さくら学院、半年ぶりとなる配信ライブ開催「父兄さんめちゃめちゃ会いたい」

アイドル 公開日:2021/06/05 5
この記事を
クリップ

さくら学院が、6月5日に配信ライブ「10th Anniversary さくら学院☆2020~The Days~」を開催した。


前回から約半年ぶりとなるこの配信ライブでは、開催告知時にMVのショートver.が発表された新曲『The Days 〜新たなる旅立ち~』をはじめ、2020年度さくら学院でのパフォーマンスは初となる楽曲群が披露され、閉校まで3ヶ月を切ったさくら学院のラストスパートを感じさせる力強さと、今年度らしさの新鮮味あふれるステージとなった。


「みなさん、盛り上がる準備はOKですか?最後までお楽しみください!」と元気な声で開演前の影アナを務めたのは、田中美空、八木美樹の“みくみき”コンビ。虹色のグラデーションに彩られたライブタイトルロゴをバックにチャイムが鳴り終わると、暗転の中スポットライトを浴びた担任先生役の森ハヤシの姿が。神妙な面持ちで「それでは出席を取ります」と告げると、『目指せ!スーパーレディー -2020年度-』の軽快なホーンセクションが印象的なイントロでスタート。ステージ袖からさくら学院の校章が描かれたキューブを持って勢いよく登場したさくら学院の生徒達に押し出されるようにセンターから後方へ追いやられながらも、「10年間の汗と涙と伝統をこの曲に詰め込んだ。届けますよ!これがさくら学院の集大成だ!」とメンバーにバトンを渡した。


いつも以上にテンション高めの森先生。それもそのはず。『目指せ!スーパーレディー -2020年度-』は本公演が初披露だった。一人ひとりのキャラクターを盛り込んだニューバージョンの歌詞とパフォーマンス、ラストの『私たち成長期限定ユニット、さくら学院です!』で森先生込みの決めポーズ、さらにさくら学院の校歌とも言える『School days』と続き、王道の心躍る展開に観ているこちらのテンションも上がった。


最初のMCでも自己紹介の後、初披露したばかりの『目指せ!スーパーレディー -2020年度-』のおすすめポイントについて語るメンバー。間奏で名前を呼ばれた後の“一言”について、5年間変わらずずっと「ワン!」と言い続けてきたという田中の話から、それぞれの“一言”を改めて披露することに。田中とは真逆で八木は5年間毎回変えてきたという。同じ2017年度転入組の2人が正反対のことを5年間貫いていたなんて興味深い。


『Hello!IVY』で元気にフラッグを振った後、「もっともっと盛り上がりましょう!」と歯切れのいいモータウンビートをベースにした『Song for smiling』と、今年度のメンバーでパフォーマンスするのは今回が初となる『Capsule Scope』と、キャッチーなナンバーを披露。MCを挟んだ後、『チャイム』を笑顔いっぱいに聴かせ、『アニマリズム』では動物の生態を盛り込んだユニークなパフォーマンスで魅せた。思い思いの動物のポーズでゆらゆらと揺れるエンディングも印象的なのだが、八木に「妙なポーズで気になる」と言われたのは野中ここな。腰を床につけて揺れるポーズは“なまけもの”だと判明。他にも八木は“ヤギ”、木村咲愛は“リス”、野崎結愛は“コアラ”だと明かした。そんなMCでのほんわかとした空気はレッスンの休憩中と同じだそうで、最近の休憩中は“45秒ダンス”を踊っているというメンバー。「野中ここな作詞作曲の“15秒ダンス”がある」と、野中のアカペラに合わせて、メンバーが揃いの“15秒ダンス”を披露。野中の独特の節回しに戸高美湖がツッコミを入れるシーンも。


疾走感いっぱいの『FLY AWAY』、クールな表情を見せた『オトメゴコロ。』とロックチューンで盛り上げた後、『Fairy tale』へ。この曲も2018年度以来とのことで、この8人でパフォーマンスするのは初めて。「今回はスペシャルバージョンですよ」と、かつてはタオルを回していたパートでフラッグを振るという配信LIVE故のオリジナリティを見せた。そんな『Fairy tale』への思いをそれぞれが語った後、白鳥沙南からの「他に好きな曲はありますか?」と問われると、佐藤愛桜は「『School days』が大好きで。『School days』って清楚な女の子のイメージがある」と語った。


続く『マシュマロ色の君と』でエモーショナルな8人の歌声を響かせ、最新曲『The Days 〜新たなる旅立ち〜』のフルバージョンを初披露。夕焼け色のライトがステージを照らす中、学院内でのいろんなシーンを思い起こさせるポーズをとるセンチメンタルなオープニングから、笑顔で力強く踊り歌い始める姿は、逆境の中でも笑顔を絶やさずに前進し続けている2020年度さくら学院そのもので、澄んだ歌声に激しく胸を打たれた。さらに涙腺を刺激したのは後半の間奏パート。「父兄さんめちゃめちゃ会いたいです」(八木)、「私たちと素敵な思い出作りましょう」(佐藤)、「もっともっと声を聞かせてください」(野中)と、一人ずつ画面の向こうの父兄に向けてメッセージを贈ったのだ。8人全員からのメッセージをぜひアーカイブでも受け取ってほしい。そして「10年間のたくさんのありがとうを届けたいです」(田中)と、10年間の思いを歌とパフォーマンスに込めた『Thank you…』でステージを締めくくった。


画面の向こうで手を振るメンバーの笑顔を見ていると、鬱々とした日々が浄化されるようだ。今年8月末の閉校まで残り3カ月弱。明日すらも不確かな現状の中でも、『The Days 〜新たなる旅立ち〜』の歌詞のように、きっと彼女たちは“どんな瞬間も儚い最高のステージ”だと、今日のように笑ってくれるだろう。そんな彼女たちの逞しくも可憐な姿を最後まで見届けたいと思う。

 


『10th Anniversary さくら学院☆2020 ~ The Days ~』セットリスト

1.目指せ!スーパーレディー-2020年度-

2.School days

3.Hello!IVY

4.Song for smiling

5.Capsule Scope

6.チャイム

7.アニマリズム

8.FLYAWAY

9.オトメゴコロ。

10.Fairy tale

11.マシュマロ色の君と

12.The Days~新たなる旅立ち~

13.Thank you…

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ