぼちぼちでんなー。」のレスポンスの代わりにタン・タン・タン・タンの手拍子で応える。しばしのトークの後は、立て続けに新旧のシングル曲を中心に5曲を披露。


続く2回目のMCではメンバー1人ずつ、たこやきレインボーのメンバーとしての最後の挨拶を行なった。


春名真依「たこやきレインボー本当に楽しかったです。これからもゆっくりでいいので私たちの新たなスタートを私たちと一緒に歩んでくださったらうれしいです。」

彩木咲良「たこやきレインボーが今日で終了だと思うとめちゃくちゃ淋しいですけど、新たなスタートだと思っています。また私達が集まった時に、皆さんに恩返しが出来るように頑張ります。」

清井咲希「今日みたいに暑い日になると、ここ南港でのライブを思い出します。いろんな季節ごとに皆さんとの思い出を思い出すんです。たこやきレインボーは今日で終わってしまいますけど、また皆さんと楽しい思い出を作れたらなと思っています。」

根岸可蓮「メンバーとスタッフさんと、沢山の虹家族(※たこやきレインボー・ファンの総称)の皆さんが支えて下さった9年間でした。本当にすごく感謝しています。これからも私達、頑張って走りますので、皆さんも応援よろしくお願いします。」

堀くるみ「たこやきレインボーとしてやってきた9年間、あっという間だったんですけど、それだけ内容が詰まっていて、楽しくて充実していたからだと思います。まだまだ終わりじゃないので、皆さんの心の支えになれるように、そして皆さんからパワーをいただいて私達も大きくなるつもりですので、これからもよろしくお願いします!」


そして最後の曲は今回のイベント・タイトルにもなっている『オーバー・ザ・たこやきレインボー』。


たこやきレインボーとしての最後のパフォーマンスを終えた後、締めの挨拶では、ここATCがメンバー5人で最初にパフォーマンスを行なった思い出の地でもあることを明かし、観客をバックに写真撮影、そして観客に撮影タイムを設けるなど、名残惜しみつつも約1時間のラスト・ステージを晴れやかな笑顔で終えた。

 

たこやきレインボーとしての活動はフィナーレを迎えたが、彼女達の青春のアーカイブとして10月13日に集大成ともいえるベスト・アルバム『OVER the TACOYAKI RAINBOW』をリリース予定。


CD6枚とBlu-ray1枚に彼女達の9年間を凝縮し、更には5人直筆のサインや生写真が入るという豪華な内容になっているそう。完全受注生産で予約は8月9日までとなっているので、ご興味のある方にはお早めのご予約をお勧めしたい。


また9月17日には、この日のライブ写真、秘蔵写真、撮り下ろし写真、メンバーの言葉や手書きメッセージでたこやきレインボーの活動を総括したメモリアル・ブック『History & Departures ~5人の軌跡と5人のこれから~』も発売となるので、そちらも要チェック。

 

そして何よりも、たこやきレインボーを卒業した彼女達5人の次なるステージに大いに期待したい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)